無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 目黒区|経年劣化で破損した雨樋の竪樋交換工事

目黒区|経年劣化で破損した雨樋の竪樋交換工事

【施工前】
雨樋補修

【施工後】
雨樋交換工事完了

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


東京都目黒区で雨樋の補修工事を承りました。何度か水があふれるたびにテープで補修をしていたそうですが、そろそろ限界を感じ、新たに交換工事を行います。竪樋の先はタイル床に埋まっていますのでどのように補修を行うのかを紹介していきます。
東京都目黒区で雨樋の補修工事を承りました。何度か水があふれるたびにテープで補修をしていたそうですが、そろそろ限界を感じ、新たに交換工事を行います。竪樋の先はタイル床に埋まっていますのでどのように補修を行うのかを紹介していきます。


担当:富田


【工事内容】
雨樋交換
【工事詳細】
お施主様
F会社様
【工事内容】
雨樋交換
【工事詳細】
お施主様
F会社様
雨樋交換

雨樋補修点検 雨樋,割れ

しばらくこの状態で使い続けていたようですね。青いテープの部分はエルボと呼ばれる接続部分です。1本では成り立ちませんので、経年劣化によって雨樋から雨水があふれ出した場合、エルボのような接続部分が怪しくなります。テープで養生をされていますが、同じように水があふれてしまったのでしょう。

更に根元の部分、なにかがぶつかるには低すぎる印象を持ちますが、大きく凹んでしまっています。流れる雨水量が多い場合、この凹みは滞留させる原因にもなりかねません。ちなみに一般住宅でも駐車場に面している竪樋に車をぶつけ、凹ませてしまったと何度かお問い合わせを頂きます。ぶつけた場合は更に竪樋が動くことによって他の接続部との間に隙間が生じることがありますので一度点検の上、隙間があった場合は早急に対処しましょう。

掴み金具破損 テープ補修

竪樋を固定しているのは掴み金具です。躯体に打ち付け、バンドのように回す金具ですが、劣化によってバンドの固定部が外れてしまっているようです。強風時には竪樋も揺れてしまい、運が悪ければそのまま割れてしまいます。軒樋も受け金具や吊り金具で固定していますが、破損することで勾配が悪くなってしまったり、接続部が広がり漏水、雨樋の破損にも繋がってしまいます。雨樋は形状によって使用する部材も変わりますので破損した部分を雨樋の直径(φ)とメーカーを確認しながら交換工事を行っていきましょう。

掴み金具,破損 竪樋新規

隣にある竪樋ですが、こちらも掴み金具の破損が見られます。更に紫外線によって色が飛んでしまっています。塗装施工も可能ですが、隣の竪樋の補修工事と合わせ部材ごと取り替えていきましょう。雨樋は塩ビです。経年劣化をするの?と疑問があると思いますが、経年によって表面が剥がれたり割れやすくなります。築年数を考えながら塗装で見栄えを良くするだけなのか、交換工事で雨樋自体の耐久性を考えるか判断していきましょう。

色を合わせていきたい所ですが、退色した雨樋の色に合わせるのは不可能ですので、見栄えは変わりますが新規のグレー竪樋を使用していきます。

新規竪樋,接着剤 竪樋交換,接続

まず既存の竪樋の撤去、塩ビは簡単に切れます。これがガルバリウム鋼板や銅板の場合、切断だけでも難しくなりますのでDIYの感覚で行うと大変です。雨樋は若干長めにカットし、エルボの角度接続も含め微調整をしていきます。短い樋の接続の場合は揺れや竪樋の下がりもしなくていいので、なるべく外れないように雨樋用の接着剤を付けていきます。既存の集水桝と接合し、掴み金具を新規に取替え完了です。

竪樋,埋設管 エルボ

こちらも根元から新規の竪樋を伸ばしていき、上側も接続し下に向かって伸ばします。この時にはまだ両方を長めにカットしておきますが、エルボの取付場所を考え切断します。これは排水と竪樋の場所が違う為エルボを必要としますが、雨樋に接合部を持たせないのが理想的な形です。どうしても接続部の方が隙間のリスクも破損の可能性も高くなります。1本の樋の部分的交換も途中でカットし、接続部品を使い継ぎ足しすることは可能です。建築段階でなるべくシンプルにまっすぐ取り付けられるようにするのも住宅に費用をかけない工夫です。

接続,雨樋 竪樋,接続,掴み金具

雨水は当然上から下に向かって流れます。重力に逆らわないように、長さを決めていきます。エルボを接着剤を使用しながら取付けます。新規掴み金具での固定をし、工事は完了となります。

長い範囲での雨樋の設置の場合、接着剤等での接着は好ましくありません。揺れに応じて収縮が出来ずに割れてしまう恐れもあります。また、樋は製品によって既に廃盤になっている製品もあります。少しの交換のつもりが合う雨樋が無い為に全交換を余儀なくされるという事もありますので、一度ご確認の上、交換工事を行っていきましょう!

このページに関連するコンテンツをご紹介

雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください

雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください

 戸建てやマンション、ビルなどどんな建物にも必ず取り付けられている雨樋(あまどい)。ほとんどの方が雨樋という名前やお住まいに取り付けられているどの部分が雨樋なのかきっと知っていらっしゃいますよね。 ただ「雨樋がなかったらどうなるんだろう?」と考えたことってありますか?あまりに当たり前のように取り付けられているためその役割や必要性を考えたこともなかったという方が多いのではないのでしょうか。雨水を集め、…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

江戸川区一之江で箱樋の破風板が腐食してしまうのを防止するために箱樋をふさいで雨樋を外吊りで新設しました

【施工内容】

破風板板金巻き工事、雨樋交換、ガルバリウム鋼板、その他の工事

杉並区阿佐谷南で傷んだ半月型の雨樋を水が溢れにくい角型のものに交換しました

【施工内容】

雨樋交換

江戸川区松江で令和元年房総半島台風で棟板金を破損したコロニアル屋根を火災保険で復旧、屋根塗装も実施

【施工内容】

棟板金交換、雨樋交換、屋根塗装

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る