無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 調布市飛田給で、雹災害に遭ったバルコニーの波板を火災保険で交.....

調布市飛田給で、雹災害に遭ったバルコニーの波板を火災保険で交換工事しました

【施工前】
骨組みだけのバルコニー

【施工後】
ポリカーボネートの波板で張替完了

【お問い合わせのきっかけ】


担当:高田


 調布市飛田給でバルコニーの波板交換工事を行いました。
 2019年のゴールデンウィークに降った雹によって、波板に穴が開いてしまったバルコニー屋根。応急処置として防水テープで養生をしていましたが、今後また割れてしまったりする心配や、見た目も悪いということでお問合せをいただきました。
 知らない方も多いのですが、火災保険に加入していれば雹災として申請をすることで保険で工事できる場合もございます。今回の被害についても申請を行っていただいたところ、無事に審査を通過して保険で工事ができる運びとなりました。B様は火災保険が利用できるとご存じなかったとのことで、大変喜んでおられました。
 もともとは塩化ビニールにガラスネットが入った波板が使用されていましたが、強度に不安もあるため、丈夫なポリカーボネートの波板で交換交換工事を行いました。透明度も高く、以前よりも日差しが入り込む明るいバルコニーに生まれ変わりました。
 調布市飛田給でバルコニーの波板交換工事を行いました。
 2019年のゴールデンウィークに降った雹によって、波板に穴が開いてしまったバルコニー屋根。応急処置として防水テープで養生をしていましたが、今後また割れてしまったりする心配や、見た目も悪いということでお問合せをいただきました。
 知らない方も多いのですが、火災保険に加入していれば雹災として申請をすることで保険で工事できる場合もございます。今回の被害についても申請を行っていただいたところ、無事に審査を通過して保険で工事ができる運びとなりました。B様は火災保険が利用できるとご存じなかったとのことで、大変喜んでおられました。
 もともとは塩化ビニールにガラスネットが入った波板が使用されていましたが、強度に不安もあるため、丈夫なポリカーボネートの波板で交換交換工事を行いました。透明度も高く、以前よりも日差しが入り込む明るいバルコニーに生まれ変わりました。


担当:高田


【工事内容】
その他の工事 バルコニー波板交換
【工事詳細】
使用材料
住友ベークライト P960-32
施工期間
3日間(足場含む)
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
調布市B様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
【工事内容】
その他の工事 バルコニー波板交換
【工事詳細】
使用材料
住友ベークライト P960-32
施工期間
3日間(足場含む)
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
調布市B様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
足場アイコン雹災害

雹災害によって穴が開いた波板

雹で穴が開いた波板 雹で穴が開いた波板のアップ

雹災害に遭った波板 雹災害に遭った波板のアップ

 2019年のゴールデンウィークに、関東甲信地方で雹が降ったというニュースがありました。東京でも、府中市の方で最大直径3~4cmもの雹が降りました。今回の事例は、その際の雹で被災し、穴が開いてしまった波板の交換工事をご紹介いたします。

 写真を見ていただくと、いたるところに穴が開いてしまった波板に、防水テープを貼って補強している状態がわかります。もともと取り付けられていた波板は塩化ビニールにガラスネットが入った波板で、塩化ビニールのみのものと比べれば強度がありますが、現在主流のポリカーボネートのものと比べると、経年劣化でひびや割れが生じやすいものです。B様は応急処置として防水テープを貼って凌いでいましたが、再び割れてしまうことや見た目を気にされて今回ご依頼をくださったとのことです。

 経年劣化による割れであれば基本的に工事費用は自己負担となりますが、雹による災害となれば話が変わってきます。もし火災保険にご加入されていれば、火災保険の雹害として申請できる可能性が高くなります。火災保険と聞くと火事による被害への保険というイメージが先行しがちですが、風災や雪害といったような自然災害を広くカバーしているケースが多くなっています。そのため、自然災害による被害でご自宅が被害に遭われた場合は、まず加入の保険会社に問い合わせて保険の対象となるか確認することをおススメいたします。
今回のB様邸の波板も申請したところ承認が下り、火災保険を使って工事ができるようになりました。B様は今回の件で火災保険が使えるとは全く思っていなかったとのことで、大変お喜びでした。

波板を撤去して工事開始

波板撤去後の骨組み

 既存の波板を撤去して、バルコニー屋根を骨組みだけにします。撤去のみであればバルコニーの中から作業が可能ですが、バルコニーの形状によっては取り付け作業に足場が必要となる場合があります。今回の現場は足場が必要な造りであったため、足場を設置しての作業です。足場の設置が必要かどうかの判断基準は、最後に設置する波板の取り付けがバルコニーの中からできるかどうかです。写真を見ていただくと、写真奥側の方であれば、バルコニーの中から脚立で作業ができそうです。そのまま施工を進めて写真の手前まで来たときに、体がバルコニーの外に出てしまいます。外に出た状態では作業ができないため、最後の波板を設置するためだけではございますが、足場を設置して安全に作業を行う必要があるのです。火災保険が適応できる場合、作業に必要な内容として足場の設置も保険の対象となりますのでご安心ください。

