無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 日野市にて雨漏りしていたバルコニーへ下地から改修するウレタン.....

日野市にて雨漏りしていたバルコニーへ下地から改修するウレタン塗膜防水工事

【施工前】
雨漏りの原因となっていたベランダ

【施工後】
防水工事で雨漏り解消

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


約半年前から雨漏りに悩んでいたというN様。ご自分でバルコニーが原因と判断し、排水口の清掃や簡易的な補修を繰り返していたそうですが、よくなったり、悪くなったりで、数週間前からは酷くなってきたそうです。ご自分では対処できないと判断し、弊社へご相談いただきました。
約半年前から雨漏りに悩んでいたというN様。ご自分でバルコニーが原因と判断し、排水口の清掃や簡易的な補修を繰り返していたそうですが、よくなったり、悪くなったりで、数週間前からは酷くなってきたそうです。ご自分では対処できないと判断し、弊社へご相談いただきました。


担当:富田


【工事内容】
雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
施工期間
10日間
築年数
16年
お施主様
N様邸
【工事内容】
雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
施工期間
10日間
築年数
16年
お施主様
N様邸
雨漏り修防水工事

【点検の様子】

雨漏りしているベランダ 立ち上がりの壁との隙間

雨漏りしているというバルコニーです。N様がご自分で簡易的な補修を繰り返していたそうですが、完全に雨漏りが止まることはなかったそうです。立ち上がりの壁との隙間があったりと雨水が入り込みそうなところは複数あります。シート防水がされており、その継ぎ目に段差ができています。段差ができているということは下地に傷みがあるのでしょう。

 

越し壁のクラック ドレン周り

バルコニーの内壁に大きなクラックがあります。補修はされていますが、ここも怪しい箇所です。N様は排水口付近が怪しいと見て、詰まらせないよう、こまめに掃除を繰り返していたそうです。ご覧のとおり、排水口は綺麗でここは問題なさそうです。床面には傷などがないことから、バルコニーとその壁の取り合い部分から雨水が浸入していると判断できます。下地に傷みがあることも確実なので、下地から改修致します。

 

【バルコニーへのウレタン塗膜防水工事】

防水層の撤去 シート防水

下地から改修するので、防水層を撤去していきます。シート防水のシートも剥いでしまいます。その下の木部がかなり湿っていることからかなりの間、雨漏りが続いていたようです。

 

腐食でできた穴 下地からの作り直し

合板も剥がせるところは全て剥がします。やっと水が染みていないところまでたどり着きましたが、腐食でできた穴があいていました。この穴も腐食している部分は全部取り去ります。なお、下地からの作り直しので合板を各サイズに合わせて切り出していきます。

 

新規の下地 下地完成

新規の下地を取り付けていきます。なお、お庭側の床面は勾配が足りておらず、排水不良を起こしかねないので、画像のように木材を入れて加工しました。これで下地は完成です。

 

プライマー塗布 通気緩衝シート敷設

プライマー塗布して、通気緩衝シートを敷設していきます。今回は通気緩衝工法によるウレタン塗膜防水を採用しました。通気緩衝工法は防水層の下に溜まっていた湿気なども脱気筒を通して排出することが可能なので、雨漏りしていた部分に最適の工法となります。

 

脱気塔設置 ドレンの設置

脱気筒の土台を設置します。筒と言いつつ今回はディスク型です。洗濯物などを干す機会の多いバルコニーでは突起物となる筒よりも円盤型の方が邪魔になりませんよね。続いてはドレンを設置します。叩いて下地との隙間ができないように加工します。

 

ウレタン防水立ち上がり部 床面にも塗布

ウレタン樹脂の防水材を塗布していきます。まずは立ち上がりの壁に塗布して、その後、床面に塗布していきます。これを複数回繰り返して、防水層を複層にします。これで浸水しない床面となりました。

トップコート トップコート

続いてはトップコートです。紫外線から保護するために塗布します。トップコートを定期的に塗り替えてあげるだけで、耐用年数が変わってきます。忘れないで行ってあげましょう。

 

脱気塔の取り付け 排水口取り付け

脱気筒の上部を取り付けて、排水口に蓋を取り付けてバルコニーの防水工事は完了です。

 

【バルコニーへのウレタン塗膜防水工事竣工】

ベランダ防水完了

バルコニーへの防水工事が完了しました。見て分かるとおり、バルコニーは四方を壁で囲まれており、水が溜まりやすい構造をしています。雨漏りしはじめると悪化しやすいのです。今回、最初のうちは軽微な雨漏りということで、ご自分で対処しようとした結果、下地から作り直す工事になってしまいました。早めにご相談いただければ、ここまで大掛かりな工事にはならなかったでしょう。どんな場合でも早めの対処の方がひつようは少なくて済みます。

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

 ベランダやバルコニーで必要なメンテナンスと言えば、「防水工事」だけてなく「ポリカの屋根」のお手入れです。夏の暑さが気になる方には遮熱の防水工事もありますし、窓ガラスの断熱化でも対処できます。窓ガラスの断熱化で紫外線をカットするものを使えば夏の夜に寄ってくる虫も少なくなります。ベランダやバルコニー屋…続きを読む
雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区鹿浜で雨漏りをしているポリカ波板工場庇屋根をガルバリウム波板に屋根葺き替え工事しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨漏り修理、ガルバリウム鋼板

      清瀬市元町で雨漏りを止めるため瓦屋根の葺き直し工事で下地を直しました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、屋根葺き直し、雨漏り修理

      葛飾区水元で増築した部屋の陸屋根雨漏りをウレタン塗膜防水工事で改修しました

      【施工内容】

      防水工事

      その他の施工事例一覧→

      日野市と近隣地区の施工事例のご紹介

      立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地から直しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      小平市小川西町で雹(ひょう)の被害を受けたバルコニーの屋根を火災保険で直します

      【施工内容】

      屋根補修工事

      三鷹市新川で樹脂製木材「タフモック」を使用した棟板金交換工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、スレート屋根工事、棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

      台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る