無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 江東区|ヒビが入ったベランダのウレタン塗膜防水・目地補修工事.....

江東区|ヒビが入ったベランダのウレタン塗膜防水・目地補修工事

【施工前】
ベランダ,ひび

【施工後】
ウレタン防水工事

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


江東区のS様邸で雨漏りを起こしているようですが、酷い大雨の時だけだそうです。北風の強い時、吹き込むような台風の時、少しずつじわじわ入る等、雨漏りは状況にあわせて様々な症状を出します。それは同じ状態だからと言って、同じ個所から漏れているとは決めつけられません。住宅によって原因は違いますので、点検で雨漏りの原因と補修内容を決めていきましょう。
江東区のS様邸で雨漏りを起こしているようですが、酷い大雨の時だけだそうです。北風の強い時、吹き込むような台風の時、少しずつじわじわ入る等、雨漏りは状況にあわせて様々な症状を出します。それは同じ状態だからと言って、同じ個所から漏れているとは決めつけられません。住宅によって原因は違いますので、点検で雨漏りの原因と補修内容を決めていきましょう。


担当:富田


【工事内容】
雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
お施主様
S様
【工事内容】
雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
お施主様
S様
足場アイコン雨漏り修防水工事

【点検の様子】

サッシ枠雨漏り 畳染み

 

窓枠に染みがあり、畳にも染みが残ってしまっています。このまま放置してしまうとカビの原因になってしまいます。雨漏りが起きた場合、まず疑うべきは真上です。サッシ廻りのシーリングや外壁のクラックや目地の劣化による肉痩せも雨漏りの原因にはなりますが、確定させるには点検と必要に応じて散水検査の必要があります。

散水検査というのは雨漏りを確認出来る状態を作って、実際に水を流し水の侵入口を探します。実際に漏水箇所を見つける事が出来れば、補修内容を決め雨漏り補修工事をおこなうことが出来ます。しかし、建物内部に複雑な通り道が出来ている場合、水が漏水箇所から出ない可能性もあります。しばらく様子を見ながら、原因を特定するような流れになりますのでご了承ください。

 

ベランダ点検 ヒビ

早速雨漏り部屋の真上を確認します。ベランダには黒い染みと大きなヒビを発見しました。防水塗膜は見られず、かなりの長期間この状態が続いていたのではないかと感じます。黒い染みは汚れはもちろんですが雨染みです。染みがヒビに入ることで筋の様になってしまっています。

下端ヒビ ベランダ

筋の様に伸びた雨染みは立ち上がりの方にまで伸びています。今回は吹き込むような雨の時の雨漏りと仰っていましたので、もしかしたらこのベランダは原因ではないのかもしれません。しかし全体的に傷みが多いようですので、下地補修後のベランダ防水工事はご提案いたします。

ベランダ防水の劣化が原因の場合は、吹き込む等は関係なく、雨が降るたびに!だと思います。

サイディング目地 破風板,目地

ではなぜ酷い大雨の時に入り込むのか、こちらも推測とはなりますが、幕板の上部と継ぎ目にヒビが入っています。壁に当たるような雨が降っていれば、雨漏りの原因にもなりえます。こちらは経年劣化と建物の動きによってできたヒビです。少しずつ住宅に動きが加わりますので、去年は無かったヒビが今年はあるといった事はあります。定期的な点検とメンテナンスの重要性がお分かりいただけるかと思います。

破風板,目地 目地シーリング

こちらはサイディング外壁の目地です。同じようにシーリングが肉痩せ・捲れを起こし、目地の役割を失いつつあります。目地とはサイディング同市がぶつかり欠けや破損を起こさないように設ける隙間で、雨水の侵入があるのでシーリングで防水処理をしています。しかし、シーリングはおよそ5年程度で劣化し、肉痩せ・剥離・捲れと様々な問題が生じます。定期的に打替え工事を必要とする箇所です。

 

今回は雨漏りの原因となるベランダ、目地の補修工事を行っていきます。目地は増し打ちでも隙間を埋めることは出来ますが、すでに硬化しているシーリングの上に被せても、再度割れる恐れがあるので打替補修を行います。

