無題ドキュメント

HOME > ブログ > 多摩区南生田で雨水が回って傷みが出てきた瓦屋根に葺き替え工事.....

多摩区南生田で雨水が回って傷みが出てきた瓦屋根に葺き替え工事をご提案

更新日:2018年12月8日

多摩区南生田で屋根の調査をおこないました。瓦葺きの屋根で、今まで殆どメンテナンスをした事が無いそうです。瓦葺きの屋根で重さが心配というお話でしたので、屋根の状況を確認してどの様な工事が良いのかをご提案いたします。瓦に限らず屋根面と屋根面がぶつかる所には『棟(むね)』がありますが、瓦の場合は棟瓦が積まれていて、隙間に漆喰(しっくい)が詰められている事が多いと思います。洋風の瓦の棟は、断面が半丸の瓦を芯木の上にかぶせて釘で固定するのですが、木が痩せて釘が抜けてしまったり、釘穴から雨水が入り込んで芯木を腐食させてしまう事があります。瓦の下に葺いてある防水紙(ルーフィング)も劣化して切れている所があるので、雨漏りする可能性が高くなっています。下地の状態を瓦の重さを考量して、軽くて耐久性の高いガルバリウム鋼板製の屋根への葺き替え工事をご提案しました。

【洋風の瓦葺きの屋根】

屋根全景 瓦葺きの屋根

屋根に葺かれているのは洋風の瓦です。棟瓦の隙間に詰めてある漆喰(しっくい)は剥がれていたりコケがビッシリと付着している所がありました。

抜けた棟瓦の釘

洋風の瓦は断面が半丸の瓦を乗せて釘で固定していますが、釘穴から雨水が入り込まない様にするパッキンが付いていませんので、雨水が入り込んで下地を傷める原因になってしまいます。

【釘穴から入った雨水が釘を伝わって芯木を腐食させます】

芯木に刺さっている棟の釘

芯木には棟瓦を固定している釘が刺さっていますが、先程の釘穴から入った雨水が釘を伝わって芯木を腐らせてしまう事になります。すでに芯木が腐食していて釘が抜けている所もありました。外側からは漆喰(しっくい)などで雨水が入らない様にしていますが、見えない所で内部に雨水が浸入して傷みが広がっている事があります。

【劣化して切れてしまった防水紙(ルーフィング)】

瓦の下に雨染みがあります 切れた防水紙

瓦の下には防水紙(ルーフィング)が葺いてあり、瓦の裏側に回り込んだ雨水を防いでいます。屋根は屋根材の表面と防水紙で雨水から建物を守っているのですが、この様に切れてしまうと雨漏りに直結してしまいます。多摩区南生田で調査した建物は、棟瓦の回りと防水紙の傷みが大分進んでおり瓦の重さも心配という事ですので、瓦から軽くて耐久性が高いガルバリウム鋼板製の屋根材への葺き替え工事をご提案しました。防水紙(ルーフィング)から新しくなりますので、葺き替え工事で雨漏りの心配を無くしていきましょう。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別) 雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

墨田区東墨田にて令和元年房総半島台風で被災した工場のポリカ波板屋根の貼り替え工事を行いました

【施工内容】

屋根葺き替え、雨樋交換、庇工事

葛飾区西水元にて雨漏りの原因だった天窓を撤去、モニエル瓦からスーパーガルテクトへ屋根葺き替え

【施工内容】

屋根葺き替え、天窓工事

大田区南六郷で雨漏りの原因になっているトップライトを撤去して屋根葺き替え工事

【施工内容】

屋根葺き替え、雨漏り修理

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る

質問してね!

私は街の屋根やさんの人工知能、AIコンシェルジュ!
何を知りたい?

9:03

質問してね!