無題ドキュメント

HOME > ブログ > 多摩区生田で屋根葺き替えと一緒に腐食した隅木も交換

多摩区生田で屋根葺き替えと一緒に腐食した隅木も交換

更新日:2019年3月14日

多摩区生田で屋根葺き替え工事をおこなっています。棟板金が台風の強風で飛んでしまい、何度か手直しを行ったことがあるスレート葺きの屋根です。棟板金の回りをコーキングで埋めてしまっている事で、雨水と湿気の逃げ道が無くなり隅木(すみぎ)という屋根の骨組みを腐食させていました。屋根の葺き替え工事と一緒に隅木の交換もおこないます。室内に雨漏りとして症状が出ていませんでしたので、大量の雨漏りをしている訳ではありませんが、ここまで腐食しているのは長い年月をかけて傷みが広がっている様です。断熱材が雨水を吸ってしまうので少量ですと、雨漏りに気付かない事があります。今回は台風で棟板金が飛んでしまった事で屋根の調査をおこない、小屋裏から屋根の腐食に気付く事が出来ました。被害が出ていますが最小限の下地交換で済みますので、今後雨漏りしない屋根にしっかりと工事していきます。

 

【下地の傷みを調べるには小屋裏の確認は必要です】

腐食した隅木 雨漏りによってカビだらけ

隅木が雨漏りによって腐食していました。周りの野地板や垂木にも被害が広がりカビが生えています。屋根の上から下地が腐食しているかどうかは確認出来ますが、どの程度の劣化状態なのかは小屋裏から確認しなければ分かりませんので、小屋裏に入れる場所があるのであれば、必ず確認していきます。

 

隙間にコーキングを打ってはいけません

隅木が腐食した原因は、棟板金の回りにコーキングをビッシリと打ってある事です。スレート屋根には雨水や湿気を逃がすために必要な隙間があります。しかし、ここが塞がれると屋根の下に雨水や湿気が溜まる事になるので、雨漏りや木部を腐食させてしまいます。

 

【葺き替え工事と一緒に隅木も交換します】

腐食した隅木を交換します 下地の腐食部分は交換します

下地の腐食が無ければ、古いスレートを剥がしてから新しい野地板の合板を貼りかぶせするのですが、今回は一部腐食箇所がありましたので回りを剥がして腐食した隅木と垂木を交換します。

隅木を交換して下地補強完了 野地板を新しくします

腐ってしまった木をそのままにすれば、回りに被害が広がりますのでそのままで工事は進められません。腐食した隅木を撤去して新しい隅木を作りました。そこに垂木を取り付けてから新しい野地板の合板を貼って下地を作りました。この後は防水紙(ルーフィング)を全面に敷いてから新しい屋根材を葺いていきます。多摩区生田での葺き替え工事は、下地の腐食がありましたので、傷んだ隅木を新しくして下地をしっかりと補強しました。下地も防水紙も新しくなりましたので、雨漏りの心配も無くなり安心です。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

東大和市清原で大粒の雹によって割れたバルコニーの波板を火災保険で張り替え工事

【施工内容】

屋根補修工事

墨田区京島で耐震性アップのため、重い瓦屋根から軽い石葺き屋根材エコグラーニに屋根葺き替え

【施工内容】

屋根葺き替え、瓦屋根からエコグラーニへ葺き替え工事

稲城市矢野口で平屋のセメント瓦葺き屋根をガルバリウム鋼板へ葺き替え

【施工内容】

屋根葺き替え、雨漏り修理

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

台風15号被害に便乗した悪徳業者に要注意

台風15号被害に便乗した悪徳業者に要注意

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
ページトップへ戻る