無題ドキュメント

HOME > ブログ > 浦安市で破風板の板金がその周辺の腐食により落下

浦安市で破風板の板金がその周辺の腐食により落下

更新日:2018年10月14日

浦安市と言えば、首都圏内でも特に風が強い場所として知られています。お客様から「台風24号の影響で屋根の端の部分が落下してきた」とご相談を受けた時は強風被害と思っていましたが、実際に現場を訪れると違う原因で落下していることが判明しました。

 

破風板

切り妻屋根の破風の最下段の部分、向かって右側の部分が対称となるべき左側の部分と大きく違っていることが分かります。表面の部品がなくなっています。これだけを見ると強風被害のように見えるのですが…

 

破風板の下端の腐食 化粧板金の落下

強風ではなく下地の腐食により落下

より洋風のデザインを強調するため、破風板をカバーしている化粧板金が落下しています。落下している板金だけを見れば強風により発生した被害のように見えますが、破風の部分に目を向けると、木製の下地が腐食していることが分かります。風というよりも腐食により固定力が緩み、落下してきたのでしょう。下地が腐食いれば、遅かれ早かれ、いずれはこの板金が落下してきたことになります。板金は薄い鋼板ですので、それほどの重みはありませんが端の部分は薄いので、うっかり素手で触るとすっぱりと手を切ることもあります。重さに関係なく危険です。

 

腐食の仕方で水の流れが分かる 底が大幅に腐食

腐食の進行の仕方から雨水の流れが分かる

化粧板金が取れてしまった部分を観察してみましょう。三角形の垂直部分の腐食が激しく、底辺もかなり腐食しています。つまり、浸入した雨水がこの三角形の枠、垂直部分を伝って底辺部分に溜まり、腐食させたことが分かります。原因は破風を覆っていた板金のシール不足で、雨水が板金の裏に浸入してしまったことです。腐食部分とその周辺を除去し、新しいものに変えてから、化粧板金で覆う工事が必要です。雨水が流れ込んでこないようにシール部分も細かく見直すこと必要です。

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根のプロが教える!破風板・鼻隠し・ケラバの役割と修理・補修方法

屋根のプロが教える!破風板・鼻隠し・ケラバの役割と修理・補修方法

 屋根で傷みやすい部分は天を向いている上面ではなく、むしろ側面です。屋根材は基本的に日光に晒されること、雨に打たれること、霜が降りること、雪が降り積もること、暴風に煽られることを想定して設計されています。屋根の形状によっても違いますが、破風板や鼻隠し、ケラバと呼ばれる部分は雨にも打たれますし、風の影…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

昭島市東町で穴が空いた軒天の補修工事を行いました

【施工内容】

破風板・軒天部分補修

調布市西つつじケ丘で剥がれてしまった軒天の補修工事をいたしました

【施工内容】

破風板・軒天部分補修

小平市小川町で強風で飛ばされたベニヤ製の軒天の張り替え

【施工内容】

破風板・軒天部分補修

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る