無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 荒川区|軒先谷板金と笠木の取替工事で雨漏り改善

荒川区|軒先谷板金と笠木の取替工事で雨漏り改善

【施工前】
軒先,谷板金,錆び

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


荒川区のお客様より雨漏り補修のお問い合わせを頂きました。築年数のせいと長い間放置していたようですが、原因が分からないまま過ごされていました。雨漏りは住宅の劣化・腐食に直結してしまいます。放置すればするほどに、補修箇所が増え、また思いもよらぬ被害に発展してしまいます。まずは、雨漏りの原因追及、そして補修が終われば内装の補修に進むことが出来ます。
荒川区のお客様より雨漏り補修のお問い合わせを頂きました。築年数のせいと長い間放置していたようですが、原因が分からないまま過ごされていました。雨漏りは住宅の劣化・腐食に直結してしまいます。放置すればするほどに、補修箇所が増え、また思いもよらぬ被害に発展してしまいます。まずは、雨漏りの原因追及、そして補修が終われば内装の補修に進むことが出来ます。


担当:富田


【工事内容】
瓦屋根工事 雨漏り修理 谷板金・笠木交換工事
【工事詳細】
お施主様
O様邸
【工事内容】
瓦屋根工事 雨漏り修理 谷板金・笠木交換工事
【工事詳細】
お施主様
O様邸
足場アイコン雨漏り修

【点検の様子】

いつ頃から雨漏りが起きているのかは分からないようですが、西側2階の部屋と西側1階玄関上から漏ってきていて、被害の状況を見る限りはかなり長い年月をかけて天井材が腐食しているようです。

雨漏り 雨漏り,雨染み

こちらは1階玄関の天井です。まず、2階建てにも関わらず、1階に雨水が侵入することはあるのか、それは考えられます。住宅の構造には継ぎ目や隙間というものは存在します。開口部があればその取り合い、外壁材が変われば継ぎ目があり、住宅に隙間が無いという事はまずありません。つまり何かしらの要因が重なった場合、1階であっても雨漏りは発生します。

台所,雨漏り 台所,雨染み

続いて2階の部屋です。通常であれば上部の部屋からの雨漏りが先に起こります。天井材の腐食も2階の方が酷くなるのが通常です。見る限りでは1階2階の状況はそれほど変わらず、同時期に雨漏りが発生したのではないかと考えられます。

雨漏りによって住宅にどれ程の被害を与えるかご存知でしょうか?まずは雨水が室内に侵入すること、それによって出来てしまう雨染み。雨染みが出来た、ポタポタと垂れてくる雨水で雨漏りに気づくことが多いパターンだとは思いますが、雨漏り自体がそれよりも先に起こっているのはおわかりですよね。屋根材と小屋裏を通過し、室内に到達するため、想像以上に雨漏り被害は進行してしまっています。

天井材に到達した時、クロスであれば接着剤が剥がれ、張替が必要になり、下地が腐食している場合には張り替えが必要です。どちらにしても雨漏りを放置することで黒染みができ見栄えを損ねてしまいます。

電気,雨漏り 押入れ,雨漏り

雨染みが出来ることによって同時にカビの発生が始まります。湿度85%、室温20~30度の高温多湿の環境で発生しやすいカビは木材だけでなく接着剤・塗料までも汚染し始めます。カビは酷い場合、塗装をしても繁殖し続けてしまいますので抑制させるために何の役にも立たなくなってしまいます。

カビは住宅の見栄え・劣化だけでなく人体にまで影響を与えます。生まれつきの喘息の方は悪化させ、健康の方にも呼吸器疾患を発症させるケースもあります。そのような大きな被害を与えるカビを発生させるのが雨漏りなんです。

雨漏り,瓦 瓦,漆喰

ではどこから雨漏りを起こしているのか。瓦屋根の場合、雨漏りを起こす可能性は漆喰・瓦のズレ・ラバーロック工法の施工ミス、あとは防水紙の劣化、瓦以外の損傷です。この漆喰の盛り過ぎにも問題はあると思いますが、瓦の役割を果たしているようで破損も見当たらないため、雨水の侵入はないでしょう。瓦の軒先の板金が全て赤く錆びているのでこの板金の状況も見ていきましょう。

瓦屋根,谷 エアコンの下

軒の谷板金に当たる所に室外機が取り付けられています。このエアコンも年数が経ち錆びてしまっています。ブルーシートやペットボトルもありますが養生をしていたのでしょうか。何かがあることによってその部分にゴミが溜まりやすく、雨水の経路の邪魔にもなります。ゴミが溜まるお陰で谷は浅くなり、雨水が流れた際にオーバーフローをする可能性が高くなります。

