無題ドキュメント

HOME > ブログ > 品川区戸越で強風により劣化した塩ビ波板が破損、現場調査です

品川区戸越で強風により劣化した塩ビ波板が破損、現場調査です

更新日:2019年6月13日

品川区戸越で塩化ビニール製の波板が破損しているとのご報告を受け、無料点検にお伺いしました。
現場では、母屋と離れとの間に設置された塩化ビ波板の屋根が見事に剥がれ、割れ、飛散していました。
屋根の下はちょっとした物置替わりに利用しているとのこと。濡れて困るものは置いてはいないそうですが、このままにしておくわけにはいきません。
しっかりと調査させていただき、最適なご提案をさせていただきます。

母屋と離れをつなぐ破損した塩ビ波板の屋根

写真でもお分かりいただけるかと思いますが、かなりひどい状態です。
強風に煽られる形で捲れ、そこから割れてしまった箇所が大きく二か所。
だいぶ劣化していて、元は半透明だったポリカ波板は白く変色し、堆積物や苔も生えている状態です。

堆積物の多い波板 捲れて割れた塩ビ波板

下から見上げると何とか半透明の名残は感じられますが、土砂の堆積の多さも確認できます。
割れてしまった箇所もバリっと音がしそうなほどで、千切れたといっても過言ではありません。相当の強風だったものと思われます。
ただ、原因は強い風のせいだけではないでしょう。

塩化ビニールの波板の寿命とは?

塩ビ波板の寿命は数年ほどと言われています。
こちらのお宅はガラスマット(ガラス繊維)入りの塩ビ波板で強度は増してありますが、それでも5年ほどと言われています。
家主さんのお話では、すでに10年以上は経っているそうなので、耐用年数はかなり越えています。

錆て抜けかけた、波板を固定する釘 破損した波板を上から見た図

塩ビ波板自体の耐用年数もありますが、耐久性の問題は他にもあります。
屋根は風の影響をダイレクトに受け止めます。当然、それを固定している釘にも雨水の勢いは及びます。
割れた箇所を見てみると、強い風に煽られ釘が抜けかけています。雨の影響でだいぶ錆びてもいますので、釘が抜けやすくなっている状況にもあったのでしょう。
総合して考えると、塩ビ波板を含めて屋根自体が経年劣化し、強風により破損してしまったものと思われます。

破損個所の一部交換ができないわけではありませんが、破損個所以外も相当に劣化しており、そのまま使用しては同じ結果を辿ります。
そのため、屋根材としては塩ビ波板よりも耐久性、耐用年数のあるポリカーボネートの波板で、一部交換ではなく全交換をご提案させていただきました。

波板の事例では破損後にご連絡いただく場合が多く、原因として耐用年数を越えていることが多々あります。
また耐用年数は地域性などの天候の状況によっても前後します。
気になる状況をみつけた方は破損する前に、ぜひご連絡ください!

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

品川区と近隣地区の施工事例のご紹介

江東区東砂で築20年のお宅の陸屋根屋上の防水工事、ウレタン防水通気緩衝工法で施工致しました

【施工内容】

防水工事

港区白金台で老朽化で釘が浮いてしまった棟板金を新しく取り替えます

【施工内容】

棟板金交換

大田区下丸子で台風の被害を受けた波板と雨樋を火災保険で直します

【施工内容】

屋根補修工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る