無題ドキュメント

HOME > ブログ > 清瀬市中里で太陽光温水器の載せられた瓦屋根の葺き替えをご検討.....

清瀬市中里で太陽光温水器の載せられた瓦屋根の葺き替えをご検討中のお家を点検

更新日:2019年3月8日

屋根の葺き替えをご検討中している清瀬市中里のお客様です。その瓦屋根を点検の様子をお伝えします。お客様の瓦屋根はシンプルな切妻の形状で、その上には太陽熱温水器が載せられていました。

 

棟が曲がっている瓦屋根

太陽熱温水器というと、私事で恐縮ですが、実は筆者の自宅の屋根にも載せられていました。ただ単に水道に繋いで水を貯め、温水にするというシンプルなものでしたが、飛び込みでやってきた訪問販売業者に「電機などを使わないし、機械で動かす部分もないから壊れません。半永久的に使えます。」とセールストークを聞かされた時はとても感動したものでした。しかし、実際はいうと…

 

壊れなくても各部は劣化するという事実

太陽熱温水器の残骸 錆びた架台

こちらの太陽熱温水器、中に何も入っていません。お客様にお聞きしますと、水道に繋いでいたホースからの漏水が酷くて撤去してしまったそうです。確かに稼働する部分もなく、仕組みもシンプルなので壊れる心配もないのですが、ホースなどが劣化して漏水が始まるケースは多いのです。筆者の実家でも何回かホースを交換しながら使っていましたが、何度目かの漏水の時にそれが原因で雨漏りが始まったので撤去してしまいました。こちらの温水器も設置からかなりの年月が経っているらしく、架台が全面的に錆びています。葺き替え時には撤去してしまいましょう。

 

築30年は屋根葺き替えの時期として1つの目安

葺き土の流出 べったりと塗られたシーリング

屋根の状態は漆喰が劣化して剥がれている部分が複数あり、中の葺き土も流れだしていました。築30年以上ということなので、屋根の下の防水紙も劣化しているでしょう。屋根を葺き替える時期としては適切な時です。ちなみに太陽熱温水器のエネルギー変換効率は60%以上と言われ、現在の太陽光発電機の15%と較べてもとても優秀なものです。ただ、太陽熱温水器は文字通り、水を温水にするだけのものです。それに対して太陽光発電は電気ですから、適切な電化製品さえあればお湯も沸かせますし、冷暖房も、照明もできます。汎用性が低かったことが太陽熱温水器の廃れてしまった理由ですが、将来的にはそのエネルギー効率の高さから見直される可能性もあります。現在では太陽熱温水器と太陽光発電機を連携させて効率よく使う連携機器も研究されているそうです。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

台風12号接近中!台風への備えはできていますか?

台風12号接近中!台風への備えはできていますか?

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る