無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 杉並区上萩にて穴の開いてしまった塩ビ波板を火災保険を使用して.....

杉並区上萩にて穴の開いてしまった塩ビ波板を火災保険を使用してポリカーボネート波板に交換いたしました

【施工前】
割れてしまってしまった波板

【施工後】
ポリカーボネート波板に交換

【お問い合わせのきっかけ】


担当:木下


 杉並区上萩にお住いのI様より風の強い日に波板がバタバタと音を立てているので交換をしたいというご依頼を頂きまして調査したことがきっかけでした。

 調査してみると、波板に穴が開いてしまっておりましたし、端の方の留め具が割れてしまっていて、それが原因で波板がバタついている状態でした。調査を行った日の直近で風の強い日があり、それを境にバタつくようになったとのことでした。当初お客様としては工事にあまり金額をかけたくないとおっしゃておりましたので火災保険の申請をオススメいたしました。

 今回のような場合火災保険の申請を行うことができます。このケースでは風災による被害に該当致します。風災として認定されるものはただ風が強いというわけでなく一定の基準が設けられています。風災の場合風速20m/s以上の風が観測されている必要があります。気象庁のデータベースから過去の気象データを閲覧できるので確認したところ3月初旬に最大瞬間風速20m/sを超える風速が観測されておりました。バタつき始めた時期とも重なっておりましたので火災保険の申請を行うこととなりました。

 結果として火災保険の申請が通り、保険金が支払われたのでお客様のご負担も少なく済みました。ただし火災保険の申請をしたからと言って100%おりるという訳ではありませんのであらかじめお含みおきいただけますと幸いです。
 杉並区上萩にお住いのI様より風の強い日に波板がバタバタと音を立てているので交換をしたいというご依頼を頂きまして調査したことがきっかけでした。

 調査してみると、波板に穴が開いてしまっておりましたし、端の方の留め具が割れてしまっていて、それが原因で波板がバタついている状態でした。調査を行った日の直近で風の強い日があり、それを境にバタつくようになったとのことでした。当初お客様としては工事にあまり金額をかけたくないとおっしゃておりましたので火災保険の申請をオススメいたしました。

 今回のような場合火災保険の申請を行うことができます。このケースでは風災による被害に該当致します。風災として認定されるものはただ風が強いというわけでなく一定の基準が設けられています。風災の場合風速20m/s以上の風が観測されている必要があります。気象庁のデータベースから過去の気象データを閲覧できるので確認したところ3月初旬に最大瞬間風速20m/sを超える風速が観測されておりました。バタつき始めた時期とも重なっておりましたので火災保険の申請を行うこととなりました。

 結果として火災保険の申請が通り、保険金が支払われたのでお客様のご負担も少なく済みました。ただし火災保険の申請をしたからと言って100%おりるという訳ではありませんのであらかじめお含みおきいただけますと幸いです。


担当:木下


【工事内容】
その他の工事 波板交換工事
【工事詳細】
使用材料
ポリカーボネート波板
施工期間
3日間
築年数
30年以上
平米数
6.5㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
I様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
保証はお付けしておりません
【工事内容】
その他の工事 波板交換工事
【工事詳細】
使用材料
ポリカーボネート波板
施工期間
3日間
築年数
30年以上
平米数
6.5㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
I様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
保証はお付けしておりません

 杉並区上萩にて波板の交換工事を行いましたので作業の流れをご紹介いたします。
お問い合わせのきっかけは3月の強風で波板がバタつくようになったので交換をしたいということでした。当初お客様のご希望としてはあまり予算をかけたくないというもので、なんとか足場なしでできないかというものでした。しかし、波板の交換を行う場合最後の一枚を施工するときにはバルコニーの外に身を乗り出して施工する必要あります。建物の構造によっては可能な場合もありますが基本的には足場の仮設をお願いしております。

原因が自然災害の場合、火災保険の申請を行うことができることがあります

 今回調査させていただいたとき、お客様は火災保険の使用を考えていらっしゃいませんでした。火災保険というと火災の場合の被害しか対象にならないと思っていらっしゃる方が多くいらっしゃいますが、自然災害(風災、雪災、雹災等)による被害でも申請をすることができます。

 また、それぞれ申請を行う条件は決まっているもののそれをクリアさえしていれば申請を行うことができます。今回のケースのような場合は風災による被害にあたりますが、申請の条件として風速20m/s以上の風による被害であること(3年以内の被災)と、復旧工事にかかる金額が20万円以上のものになります。基本的には火災保険の対象になるのは3年以内の被災によるものという決まりがあります。被災した際に放置してしまうと申請可能な期間を過ぎてしまうことになりますのでご注意ください。

