無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 文京区千駄木にて嵌合式屋根材による屋根カバー工法で雹災補修、.....

文京区千駄木にて嵌合式屋根材による屋根カバー工法で雹災補修、断熱ボード「ミラウッディ」を使用

【施工前】
瓦棒の雹痕

【施工後】
スタンビーでの屋根カバー工法

【お問い合わせのきっかけ】


ITS事業部:根本


以前所有されている賃貸物件の補修工事をご依頼いただきましたA様より、今回はご実家の補修工事についてご相談をいただきました。こちらも降雹によって被害が見られるようですので被害の状況をチェックした上で、火災保険を利用しながら補修を行わせていただきました。
以前所有されている賃貸物件の補修工事をご依頼いただきましたA様より、今回はご実家の補修工事についてご相談をいただきました。こちらも降雹によって被害が見られるようですので被害の状況をチェックした上で、火災保険を利用しながら補修を行わせていただきました。


ITS事業部:根本


【工事内容】
屋根補修工事 金属屋根工事 金属屋根補修工事 金属屋根カバー工事 屋根カバー工法
【工事詳細】
使用材料
嵌合式縦葺屋根材スタンビー
【工事内容】
屋根補修工事 金属屋根工事 金属屋根補修工事 金属屋根カバー工事 屋根カバー工法
【工事詳細】
使用材料
嵌合式縦葺屋根材スタンビー
火災保険アイコン雹災害屋根カバー工事

【点検の様子】

瓦棒の雹災 雹痕

ご実家に使用されていたのは瓦棒と呼ばれる縦葺きの屋根材です。ちなみにスレートや瓦は横葺き屋根材に分類されます。縦葺き屋根材は棟から軒から雨水の流れを妨げるものが無いため雨仕舞に優れ、緩勾配屋根に使用することも出来ます。こちらの屋根全体にも降雹により雹痕が残っていました。金属屋根自体は高耐久ですので雹で雨漏りを起こすことは少ないのですが、表面の塗膜が剥がれたり凹んだりといった被害は起きる可能性があります。

錆の発生 塗膜の剥がれ

以前から塗膜の剥がれによって錆が発生してしまっていたのでしょう。劣化の程度はそれほど酷くはありませんが、金属屋根材は錆の進行によって耐久性が著しく低下してしまいます。その為錆が発生する前に塗り替えメンテナンスをし、金属屋根材を保護しなければなりません。

他部分にも塗膜の剥がれが見られますので、雹災補修に塗装メンテナンスを行うのも良いでしょう。今回の雹によって破損も見当たりませんので火災保険で申請出来るのは屋根塗装工事ですが、必ずしも屋根塗装をしなければならないという事ではありません。火災保険は自然災害による破損を元通りに補修する為の保険ですが、必ず工事をしなければならないという事ではありませんので、その保険金と自己負担を合わせて別のメンテナンスを行っても、全く補修工事を行わなくても問題はないのです。今回は全体の経年劣化と今後のメンテナンスを視野に入れて補修工事を検討しました。

釘浮き 排水口の詰まり

チェック箇所は屋根材が安全な状態で防水機能を維持できるのかという事です。まず棟板金の固定釘に浮きが見られました。棟板金の下地は木材ですので、雨水や湿気によって腐食してしまうと板金の固定が出来なくなってしまいます。築10年を経過したお住まいでは台風時に飛散することもありますので、塗装の際に棟板金交換も検討していく必要があります。ちなみに瓦棒屋根の場合、芯木と呼ばれる屋根材の凸部も釘で留められておりますので屋根材の固定が充分にされているのかも確認しましょう。

屋根材の周りには箱樋が設置されていましたが、排水口周辺にゴミが詰まり雨水の流れを妨げてしまっていました。雨水の滞留時間が長くなると頑丈な金属系素材だとしても傷んでしまいます。錆が進行し穴あきが発生していれば雨漏りを起こす可能性も充分に考えられますので、定期的な清掃を心がけましょう。

補修工事のご提案

今回は屋根塗装補修で火災保険を申請しました。しかし全体的な経年劣化も見られましたので、火災保険と自己負担を合わせ屋根カバー工法を実施することとなりました。室内を快適にする為に、屋根カバー工法の途中に断熱ボードの敷き込みも行いました。

【スタンビーでの屋根カバー工法】

足場仮設,メッシュシート 芯木取り付け

まずは足場を組み工事の準備を行います。そして新たな屋根材を葺くための下地を作り屋根全体の強度を高めます。瓦棒の芯木部分に木材を取り付け、軒先まで屋根を延長させていきます。

