無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 府中市北山町にてスレートからスーパーガルテクトへの葺き替え工.....

府中市北山町にてスレートからスーパーガルテクトへの葺き替え工事を行いました

【施工前】
施工前(コロニアルNEO)

【施工後】
施工後(スーパーガルテクト)

【お問い合わせのきっかけ】


担当:木下


 府中市北山町にお住いのN様より、屋根のメンテナンス行いたいので調査してほしいとのご依頼いただきましたのがきっかけでした。使用されておりましたのはコロニアルNEOというスレートで2001年より旧クボタ(現ケイミュー)より製造・販売されていたものです。このスレートの大きな特徴はノンアスベストのスレートということにあります。販売当初、建材へのアスベストの含有が規制され始めていたころで、このコロニアルNEOもノンアスベストのスレート先駆けとして製造されました。使用され始めたころは問題のないように見えたのですが、10年程経過したのちにひび割れや欠けが多く発生しているという報告が相次ぎました。そういった経緯から現在では取り扱いがなくなっております。しかしながら廃盤になるまでの間に多くのお宅で使用されておりましたので、現在でも屋根材にコロニアルNEOが使用されているお宅を拝見することがあります。コロニアルNEOはその特徴から塗装によるメンテナンスをオススメできません。屋根材自体が自壊してしまいますので、表面を塗装したところで意味をなさないのです。

 現地調査を行う前にお客様にお話を伺ったときには屋根のカバー工法をご検討中でした。しかし、今回の屋根がノンアスベストのスレートだったこともあったので葺き替え工事の際の屋根材の処分費がそれほどかからないこと、野地板の増し張りを行うので屋根の強度を増すことができることをご説明させていただき、屋根の葺き替えとカバー工法の2パターンのお見積りを作成させていただきました。お客様にそれぞれを比較しご検討いただきまして今回は屋根の葺き替え工事を行うことになりました。

 今回使用しました屋根材はアイジー工業のスーパーガルテクト(Sシェイドモスグリーン)です。断熱材が屋根材の裏につけられておりますので金属屋根特有の暑さを感じにくい設計になっております。重さも1㎡あたり5kg程度なので既存のスレートの4分の1程度になります。屋根が軽くなることで耐震性の向上も望めますので今のお家に長くお住いになりたいという方にはオススメの屋根材です。

 工事は天候を見ながら進めていきましたが、職人さんが手際よく進めてくれたので順調に仕上がっていきました。お客さまも雨を気になされておりましたので早く終わってよかったです。
 府中市北山町にお住いのN様より、屋根のメンテナンス行いたいので調査してほしいとのご依頼いただきましたのがきっかけでした。使用されておりましたのはコロニアルNEOというスレートで2001年より旧クボタ(現ケイミュー)より製造・販売されていたものです。このスレートの大きな特徴はノンアスベストのスレートということにあります。販売当初、建材へのアスベストの含有が規制され始めていたころで、このコロニアルNEOもノンアスベストのスレート先駆けとして製造されました。使用され始めたころは問題のないように見えたのですが、10年程経過したのちにひび割れや欠けが多く発生しているという報告が相次ぎました。そういった経緯から現在では取り扱いがなくなっております。しかしながら廃盤になるまでの間に多くのお宅で使用されておりましたので、現在でも屋根材にコロニアルNEOが使用されているお宅を拝見することがあります。コロニアルNEOはその特徴から塗装によるメンテナンスをオススメできません。屋根材自体が自壊してしまいますので、表面を塗装したところで意味をなさないのです。

 現地調査を行う前にお客様にお話を伺ったときには屋根のカバー工法をご検討中でした。しかし、今回の屋根がノンアスベストのスレートだったこともあったので葺き替え工事の際の屋根材の処分費がそれほどかからないこと、野地板の増し張りを行うので屋根の強度を増すことができることをご説明させていただき、屋根の葺き替えとカバー工法の2パターンのお見積りを作成させていただきました。お客様にそれぞれを比較しご検討いただきまして今回は屋根の葺き替え工事を行うことになりました。

 今回使用しました屋根材はアイジー工業のスーパーガルテクト(Sシェイドモスグリーン)です。断熱材が屋根材の裏につけられておりますので金属屋根特有の暑さを感じにくい設計になっております。重さも1㎡あたり5kg程度なので既存のスレートの4分の1程度になります。屋根が軽くなることで耐震性の向上も望めますので今のお家に長くお住いになりたいという方にはオススメの屋根材です。

