無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 中央区勝どきでウレタン塗膜防水を密着工法から通気緩衝工法へ変.....

中央区勝どきでウレタン塗膜防水を密着工法から通気緩衝工法へ変更

【施工前】
雨漏りしていたウレタン防水の陸屋根

【施工後】
通気緩衝工法となったウレタン防水の陸屋根

【お問い合わせのきっかけ】
「室内に雨漏りがあるのでなるべく早く対応してほしい」と中央区勝どきのお客様からご相談を承りました。中央区にお住まいのお客様から聞いたところでは「築40年以上で、おそらくヘーベルハウス、陸屋根で何回かはメンテナンスしているものの、屋根の上は全く見たことがないので、どのようになっているか分からない」とのことでした。点検の結果、お客様のおっしゃるヘーベルハウスで、何回かウレタン塗膜防水でメンテナンスが行われたようです。雨漏りしているということなので、今回の防水工事は密着工法ではなく、通気緩衝工法のウレタン塗膜防水を行います。

【工事内容】
雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
使用材料
ダイフレックスDS カラー・ゼロ
施工期間
8日間
築年数
40年
平米数
67.7
お施主様
M様邸
ハウスメーカー
ヘーベルハウス(旭化成ホームズ)
足場アイコン雨漏り修防水工事

【点検の様子】

中央区雨漏りで剥がれた天井クロス 中央区本格的に剥離してきた室内壁

中央区勝どきで室内へ雨漏りしているということです。雨水の浸入経路を明確にするために中央区にお住まいのお客様のお部屋を拝見させてもらいました。天井クロスが剥がれてきており、弛ませて模造紙を貼ったようになっています。お部屋の壁には化粧ベニヤが使われていましたが、その端が剥離してきており、横の柱の高さまで浮いてきていました。柱も変色しています。

 

中央区現在の陸屋根 中央区陸屋根の床面にできたクラック

陸屋根の様子です。表面の褪色や変色はしょうがないにしても、いろいろと不具合が見て取れます。まず、大きなクラックが複数ありました。クラックの両横が黒く変色していることから、ここから雨水が浸入しているのは間違いないでしょう。

 

中央区陸屋根のパラペット上部にできたクラック 中央区ウレタン塗膜防水の剥がれ

あまり高さのないパラペットの上端にもクラックができています。雨水が染みていくには十分な幅です。そして、これまでのウレタン防水のトップコートが剥げている部分が至る所にありました。これ以上、放置しておける状態ではないことは明白です。

 

【施工の様子~通気緩衝工法によるウレタン防水へ】

防水用洗浄剤 防水用洗浄剤で高圧洗浄

まずはこれからウレタン防水を行う部分を綺麗にします。水で洗うと雨漏りしたりといろいろと問題が出てくるため、防水用洗浄剤で高圧洗浄をします。

 

部分補修されたらしい跡 剥がれて旧下地が露出

洗浄後、おかしな部分を発見しました。防水層を部分補修した後の洋です。一部が鋭角に切り取られ、そこに再度、ウレタン防水を行ったようです。引っ張ると剥がれてきました。これから防水層を造るうえで不具合の原因となりかねないので撤去します。

 

JSプレミックス60 樹脂モルタルで下地補修

樹脂モルタルを使って下地調整を行いします。使用したのはJSプレミックス60です。欠損部を補修用のポリマーセメントモルタルで普通の樹脂モルタルですと、厚みを増したりすると、そこからひびが入ったり、割れて欠落してしまうのですが、こちらは60mmまでそれが起こりません。末尾の60という名前はそこからの由来です。

 

オートンQィックシーラント 天端部の補修

パラペット上端のひび割れはオートンQィックシーラントを充填し、補修します。口頭では何と呼んで注文すれば、いいか迷う製品名です。それはともかくオートン社の製品はいずれも高性能ですので、弊社もよくお世話になっております。

 