野地板張付 野地板敷設

下地木材の上に野地板を取り付けていきます。ここまで行うと通常の屋根と同じ下地ですが、この上にスレートを葺くことは出来ません。というのもスレート屋根材の場合は最低でも3寸(3/10)以上の勾配が必要になります。しかし瓦棒屋根が使用されているお住まいは1寸(1/10)~3寸(3/10)程度の勾配、つまり通常の屋根材では施工出来ないケースが多いです。このままではスレートや瓦を葺くことは出来ませんので、縦葺き屋根材を使用していく必要があります。

ミラウッディ ヒランビー敷設

雨水の浸入を防ぐ為に防水紙を敷設、更に断熱ボード「ミラウッディ」を敷き込んでいきます。金属屋根は非常に薄く断熱性や遮音性に不安が残ります。現在は断熱材と一体になっている屋根材も存在しますが、瓦棒等にはまだそのような製品がありません。その為、屋根施工とは別に断熱ボードを敷き込む必要があります。ミラウッディはアコーディオン形状で施工も簡単ですし高い遮熱効果に期待が持てます。新たに使用する屋根材は嵌合式縦葺き屋根材のスタンビーです。

ヒランビー設置 雨樋交換

嵌合式は踏むだけで綺麗に収まる屋根材ですが、強風や豪雨、毛細管現象等の雨仕舞に優れたハゼ構造になっています。仕上りは非常にシンプルでスタイリッシュですので、お住まいのデザインを損なうこともありません。

【工事を終えて】

屋根カバー工法完了

最後に貫板と棟板金を取り付け屋根カバー工法は完了です。今回新たな屋根材に変更することで、しばらく釘浮きや塗装メンテナンス等も必要ありません。今後は数年ごとに錆の発生と棟板金の固定確認、15年経過後は塗装の時期を決め塗膜保護を行っていきましょう。火災保険を利用することで自己負担を抑えて補修することも出来ました。

今回の様に火災保険を利用しながら別の補修工事はどのお住まいでも可能です。築年数や経年劣化によっては長期的なメンテナンスを考慮し、屋根カバー工法や葺き替え工事を行った方が良いケースもあります。自然災害に伴い火災保険を利用して補修したい、屋根補修メンテナンスの方法に迷っている、施工費用や方法を知りたい等、屋根工事に関して気になる事がありましたら、お気軽に街の屋根やさんへご相談ください。点検・お見積りは無料にて承っております。

屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?

瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?

 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、そして用いられる屋根材も伝統的な和瓦から最新のハイブリッドのものまで多種多様です。これから屋根の葺き替えやカバー工法…続きを読む
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介

地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介

 スレート屋根への屋根リフォームとして行われる屋根カバー工法。これまでの屋根の上に新しい屋根を被せる工法で、その新しい屋根には金属屋根材が用いられることがほとんどです。 実は金属屋根材以外でも屋根カバー工法は可能ということをご存知ですか。それでも金属屋根材が使われるのには合理的な理由があるのです。 目次【非表示表示】 ・スレート屋根の屋根カバー工法で金属屋根は遠慮したいという方へ …続きを読む
東京の雹災害、火災保険で修理します

東京の雹災害、火災保険で修理します

.youtube2 { position: relative; width: 100%; padding-top: 56.25%; } .youtube2 iframe { position: absolute; top: 0; right: 0; width: 100% !important; height: 100% !important; } …続きを読む
長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング

長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング

 お住まいの中で最も過酷な環境に晒されている部位を問われたら、多くの方が屋根だと答えるでしょう。 高いから強風の影響を受けやすく、寒暖・雨・直射日光といった天候の影響をダイレクトに受ける、本当にとんでもないところです。 寒い地方になれば、降雪や降雹はもちろんのこと、軒に氷柱ができます。積雪の重みにも耐えなければなりません。美観やデザインのことを別にすれば、やはり耐久性があり、耐用年数も長い屋根材を選び…続きを読む
屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介

屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介

 現在の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて、覆うのが屋根カバー工法です。文字通り、屋根を屋根でカバーする工法です。よって、屋根が二重になります。屋根を重ねて葺くので、「重ね葺き」という呼ばれ方もします。 「屋根カバー工法」についての漫画コンテンツはこちら 目次【非表示表示】 ・屋根リフォームをお考えの方へ、屋根カバー工法のメリット4つ ・屋根…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。  また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。 目次【非表示表示】 ・屋根の勾配とデザイン  -屋根の勾配が緩やかだと雨漏りの危険性が高まる  …続きを読む
雪害漫画コンテンツ火災保険漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地から直しました

【施工内容】

屋根補修工事、雨漏り修理

八王子市中野町で強風で落下したモニエル瓦のケラバを修理します

【施工内容】

屋根補修工事、瓦屋根工事

墨田区亀沢で瓦棒屋根のカバー工事、嵌合式のアールロックを使用して施工致しました

【施工内容】

金属屋根カバー工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る