無題ドキュメント

HOME > ブログ > 足立区舎人で破風板の塗装工事のご相談、破風巻板金をおススメし.....

足立区舎人で破風板の塗装工事のご相談、破風巻板金をおススメしました

更新日:2019年8月30日

先日、台風被害を受けたベランダ波板交換を行った足立区舎人のお客様から、建物の木材の部分の塗装の剥がれが気になるので見てほしい、と追加のお見積り調査依頼を頂きました。お客様が気になっている木部というのは、どうやら屋根の妻壁面にある破風板の事をおっしゃっているようです。

破風板の様子

塗膜の取れた破風板

破風板は屋根の雨樋のついていない側の板の事を言います。素材もセメント系の物やこちらのお客様のように木材でできているものもあります。いずれの材料であっても素材の保護のために定期的な塗装は必要です。お客様の家の破風板もだいぶ塗装が剥がれてきてしまっている状態でした。おそらく、家全体の塗装を行ったときに合わせて塗装をされているのだと思いますが、破風板が木材の場合、あまり長くは塗装が持たないのが現実です。今回も塗装をご希望いただいているのですが、高所の作業となるため足場が必要になる可能性が非常に高い事や塗装を行ってもあまり持続しないことから、ガルバリウム鋼板を使って破風板板金巻き工事をおススメしたいと思います。サビに非常に強いガルバリウム鋼板なら素材的には十分な対候性を持ちますし、表面塗装も最近の塗装技術向上のおかげもあって15年程度は再塗装の心配がありません。

屋根妻面にある破風板

破風板 裏面の破風板

大屋根も下屋根も切妻形状の屋根の為、破風板が存在しています。

塗膜の剥がれそうな破風板 塗装の取れた破風板

塗膜のあるうちは木材を保護してくれていますが、塗膜が剥がれると水のダメージを受けやすくなり木材が腐食してしまう原因にもなります。

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根のプロが教える!破風板・鼻隠し・ケラバの役割と修理・補修方法

屋根のプロが教える!破風板・鼻隠し・ケラバの役割と修理・補修方法

 屋根で傷みやすい部分は天を向いている上面ではなく、むしろ側面です。屋根材は基本的に日光に晒されること、雨に打たれること、霜が降りること、雪が降り積もること、暴風に煽られることを想定して設計されています。 屋根の形状によっても違いますが、破風板や鼻隠し、ケラバと呼ばれる部分は雨にも打たれますし、風の影響に限っては寧ろ、屋根の面の部分よりも大きいと言えるでしょう。お家の中でも最も過酷な部分と言っても過言ではないの…続きを読む
屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装が必要なわけ 屋根塗装・外壁塗装工事は大きくわけると2つの理由があります。 1.機能・性能UP 塗料を外壁や屋根に塗装すると、膜(塗膜)を形成し、雨や紫外線などから保護してくれます。 しかし、この塗膜も、経年とともに劣化してきてしまいます。 塗膜が劣化すると、塗装が剥げ、やがて屋根や外壁の素地が外部に晒されてしまいます。   外部に露出…続きを読む
雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区南花畑で令和元年東日本台風のご被害により波板屋根が損壊、火災保険を使用しての修繕工事となります

      【施工内容】

      その他の工事

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地から直しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      足立区と近隣地区の施工事例のご紹介

      墨田区亀沢で瓦棒屋根のカバー工事、嵌合式のアールロックを使用して施工致しました

      【施工内容】

      金属屋根カバー工事

      足立区東伊興で令和元年東日本台風の被害を受けたセメント洋瓦屋根のケラバ部分を板金工事で復旧しました

      【施工内容】

      瓦屋根工事

      葛飾区東立石で令和元年東日本台風による玄関庇屋根の損壊に伴い、火災保険を活用し交換施工を行いました

      【施工内容】

      庇工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る