無題ドキュメント

HOME > ブログ > 府中市西府町で瓦屋根の調査、棟の銅線や漆喰はメンテナンスが必.....

府中市西府町で瓦屋根の調査、棟の銅線や漆喰はメンテナンスが必要です

更新日:2019年3月10日

数ある屋根材の中で寿命が長いとされるのが瓦です。主に粘土瓦が有名ですが、瓦で造られている屋根にも定期的なメンテナンスが必要になる箇所があります。瓦屋根は瓦だけで屋根が造られている訳ではございません。瓦以外にも材料が使われております。瓦以外の材料は瓦が使用できないところ、つまりは瓦と瓦の間に出来る隙間などのことです。府中市西府町で瓦屋根の調査を行いました。

瓦屋根のメンテナンス

【瓦と瓦の隙間を埋めている漆喰がボロボロになります】

棟瓦漆喰がボロボロ 棟瓦の漆喰がボロボロ

瓦と瓦の間に出来る隙間には漆喰が詰められております。漆喰は施工時は柔らかいのですが、暫くすると硬化してきます。なので瓦と瓦の間に出来る隙間を詰めるには持って来いの材料です。しかし使用年数が経過してくると、漆喰が硬さを失いボロボロになってきます。ボロボロになると崩れてしまい隙間に埋めてあった漆喰は無くなってしまうのです。そこへ雨水が入り込めば雨漏りに繋がりますので漆喰のメンテナンスは大切です。

 

【棟を束ねる銅線が切れるようになります】

棟瓦銅線切れ 棟瓦の銅線切れ

棟を構築する瓦は銅線を使用して束ねてあります。この銅線も使用していると切れてくるようになります。この銅線が切れてしまうと、棟を構築している瓦が安定感を失い歪み初めてしまいます。斜めに下っている棟の銅線が切れた場合は、瓦が落下してしまう危険性がありますので、この銅線もメンテナンスが必要です。府中市西府町にあるこちらの瓦屋根も漆喰と銅線のメンテナンスが必要な状態でした。瓦屋根の漆喰や銅線のメンテナンスを行うには、棟瓦取り直し工事を行うことで漆喰も銅線も一緒にメンテナンスしたことになります。街の屋根やさんでは瓦屋根のメンテナンスも対応しております。瓦屋根のメンテナンスは街の屋根やさんにお任せ下さい。

 

 

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

中野区本町で強風で割れたバルコニーの屋根をポリカーボネートの波板で張り替えます

【施工内容】

西東京市ひばりが丘で強風で飛散した屋根の笠木をガルバリウム鋼板製へ交換します

【施工内容】

江戸川区南小岩で強風による棟板金の剥がれの復旧に併せて屋根塗装

【施工内容】

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

台風15号被害に便乗した悪徳業者に要注意

台風15号被害に便乗した悪徳業者に要注意

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
ページトップへ戻る