無題ドキュメント

HOME > ブログ > 多摩市桜ケ丘でポリカーボネートの吊り具が折れた雨樋を火災保険.....

多摩市桜ケ丘でポリカーボネートの吊り具が折れた雨樋を火災保険で新しく交換します

更新日:2019年8月11日

多摩市桜ケ丘で雨樋の交換工事をおこなっています。屋根から落ちた雪の影響で雨樋が曲がっていました。雨樋だけが曲がるのではなく、雨樋を吊る吊り具もポキッと折れていました。弾力性が高いポリカーボネート製の吊り具でしたが、劣化して硬くなり完全に折れていましたので、新しい吊り具と雨樋へ交換工事をおこないます。雪の影響ですので、火災保険を使用して元の状態に戻します。

経年劣化で折れた雨樋の吊り具

集水器の横から雨樋が脱落しています 根本からポキッと折れたポリカーボネート製の吊り具

軒先に吊ってある雨樋が落ちていました。雨樋が落ちてしまった原因は、屋根から雪が落ちた時に雨樋の中に入りこみ、上からの重さで吊り具が折れてしまったからです。特に屋根に太陽光パネルが設置されている場合は、雪が乗らない様に滑りやすくしてありますので、普通のスレート葺き屋根よりも影響を受けやすくなっています。

劣化していて弾力性が無くなっています

元々使われていたのがポリカーボネート製の吊り具で、通常であれば弾力性が高いので折れる事は殆どありません。しかし、折れた吊り具を見てみると劣化して硬くなっている様で、重さに耐えられずに折れていました。雪による被害の場合、建物に掛けてある火災保険を適用して直す事が可能です。今回も火災保険へ申請をして保険適用で工事をおこなう事になりました。

雪への対策は吊り具の間隔を狭くします

吊り金具の間隔を短くして強度を上げます ステンレス製の上吊り金具

新しい吊り具はステンレス製を使用します。ポリカーボネート製の吊り具も耐久性が高いのですが、また同じようにならない様に、とお客様のご希望もありステンレス製を使用する事になりました。太陽光パネルが設置されているので、雪が降ればまた滑り落ちて被害を受ける可能性があります。軒先にスペースが余り無いので、大型雪止めの接地が出来ません。新しく吊り直す時の対策は、吊り具の間隔を狭くして数を増やす事です。通常60cmから45cm間隔で取り付けますが、間を狭めて40cmにして数を増やします。支える部分を増やして力を分散させて雪に耐えられる様にしました。多摩市桜ケ丘でおこなっている雨樋交換工事は、雪によって吊り具が折れてしまいましたので、火災保険を適用して元の状態に戻します。吊り具の数を増やすなど、工事後の対策もおこなっていますので、今後は今までよりも安心出来ると思います。

このページに関連するコンテンツをご紹介

【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事

【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか?特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規模の大きさなどがメディア…続きを読む
雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください

雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください

 戸建てやマンション、ビルなどどんな建物にも必ず取り付けられている雨樋(あまどい)。ほとんどの方が雨樋という名前やお住まいに取り付けられているどの部分が雨樋なのかきっと知っていらっしゃいますよね。ただ「雨樋がなかったらどうなるんだろう?」と考えたことってありますか?あまりに当たり前のように取り付けら…続きを読む
雪害漫画コンテンツ火災保険漫画コンテンツ
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      葛飾区細田で令和元年東日本台風で破損したダイカポリマの角形雨樋をエスロンの角形雨樋X70に交換しました

      【施工内容】

      雨樋交換

      調布市国領町で倉庫の大型雨樋を高所作業車を使用して交換工事をおこないました

      【施工内容】

      雨樋交換

      江戸川区一之江で箱樋の破風板が腐食してしまうのを防止するために箱樋をふさいで雨樋を外吊りで新設しました

      【施工内容】

      破風板板金巻き工事、雨樋交換、ガルバリウム鋼板、その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      多摩市と近隣地区の施工事例のご紹介

      八王子市中野町で強風で落下したモニエル瓦のケラバを修理します

      【施工内容】

      屋根補修工事

      町田市本町田で強風で飛ばされた棟板金は火災保険の風災を適用して交換工事しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      多摩市聖ヶ丘でチョーキングが出ているスレート屋根の下塗り材にベスコロフィラーを使用して屋根塗装工事

      【施工内容】

      屋根塗装

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る