また、板金の上にエアコンの設置ですが、このような場合もらい錆で劣化しやすい状況です。もらい錆は違う材質であっても、錆びにくい材質であっても、錆を長時間接触させていると一緒に腐食させてしまうんです。どの素材であってももらい錆は起こりますし、錆びないと言われていても気づかないうちに腐食していることがあります。

 

谷,雨漏り,隙間 小屋裏,点検

この谷部分、錆による劣化もありますが隙間が存在するお陰で雨水は簡単に入り込んでしまいます。小屋裏を確認すると同じ場所に腐食・雨染みがありました。軒先からの漏水でしょう。同じ部分からの雨漏り、そして柱を伝って1階にも到達したと考えられます。

谷板金からの雨漏りが一番濃厚ですが、取り合いの笠木が錆びていることからこちらからの漏水もあり得ます。今回は錆びた部分を交換し雨漏りを防いでいきます。

防水紙,ブルーシート ブルーシート,雨漏り

補修をするにも日にちが空いてしまいますので、軒から壁に向かって養生を行います。このエアコン、機能としては問題ないようですが、谷板金を取り替えた後に再設置を行うと、またもらい錆を起こしてしまいます。撤去もしくは室外機の移動をお願い致します。

【施工の様子】

瓦,剥がし,軒 板金,剥がし

施工に入ります。まずは既存の谷板金と笠木を取り外していきます。笠木は谷板金と、谷板金は瓦の下に入り込んでいますので、まずは軒先の瓦のみを剥がします。そして谷板金の撤去、笠木の撤去に繋がります。

瓦は瓦だけでなく、いろいろな部材、各部分との関係性があります。何かを取り替えるために周りに影響を与えますが、元通り納まりを復旧するのが職人技です。

板金,谷 谷板金,交換

谷板金の設置に伴って防水の設置で2次防水の役割を果たします。また、笠木からの侵入も考え、防水紙をぐるりと巻き込みます。なぜ笠木がここまで赤く錆びてしまったのか、笠木は立ち上がりが非常に短く雨水が下から吹き込む可能性が大変高い場所です。今の住宅にパラペットを取り付ける木造住宅はないのではないかと言われるほどに雨漏りのリスクが高い為、施工面でいかにカバーできるかが問題となります。

笠木があるのであれば雨水が吹き込んでも腐食しないように防水紙で雨水との接触をさせないようにしましょう。

谷板金,施工

谷板金後、笠木を設置し、ビス止め、取り合いのシーリング工事、そして瓦の再設置を行い施工完了です。この施工後に雨漏りが起きていないことを確認し、室内の補修工事に入っていきますが、取り付けた谷板金を清掃し、外装工事はここで終了となります。

 

 

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根で最も雨漏りしやすい部分「谷板金」の修理方法

屋根で最も雨漏りしやすい部分「谷板金」の修理方法

 屋根の板金というとスレート屋根などの棟板金を思い出される方も多いと思うのですが、それら以外にもさまざまな部分に用いられています。唐草板金と呼ばれる軒先やケラバに取り付ける水切り用の板金もあり、「谷樋」や「谷板金」と呼ばれる部分もその一部です。雨漏りは屋根本体ではなく、こういった板金とその周辺の防水紙の劣化によって起こることがほとんどです。 谷板金が屋根に設置されているかは屋根の形状によって決まります。したがっ…続きを読む
意外と多い笠木が原因のベランダ・バルコニーからの雨漏り

意外と多い笠木が原因のベランダ・バルコニーからの雨漏り

 お住まいの天敵である雨漏り。雨漏りというと「屋根から」というイメージをお持ちの方が大半だと思いますが、実はベランダやバルコニーから、さらには笠木が原因となり雨漏りが発生することが意外に多いということをご存じでしたでしょうか? 建物から外面に張り出した形で存在しているベランダやバルコニーの手すり壁に天を向いて存在している笠木は最も雨風や紫外線の影響を受け、劣化が進みやすく、最終的には雨漏りを引き起こし階下の部屋…続きを読む
雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      狛江市中和泉で腐食して雨漏りしているバルコニーの笠木をガルバリウム鋼板へ交換しました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地から直しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      八王子市中野町で強風で落下したモニエル瓦のケラバを修理します

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事

      その他の施工事例一覧→

      荒川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      足立区南花畑で令和元年東日本台風のご被害により波板屋根が損壊、火災保険を使用しての修繕工事となります

      【施工内容】

      その他の工事

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      墨田区亀沢で瓦棒屋根のカバー工事、嵌合式のアールロックを使用して施工致しました

      【施工内容】

      金属屋根カバー工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る