無題ドキュメント

HOME > ブログ > 葛飾区の雨漏り調査雨水の吹込み防水紙の劣化

葛飾区の雨漏り調査雨水の吹込み防水紙の劣化

更新日:2016年11月8日

葛飾区のお客様より雨漏りが発生し困っているとの事でお問い合わせいただき調査にお伺いいたしました。

室内雨漏り箇所の調査からです。室内壁際から雨水が流れてくる状態でお客様で応急的に雨水を受ける処置をされていました。雨漏りはとても不安になりますので雨漏りの原因を究明する為屋根の調査を行います。雨漏り箇所上部です。雨漏り箇所付近の瓦を取り外し瓦内部を調査します。防水紙が経年劣化によって防水紙が切れてしまっています。お客様宅のS瓦は瓦同士の重ねが多くある為、瓦が割れていなければ内部には浸水が起きずらいので雨水の浸水箇所があるはずです。壁際の漆喰を確認したところ欠損している箇所がありました。雨水の浸水箇所は漆喰の欠損によって雨水が吹込み防水紙が切れてしまっている箇所から内部に浸水し雨漏りとなっています。

葛飾区 内部調査 葛飾区 屋根調査

葛飾区 瓦取外し 葛飾区 防水紙の切れ

葛飾区 漆喰の欠損 葛飾区 雨漏り原因

お客様に雨漏りの原因と雨漏りを止める必要な工事のご説明をいたしました。工事として、既存を瓦を取外し、防水紙を入れ直し瓦を戻す葺き直し工事と欠損している漆喰を補修する工事をご提案いたしました。雨漏りが進行し内部構造が悪化してしまうと工事コストが嵩んでしまいますので早期工事が必要です。お見積りを作成しお客様とお話しを進めていきたいと思います。

雨漏り調査・雨漏り修理工事のご相談は、街の屋根やさん0120-989-936にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

雨漏りを防止する屋根の防水紙の重要性とお薦めの「アスファルトルーフィング」をご紹介

雨漏りを防止する屋根の防水紙の重要性とお薦めの「アスファルトルーフィング」をご紹介

  早速ですが、皆さんのお住まいはなぜ雨漏りをしないのでしょうか?そして何がきっかけで雨漏りを起こさなかった住宅で雨漏りを起こすようになるのでしょうか? メンテナンス?屋根は屋根材の種類にかかわらず築10年程度で点検・メンテナンスが推奨されています。そして2回目以降は以前実施した…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

調布市佐須町で雨漏りしているスレート屋根をスーパーガルテクトでカバー工事しました

【施工内容】

金属屋根工事、屋根葺き替え、雨漏り修理

葛飾区東新小岩で雨漏りの発生に伴い笠木の交換工事を行いました

【施工内容】

雨漏り修理、ガルバリウム鋼板、その他の工事

文京区千石で雨漏りが酷くなった築50年のセメントプレス瓦屋根をアスファルトシングルで葺き替え工事しました

【施工内容】

屋根葺き替え、雨漏り修理、その他の工事

その他の施工事例一覧→

葛飾区と近隣地区の施工事例のご紹介

江戸川区西瑞江で軒天落下防止対策で破風板板金カバー工事を施工、併せて塗装仕上げを行いました

【施工内容】

その他の工事

江戸川区南小岩でFRPベランダの陥没した排水口を改修用ドレンを使って補修、ウレタン塗膜防水で仕上げました

【施工内容】

雨漏り修理

墨田区本所で新たに換気棟を取り付けた屋根カバー工事を施工

【施工内容】

屋根カバー工法

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る