通気緩衝シート貼り 層間プラスイマーJ

下地補修が終わりましたら、密着性を高めるプライマーを塗布し、通気緩衝シートを敷設していきます。プライマーは層間プライマーJを使用しました。通気緩衝シートは湿気を通すシートで雨漏り後の防水工事によく使用されます。シートに碁盤の目のような模様が印刷されているのはカットする時などの寸法を分かりやすくするためです。

 

改修ドレンの設置 メッシュシートテープで端部を押さえる

排水口に改修ドレンを設置します。すべてが柔らかい鉛でできているために、ゴムハンマーで叩いて下地に密着させることが可能です。改修ドレンを設置が終わりましたら、通気緩衝シートの接合部や端をメッシュシートテープで固定します。ずれを防止して接合部を強化するためです。

 

脱気筒の設置 立ち上がり部用のウレタン防水材

脱気筒を床面の一番高い位置に取り付けます。今回は複数個使用しました。脱気筒の設置が終わりましたら、ウレタン防水材を立ち上がり部に塗布します。ウレタン防水材は立ち上がり部用のものを使用します。

 

立ち上がり部にウレタン防水材を塗布 床面にウレタン防水材を塗布

ここで職人技の出番です。刷毛を右手で持ち、細かい部分を塗布しながら、左手のローラーは広い部分を担当していきます。この技を駆使するととても早く仕上がるわけではありませんが、それなりに時間を短縮できます。ウレタン防水は乾燥時間を長めに取らないといけませんので、作業時間は短い方がいいのです。床面にも塗布していきます。これでウレタン塗膜1層目を形成します。

 

DSカラーゼロ ウレタン防水2層目

今回、使用した防水材はダイフレックス社のDSカラー・ゼロです。ウレタン塗膜防水2層目を立ち上がり部と床面に行いました。塗布後、間もないので平滑に見えませんが、時間が経過し、乾燥すれば平らになります。

 

立ち上がり部にトップコート塗布 平部にトップコート塗布

複層の防水層の形成が終わりましたら、最後にトップコートを塗布します。ウレタン防水は紫外線に非常に弱いのです。その紫外線を遮るためにトップコートは必須です。定期的にトップコートを塗り直すことで、耐用年数を長くすることも可能です。

 

【竣工、通気緩衝工法によるウレタン塗膜防水】

通気緩衝工法によるウレタン塗膜防水、完工

これまでの防水方法もウレタン塗膜防水で、密着工法でした。今回は雨漏りしてしまった後なので、通気緩衝工法を行いました。雨漏り後、密着工法による防水を行うと防水層に膨れが起こるなどの不具合が発生します。通気緩衝工法は溜まっていた湿気を排出できるので、その心配はありません。防水でも2種類の工法があることを覚えておいてください。

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      葛飾区東水元で下屋根の雨押えからの雨漏りが発生した為、特殊形状加工した板金カバーにて解決致しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、ガルバリウム鋼板、その他の工事

      文京区本駒込で屋根の定期点検に伺ったお客様からのご相談、屋上FRPベランダ床にトップコートを施工

      【施工内容】

      屋根補修工事、防水工事

      多摩市和田で雨漏りしている工場の大波スレートを部分補修で低価格で直します

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      中央区と近隣地区の施工事例のご紹介

      墨田区東向島で台風でも安心できる長期メンテナンスフリーの屋根を目指してスーパーガルテクトフッ素を使用した屋根カバー工事を一部火災保険を使用して行いました

      【施工内容】

      屋根補修工事、屋根カバー工事、ガルバリウム鋼板

      江東区新砂の工場にてルーフデッキ500で強風で破損した折板屋根の葺き替え工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、金属屋根工事、金属屋根葺き替え工事、ガルバリウム鋼板

      中央区月島で陸屋根のシート防水を通気緩衝工法のウレタン防水に改修して雨漏り解消

      【施工内容】

      防水工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      台風10号への備え、できていますか

      台風10号への備え、できていますか

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東東京
      〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      ページトップへ戻る