【江東区 ウレタン塗膜防水】

足場仮設 足場

防水工事だけであれば足場仮設は必要ありません。しかし目地の打替えの場合は外壁塗装と同じく足場仮設が必要になります。全体の目地補修工事をご検討中の方は、間違いなく外壁塗装工事と合わせて施工する事をお勧め致します。

今回は部分的補修で雨水の侵入を防ぎますので足場も部分仮設に致しました。

洗浄 高圧洗浄

塗装工事と同じくまずは高圧洗浄を行います。しっかりと下地を洗い流すことで後々綺麗な防水層が完成します。この時点でひどい雨漏りが発生するようであれば、高圧洗浄前にまずシーリング補修工事等対策を講じます。外壁塗装の場合でも洗浄前に目地の劣化が酷い場合は打替えを優先的に行う事もあります。状態に合わせて最適な作業を行っていきます。

プライマー 目地シーリング

洗浄後は下地と塗膜の密着性を高めるためにプライマー塗布、ヒビ(クラック)にはシーリングを充填して下地を整えていきます。

目地 防水

ヒビにはシーリングで充分ですが、勾配不良やあまりに表面が傷んでいる場合は床全体を樹脂モルタルで塗装することもあります。下地調整は仕上がりはもちろん、防水層の耐久性・機能性に深いかかわりを持ちます。ヒビの補修をしなかったために同じ場所にヒビが浮き上がってきたというのは珍しい事ではありません。まずはしっかりと下地調整を行いましょう。

この後、ウレタン塗膜防水を2層、そしてトップコートで防水層を仕上げました。ウレタン防水はおよそ12年前後の耐久性ですが、定期的なメンテナンスを怠らないように注意していきましょう。

破風板シーリング 目地打設

幕板と目地のシーリング補修工事に入ります。シーリングで周りが汚くならないように養生をし、奥まで充填・打設をしていきます。低い場所の補修はDIYでも可能かと思いますが、この時にシリコン系のシーリングを使わないでください。シリコン系は塗膜との相性が悪い為、塗料が乗りません。シリコンの上に乗った塗料だけ、パリパリと剥がれてきてしまいます。シーリングを選ばれる場合には種類と色を確認した上で購入しましょう。

目地打替え 目地打替え

目地打替え

目地打替補修は既存のシーリングを剥がします。カッターでそぐように綺麗に落とし、埃やカスが無いように清掃します。プライマーを塗ってシーリングとの密着性をあげたら充填・打設を行っていきます。目地の打替えをすることで雨漏りを起こすリスクは格段に低くなりますが、塗装をしない場合はシーリングが紫外線にさらされることになります。塗膜保護がある場合と比べると大幅に劣化が早くなりますので、近いうちに塗装メンテナンスを行う事をご提案いたします。

 

 

 

 

【工事完了後】

ウレタン塗膜防水

ウレタン塗膜防水完了です。ベランダ防水・目地打替補修をすることで、雨漏りの不安を拭えました。 今後は外壁塗装等でサイディングの表面保護をする必要も出てきますが、まずは雨漏り解消です。 雨漏り・防水工事・塗装工事等に関してお悩みの有る方、ぜひ一度街の屋根やさんにご相談ください。 住宅フルメンテナンスまで責任をもってご提案させて頂きます。

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)散水検査30,000円~(消費税・諸経費別) 雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区鹿浜で雨漏りをしているポリカ波板工場庇屋根をガルバリウム波板に屋根葺き替え工事しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨漏り修理、ガルバリウム鋼板

      清瀬市元町で雨漏りを止めるため瓦屋根の葺き直し工事で下地を直しました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、屋根葺き直し、雨漏り修理

      葛飾区水元で増築した部屋の陸屋根雨漏りをウレタン塗膜防水工事で改修しました

      【施工内容】

      防水工事

      その他の施工事例一覧→

      江東区と近隣地区の施工事例のご紹介

      台東区千束で屋根葺き替え工事、アイジー工業のスーパーガルテクトで施工致しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

      江戸川区篠崎町で鬼瓦の損壊で棟の部分取り直し工事を施工、鬼瓦も漆喰で補強し強風対策を行いました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、棟瓦取り直し 、漆喰取り直し

      江戸川区船堀で雨漏りの発生から天窓を撤去、部分葺き替えと屋根塗装工事を施工致しました

      【施工内容】

      スレート屋根葺き替え工事、屋根塗装、天窓工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

      台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る