 ここで注意しなければならないのは火災保険の対象になるのはあくまでも復旧工事であるということです。例えば棟板金が飛散したからと言って屋根の葺き替え工事で申請するということはできません。火災保険がおりるから屋根の工事をしましょうというトークにはご注意ください。

 また、金額についてですが、小規模な工事を行う際は一面のみの足場を架けさせていただく場合があります。その足場の金額でもそれなりになりますので、よっぽどのことがない限りは20万円を下回るようなことにはならないかと思います。

バタつきの原因 この部分がバタついておりました

 波板などは下から吹きつける風には弱い傾向にあります。更に塩化ビニルの波板でしたので経年劣化で割れやすくなっておりましたのでそこに強風が重なり割れ等が生じてしまったのだと思われます。

 塩化ビニルは紫外線に弱いのでだんだんと劣化していき、変色、硬化していきます。柔軟性を失ったものは少しの衝撃で割れるようになってしまいます。多くの場合波板の交換を行う場合はポリカーボネート製の波板への交換をお勧めしております。

 ポリカーボネートは熱可逆性プラスチックの一種で衝撃に強いので、波板やカーポートのパネルなどによく使用されております。また、価格も波板よりは若干上がる程度なのでオススメできるものになります。

 火災保険も無事に申請が通り、お客様のご負担も少なく工事を行うこととなりました。

割れてしまった波板

波板の交換の様子

 まずは既存の波板を撤去していきます。劣化して割れやすくなっておりますので取り外す際も気を付けなければ落下してしまう恐れがあります。

波板を撤去いたしました 高所作業にはほとんどの場合足場が必要になります

 今回は住友ベークライトのポリカーボネート波板(ブロンズ熱線カット)を使用しました。普通のものに比べて熱線をカットしてくれますので若干ですが日差しによる暑さの軽減が期待できます。波板の色を濃くすればその分日差しの遮断性能が上がっていきます。屋根の塗装のように透過性のないものでしたら白などの色の方が暑さ軽減できますが、透過性のある者の場合はより色の濃い方が遮光性に優れております。

住友ベークライトのポリカーボネート波板 カットする幅を決めていきます

 同じようなフレームでも軒の出や幅などが異なりますので波板は基本的に決まった大きさのものを発注し、その場でサイズを調整していきます。

長さと幅を調整していきます

 サイズの調整を終えたら続いてフックの取り付けに入ります。穴をあけてフックを取り付けていくのでそれほど時間はかかりませんのでさくさく進めていきます。

穴をあけていきます フックを取り付けていきます

 すべての波板を固定し終わりましたら完成です。

完成 綺麗に納まりました

 以前のものに比べてかなり色が落ち着いていい仕上がりになりました。お客様からもきれいに仕上げてくれてよかったとおっしゃっていただきました。

しっかり固定されています

 私達、街の屋根やさんでは新型コロナウイルス感染防止対策としてマスクの着用を徹底しております。また調査の際にも手指のアルコール消毒やソーシャルディスタンスの遵守を行い、感染リスクの低減に努めております。火災保険申請をしたいけどできるかわからないという方も点検・お見積りまで無料で行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

【最新版】火災保険が適用される屋根工事

【最新版】火災保険が適用される屋根工事

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか?  特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規…続きを読む
ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

 ベランダやバルコニーで必要なメンテナンスと言えば、「防水工事」だけてなく「ポリカの屋根」のお手入れです。夏の暑さが気になる方には遮熱の防水工事もありますし、窓ガラスの断熱化でも対処できます。窓ガラスの断熱化で紫外線をカットするものを使えば夏の夜に寄ってくる虫も少なくなります。 【動画で確認「ベコ…続きを読む
プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

 屋根リフォームの主な目的は、雨漏りの防止や安全対策です。頻繁におこなう必要はありませんが、定期的に屋根の状況をチェックして、必要があれば補修や清掃、塗り直しをおこなうことで、屋根そのものの寿命を延ばすことができます。春の大風や夏場の暑い日差しに台風、冬の積雪などで屋根は徐々に痛んできています。「う…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

小平市花小金井にて破損した塩ビの波板をポリカーボネートの波板に交換いたしました

【施工内容】

その他の工事

東京都東大和市清水で地震でクラックが入った基礎の補修工事

【施工内容】

その他の工事

文京区本駒込で雨漏りの原因となっていた階段踊り場をタキステップとタキストロンで改修しました

【施工内容】

雨漏り修理、その他の工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る