無題ドキュメント

HOME > ブログ > 葛飾区柴又で台風19号で棟板金が落下、火災保険の有効活用で屋.....

葛飾区柴又で台風19号で棟板金が落下、火災保険の有効活用で屋根全体の効率的なお手入れをご提案致します

更新日:2019年11月23日

葛飾区柴又で台風19号のご被害により棟板金が落下してしまったとのご相談をお受け致しました。現地調査を行い状況確認を致しましたが、お客様より年数も経過しており、全く屋根の修繕を行っていなかったので、この際屋根葺き替えカバー工法等の全体的なお手入れも視野に考えたいとのお話をされました。

台風19号の影響で棟板金が落下

棟板金が外れ貫板が剥き出しに

屋根工事をご検討されるきっかけは今回の台風19号によるご被害です。このように棟板金が外れてしまい敷地内に落下してしまいました。貫板が顕になっているので早めの修繕が必要となります。被災箇所の修繕については足場費用等も含み、火災保険の適用が可能となります。その分を充当させると全体工事費から、実際の持ち出しの分が減少する事からも非常に効率の良い修繕工事となります。

その他場所にも被害があります

棟板金の浮き 棟板金の変形

外れていない棟板金でもこう言った変形や浮きと言った症状が発生しています。これらも台風による影響が少なからずあるので、火災保険の考えとして原状回復が趣旨で有る事からも、認可されれば保険適用となります。

屋根全体としてお手入れ時期です

屋根の剥離やコケ 棟板金に錆が発生しています

お客様が申される通り、全体としてもコケや汚れの発生、表面の剥離等の症状が有り、棟板金自体も錆が発生している状況ですので、屋根全体のお手入れの時期と言る状況です。よって今回葺き替え工事とカバー工事のご提案を行います。火災保険の有効活用と言う意味でも全体のお手入れをご検討される事はコスト面でも効率的な工事が行える事に繋がります。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

中野区本町で強風で割れたバルコニーの屋根をポリカーボネートの波板で張り替えます

【施工内容】

西東京市ひばりが丘で強風で飛散した屋根の笠木をガルバリウム鋼板製へ交換します

【施工内容】

江戸川区南小岩で強風による棟板金の剥がれの復旧に併せて屋根塗装

【施工内容】

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

台風15号被害に便乗した悪徳業者に要注意

台風15号被害に便乗した悪徳業者に要注意

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
ページトップへ戻る