使う材料の紹介

シーリング 住友ベークライトの波板

 今回の波板は、波板をフックボルトという金具でバルコニー屋根の骨組みに固定していく造りのものでした。必要な材料はフックボルトと波板ですが、もとの波板が建物の外壁との設置部分でシーリング処理されていたため、同様の施工とするためにシーリング材も準備しました。フックボルトは簡単な造りをしていますが、長さの種類が非常にたくさんあるため、施工する場所に合わせて準備する必要があります。もともとは鉄製のフックボルトが使われていましたが、鉄は雨水などの影響で錆びてしまうため、今回はステンレス製のものを使って耐久性を持たせます。また、波板は現在主流のポリカーボネートのものとし、以前の塩化ビニール製のものよりもより長持ちさせるようにします。

波板をその場で加工して設置していく

カット前のポリカ ポリカをカット

 事前に波板の必要な長さは測定していますが、万が一の時のために波板は少し長めの大きさで準備します。現地で改めて採寸を行い、ちょうどよい長さになるように加工していきます。ポリカーボネートの波板は、このようにすぐに長さ調節などの加工ができる点もメリットです。

波板に穴を開ける 波板に開いた穴

 位置が定まったら電動ドライバーで波板に穴を開けます。この穴に、先ほどのフックボルトを通していきます。間違った場所に開けないように、慎重に位置を選びながら開けていきます。

手でフックボルトを取り付け ハンマーでフックボルトを奥へ入れ込む

 穴あけが終了したらフックボルトを差し込みます。穴の大きさをフックボルトの直径になるべく合うように開けているため、差し込みにくい場合はハンマーなども使って奥に差し込みます。波板に当たったら割れてしまうのではと心配な方もいらっしゃるかもしれませんが、ポリカーボネートは非常に丈夫で、防弾チョッキなどにも使われている素材です。ちょっとやそっとでは割れないため、また雹が降ったとしてももう安心です。

フックボルトを固定 締まったフックボルト

 フックの部分を金具に引っかかるように取り付けて、仕上げに電動ドライバーでフックボルト上部のボルトを締めて固定完了です。締めすぎると波板に負担がかかってしまうため、絶妙な締め具合も職人の技と言えます。

波板と外壁の接地部分をシーリングで防水加工

シーリング加工 コーキング処理

 波板と外壁が接地する部分を、シーリング材で埋めていきます。この作業は現場によって行わない場合もありますが、もともとの波板が同様の加工をしているものであったため、元の状態に合わせて加工することにしました。そもそも接地部分が屋根の真下にあるので、通常の雨などではこの部分に水が入ってくることはないのですが、念のための施工です。あまり目に付く部分ではありませんが、見た目が悪くならないようにしっかりとテープで養生して丁寧に作業します。

波板交換完了

波板交換完了

波板交換完了2 波板交換完了3

 先ほどの作業を繰り返し行うことで、波板の交換が完了しました。仕上げに周辺の掃除をして作業終了です。一つ一つの作業は簡単なように見えますが、取り付けられたフックの数の分だけ先ほどの作業を反復して行っていると考えると、なかなか大変な作業です。もともとの波板よりも透明度の高い波板にすることで、バルコニーに差す日差しがより明るくなりました。また、頑丈なポリカーボネートの波板にしたことで、当分は波板が割れてしまう心配もなくなりました。

 私たち街の屋根やさんでは、感染拡大中の新型コロナウィルスへの対策も行っております。ご安心してお問合せいただければ幸いです。

このページに関連するコンテンツをご紹介

【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事

【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか?特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規模の大きさなどがメディア…続きを読む
東京の雹災害、火災保険で修理します

東京の雹災害、火災保険で修理します

雹によって屋根や外壁が壊れてしまった! 傷がついてしまった!! 凹んでしまった!!! 大事なお家の一大事、火災保険で直せます2017年7月25日更新2017年7月18日、東京23区内から首都圏周辺にかけて雹が降りました。降雹があった地域のお家は被害がないように見えても、ダメージを受けている可能性があ…続きを読む
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      世田谷区深沢で雨水でボロボロになった階段をタキステップで仕上げます

      【施工内容】

      その他の工事

      新宿区新宿で劣化したアクリル板の屋根をポリカーボネートに交換しました

      【施工内容】

      その他の工事

      足立区南花畑で令和元年東日本台風のご被害により波板屋根が損壊、火災保険を使用しての修繕工事となります

      【施工内容】

      その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      調布市と近隣地区の施工事例のご紹介

      府中市矢崎町で穴の空いた銅製雨樋を交換いたしました

      【施工内容】

      雨樋交換

      調布市西つつじケ丘で剥がれてしまった軒天の補修工事をいたしました

      【施工内容】

      破風板・軒天部分補修

      調布市国領町で倉庫の大型雨樋を高所作業車を使用して交換工事をおこないました

      【施工内容】

      雨樋交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る