 工事は天候を見ながら進めていきましたが、職人さんが手際よく進めてくれたので順調に仕上がっていきました。お客さまも雨を気になされておりましたので早く終わってよかったです。


担当:木下


【工事内容】
スレート屋根工事 屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト(Sシェイドモスグリーン)
施工期間
10日間
築年数
18年
平米数
85㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
N様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年間
【工事内容】
スレート屋根工事 屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト(Sシェイドモスグリーン)
施工期間
10日間
築年数
18年
平米数
85㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
N様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年間
屋根葺き替え

コロニアルNEOが使用されておりました

 府中市北山町にお住いのN様邸にて屋根の葺き替え工事が終了いたしましたのでその様子をご紹介いたします。まずは点検の際なのですが、通りがかりの業者から屋根のカバー工法を勧められたが心配なので一度見て欲しいとのご依頼をいただきまして調査を行いました。

 屋根材にはコロニアルNEOが使用されており、塗膜も劣化が見られておりました。コロニアルNEOとは旧クボタが2001年から製造販売していたノンアスベストのスレートで問題を抱えたものの一つです。製造技術が拙い時期に製造されたために耐久性に大きな問題があります。10年程経過するとひび割れや欠けが生じてしまいます。ですので塗装によるメンテナンスはオススメできません。

苔の発生が目立っていました 下屋の屋根材も劣化しておりました

 当初お客様は屋根のカバー工法を検討なされておりましたが、ノンアスベストのスレートであるので葺き替え工事を行った際の処分費がそれほど高額にならないこと、野地板の増し張りを行うので屋根の強度を増すことができることのご説明をさせていただいたところ、金属屋根への屋根の葺き替え工事を行うことになりました。

 使用しますのはアイジー工業のスーパーガルテクトです。スーパーガルテクトはガルバニウム鋼板で作られた屋根材で金属屋根でも人気の高いものです。特徴的なのは屋根材の裏面に断熱材がついているというところです。この断熱材があることによって金属屋根特有の暑さを軽減できますし、雨音も押さえてくれますので快適にお住いになれるかと思います。重量も1㎡あたり5kg程度と非常に軽量ですので耐震性の向上も期待できます。

ドーマー部横が本来の色との事でした

棟板金撤去~野地板の増し張り作業の様子

 屋根工事の一歩目として既存棟板金の撤去を行っていきます。板金を取り外していくと古くなった貫板が姿を現しました。木材の貫板はスタンダードなものですが経年劣化により腐食してくると釘の抜けや棟板金の浮きが生じてきます。今回は樹脂製の貫板を使用しますので腐食の心配はありません。

棟板金のビスを外していきます 板金を剥がしていきます

貫板の撤去も行っていきます 貫板の撤去終了

 貫板の撤去を行った後は屋根材の撤去を行っていきます。屋根材は薄くて軽そうに見えますが思ったよりも重量があります。苔の生えたスレートは滑りやすくなっているので撤去の際には気を付けなければなりません。

 また、先述の通りコロニアルNEOは非常に脆いので撤去を行っている際も簡単に割れてしまいます。

屋根材を剥がしていきます 割れやすいので気を付けて撤去します

 撤去を進めていくと古い防水紙が見えてきました。使用されていたのは田島ルーフィングのpカラーという防水紙でした。このpカラーは価格重視の防水紙で耐用年数は10年程だと言われております。劣化が大分進んでおりましたのでぴったりとくっついてしまっておりました。

古い防水紙が見えてきました
 
 屋根材を剝がし終えたらトラックに積んでいきます。今回はノンアスベストのものなのでこのように積んでいきますが、アスベスト含有のものの場合は専用の排気袋に詰めなければいけないので大変です。

撤去が終わりました トラックに積んでいきます

 続いて古くなった防水紙を撤去していきます。先ほども申しましたが、しっかりと張り付いてしまっていたのではがせる範囲で剥がすような形になります。

ある程度防水紙を剥がし終えましたら野地板の増し張りを行っていきます。

古い防水紙を撤去していきます 剥がせる範囲で防水紙を剥がし終わりました

 野地板の増し張りは構造用合板を貼り合わせていくのですが屋根の形状によってどうしても大きさが合わない部分が出ていきます。そのようなときはその場で裁断して調整いたします。職人さんはこの作業をテキパキとこなしていきますので見ていてとても気持ち良いです。

