無題ドキュメント

HOME > ブログ > 稲城市坂浜で漆喰剥がれから南蛮漆喰を使った棟取り直し工事を実.....

稲城市坂浜で漆喰剥がれから南蛮漆喰を使った棟取り直し工事を実施

更新日:2019年1月9日

漆喰剥がれから棟の歪み

本日ご紹介いたしますのは稲城市坂浜で行った棟取り直し工事の様子です。棟取り直し工事とは既存の棟を一旦解体して組み直す工事です。瓦屋根の棟は土台部分に土が詰められ、その周りを漆喰で塗り固めています。しかし、漆喰が剥がれると中の土がでてきてしまい棟がまがったり、棟自体が崩れてしまうといった問題にもなります。今回のお住まいでも漆喰が剥がれて棟が歪んでしまったことから棟取り直し工事で改善いたします。

 

既存の棟を作り直す棟取り直し工事

稲城市坂浜 棟の漆喰が剥がれている 稲城市坂浜 棟取り直し工事 既存棟を解体

左写真が漆喰の剥がれている様子です。剥がれた部分は土がむき出しになっているのが分かります。また、剥がれた漆喰は屋根の上に残されていましたが、地上にも落ちており、それを見つけたお施主様が弊社に調査の依頼をしたというのがことの経緯です。
棟取り直し工事の様子です(右写真)。
一旦解体した棟に使われていた瓦はもう一度使用するので、割らないように丁寧に整理しておきます。

 

土を使わず南蛮漆喰で棟を作る

稲城市坂浜 棟取り直し工事 南蛮漆喰を詰める 稲城市坂浜 棟取り直し工事 冠瓦を取り付け

今までは土を使って棟の土台部を作っていましたが、今回は南蛮漆喰を使うため土は不要です(左写真)。熨斗瓦を積んでその上から冠瓦を取り付け導線で固定します(右写真)。

稲城市坂浜 棟取り直し工事 完了

南蛮漆喰の表面を綺麗に整え、最後に清掃を行えば棟瓦取り直し工事は完了です。(棟などの漆喰工事専用ページはこちら
陶器瓦の屋根の場合、屋根材は何十年ももつので安心してしまいがちですが、漆喰は15年ほどで寿命を迎えるので交換しなければなりません。その時期を過ぎてしまうと、今回のように剥がれて棟が曲がったり、場合によっては雨漏りすることもあります。そうならないために、お住まいは定期的に点検をしてメンテナンスを小まめに行うことが大事です。
街の屋根やさんでは無料でのお住まい点検を実施しております。長年メンテナンスをしていない方はお気軽に無料点検をご利用ください。
※無料点検について詳しくはこちら

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

調布市深大寺元町で崩れ始める前に瓦屋根の棟取り直し工事

【施工内容】

棟瓦取り直し 

豊島区長崎でしっくい面戸が剥がれた5段積み瓦棟を耐震対策にもなる7寸丸に積み替えました

【施工内容】

棟瓦取り直し 

杉並区堀ノ内で歪んでしまった棟瓦をシルガードで取り直し工事いたしました

【施工内容】

棟瓦取り直し 

その他の施工事例一覧→

稲城市と近隣地区の施工事例のご紹介

調布市佐須町で雨漏りしているスレート屋根をスーパーガルテクトでカバー工事しました

【施工内容】

金属屋根工事

調布市下石原で葺き直し工事で瓦葺きのアパートの雨漏りを止めました

【施工内容】

屋根葺き直し

府中市白糸台で硬化不良を起こしている屋上の床を防水工事で直します

【施工内容】

防水工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る