野地板の増し張りを行っていきます 大きさの合わないものはその場でカットしていきます

 左の写真のような小さな隙間もぴったり張り合わせを行いました。

隙間のできている状態 ぴったり納まりました

 いよいよ屋根工事の要のルーフィング作業を行ていくのですがその前に今回使用する材料の紹介をいたします。

 まずは防水紙です。防水紙には改質アスファルトルーフィングのMルーフィングを使用しました。期待耐用年数は30年ですので、雨漏りの心配なく長年安心してお住いいただけます。

 続いて貫板です。貫板は樹脂製の貫板タフモックを使用しました。前述のとおり腐食の心配がありませんので釘の抜けなどの心配がなくなります。

改質アスファルトルーフィング 樹脂製貫板

 そして屋根材にはアイジー工業のスーパーガルテクトSシェイドモスグリーンを使用しました。このシェイドモスグリーンは落ち着いた色調の緑色なのでシックな印象の仕上がりになります。

スーパーガルテクト Sシェイドモスグリーン

ルーフィング作業~屋根材葺き作業の様子

 ルーフィングと屋根材葺きの作業は軒先側から進めていきます。といいますのも雨水が流れた時のことを考えた時に、重なっている面が下を向いていれば中に入る心配がありません。ですのでここからの作業は軒先側から仕上げていきます。

ルーフィング作業終了 防水紙は下から葺いていきます

 大屋根が終わりましたら下屋根の方も行いました。下屋の部分は雨押え部がありますのでしっかりと仕上げていきます。

下屋根もしっかりルーフィング作業を行います

 ルーフィング作業を終えたら次はケラバの板金を取り付けていきます。ケラバの板金は水切りを目的として施工されます。屋根材の下に入った水を排出するために取り付けられますので捨て板金ともいわれます。

ケラバ板金の板金を取り付けていきます 屋根材も軒先側から葺いていきます

 ケラバの板金を取り付けた後は屋根材を葺いていきます。屋根材も大きさが決まっておりますのでどうしても長さが合わない部分が出てきます。その際にも現場で裁断して適切な大きさにして施工していきます。金属屋根自体はかなり薄いので加工はしやすいです。

屋根材も裁断して形を合わせていきます 貫板の取り付けを行っていきます

 棟の部分まで屋根材を葺き終えたら最後に棟板金の取り付けを行ってまいります。樹脂製の貫板を貫板を取り付けてから棟板金をかぶせていきます。

樹脂製の貫板 棟板金をかぶせていきます

 棟板金をつけ終わってアンテナを元に戻したら作業終了です。

棟板金の取り付け完了

全工程終了です。

 これですべての工程が終了いたしました。天候を見つつの日程だったのですが職人さんが手際よく進めてくれたので予定通りに進めることができました。屋根の仕上がりも深緑色の映えるシックな仕上がりになっておりお客さまにもきれいになったと言っていただけました。

完成全体

 下屋の部分もきれいに仕上がりました。大屋根に比べて目に入りやすい部分なので綺麗になったのが分かりやすいです。

下屋根完成 雨押え部も施工済みです

完成写真(ドローン)

 私達、街の屋根やさんでは新型コロナウイルス感染防止対策としてマスクの着用を徹底しております。何かお困りごとありましたら安心してご相談ください。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

耐久性・快適性・意匠性が見事にマッチした屋根材の新しいスタンダード ガルバリウム鋼板の屋根材はリフォーム市場においてナンバー1のシェアを誇ります。そもそも、ガルバリウム銅板とは、JIS規格では「溶融55%アルミニウム亜鉛合金めっき鋼板」と定められています。アルミと亜鉛で鉄を守ることで生まれた鋼板です…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

足立区谷中で庇屋根の立ちハゼ葺きの部分葺き替え工事を行いました

【施工内容】

金属屋根工事、屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板

調布市佐須町で雨漏りしているスレート屋根をスーパーガルテクトでカバー工事しました

【施工内容】

金属屋根工事、屋根葺き替え、雨漏り修理

練馬区高野台で雨漏りした瓦屋根を、地震対策もかねてスーパーガルテクトに葺き替え工事します

【施工内容】

瓦屋根工事、金属屋根工事、屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る