無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 江戸川区|雨漏りが原因!モルタル外壁の落下防止工事

江戸川区|雨漏りが原因!モルタル外壁の落下防止工事

【施工前】
外壁材落下補修工事

【施工後】
ラスカット塗装工事

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


江戸川区の現場です。
モルタル外壁ですが、急に外壁材が落下してしまったという事でお問い合わせを頂きました。
外壁の剥がれの原因は、屋根からの雨漏りによる腐食ですので、屋根の補修が優先にはなります。
しかし、最低限の補修に抑えたい、数年のうちに取り壊すと言った事情がありますので、今回は外壁の倒壊防止の工事を行います。
江戸川区の現場です。
モルタル外壁ですが、急に外壁材が落下してしまったという事でお問い合わせを頂きました。
外壁の剥がれの原因は、屋根からの雨漏りによる腐食ですので、屋根の補修が優先にはなります。
しかし、最低限の補修に抑えたい、数年のうちに取り壊すと言った事情がありますので、今回は外壁の倒壊防止の工事を行います。


担当:渡辺


【工事内容】
雨漏り修理 部分塗装 その他の工事 外壁材張替工事
【工事詳細】
お施主様
A様邸
【工事内容】
雨漏り修理 部分塗装 その他の工事 外壁材張替工事
【工事詳細】
お施主様
A様邸
足場アイコン台風アイコン雨漏り修

【点検の様子】

晴天 外壁落下

市川市の2階建て住宅です。一度お世話になりましたお客様邸で、状態も把握はしておりました。前回は外壁の剥がれもなかったのですが、今回はモルタル外壁がまとめて落下するような事故に繋がってしまいました(右写真)。

軒天 軒天

剥がれる前段階として、モルタルの腐食・吸水は見られますが、剥がれ落ちるまでには至っていません。が、軒天にまで雨染みが残ってしまっています。

モルタルもそうですが下地木材も、吸水することによってボロボロに崩れ落ちてしまいます。この2つの素材が腐食し湖底力を失ったことで飛散に繋がりました。

養生,土嚢 ブルーシート,養生

この部分に関しては雨漏りを起こしていますので、応急措置ではありますがブルーシートで養生をしておきます。今回の外壁材落下の原因は屋根の雨漏りによる内部の腐食です。

本来であれば雨漏りを起こしている屋根の補修ですが、屋根の雨漏り解消には全体工事が必要な為、費用も高額になってしまいます。

数年後に取り壊しをご検討中の様で、今現在住宅の改修に費用をかけたくはなく、ご近隣の方へ迷惑をかけない程度に外壁の補修に当たりたいとのことです。

外壁の腐食が大変目立っていますので、既存の外壁材を剥がし新たに下地組みから補修を行います。

 

【施工の様子】

解体 解体

まず足場を仮設し、既存の外壁材を剥がしていきます。ここで出るゴミ・ガラは全て産業廃棄物です。一般廃棄物の様にお手軽に捨てることはできませんし、処理場が決まっていますので処分費が掛かります。

この場合も素材は分けて廃棄していきます。軒天材もモルタル仕上げですので、外壁・軒天共にまとめて剥がしていきます。

軒天解体 木材腐食

モルタル処分後です。下地木材は雨水を吸い込み黒く変色しています。内部に浸入した雨水は外壁材があるせいで乾かずに木材を濡らした状態にします。カビの発生や白アリを誘引する原因にもなりますので、早めの対処が必要です。

腐食した木材はこの場でまとめて撤去していきます。残したままですと吸い込んだ水分が周りの木材に影響を与えるおそれがあります。

下地 木材

腐食した木材を剥がし、新たに下地組みを行っていきます。木材で下地を組み直し、外壁の下地を作成します。

透湿防水シート ドレン部分

近年の住宅構造は高気密高断熱化の為、室内で発生した湿気が壁体内に滞留し、結露を起こす問題が多くとりあげられています。

滞留する湿気をどうにか逃がす方法として、透湿防水シートを使用するようになりました。通気工法が一般化になっている近年の住宅では透湿防水シートはとても大きな役割を担っています。

壁体内の湿気は通気層を通じて屋外へ、雨水の浸入はしっかりとブロックし、住宅の腐食を防ぎ快適な状態を保ちます。

ドレン接続 ドレン

屋根からの排水はドレンを通して竪樋へと流します。腐食した既存ドレンは撤去、新たに接続をし、雨水は溢れないように処置をします。

ケイカル板 ケイカル板

軒天にはケイカル板を張り付けます。軒天材にも様々な種類があり、最も安価なのはベニヤです。丈夫なGL鋼板、メーカーオリジナルの軒天材と多々ございますが、最もポピュラーでコストパフォーマンスに優れているのはケイカル板です。

耐久性・耐水性・耐火性に優れた不燃材系の素材は、長期的に使用することが出来ますので、ベニヤから張り替える方も増加しています。

ラスカット ラスカット隙間

外壁にはラスカットを張り付けます。通常ラスカットはモルタル塗装の下地で、ラス網の代わりに使用することで工期短縮やコストカットにも繋がる下地材です。また、内装タイルの下地材や漆喰の下地にも使用できる優れものです。

今回は通常塗装の下地材として取り付けますが、ラスカット自体が高い防火性・防水性・強度を兼ね備えています。また、防虫・防腐・防蟻性も高い為、下地材には最適です。

その代わりに定期的な塗装メンテナンスが行わないと、ラスカットの性能自体が発揮されませんので、十分に注意しましょう。

シーリング 打設

張りつけ後の隙間は専用目地材を充填し埋めていきます。サイディングボードもそうですが、外壁材をピッタリと施工するのはほとんど不可能です。仮にピッタリと張り付け施工が出来ても、外壁材同士の動きによって、割れや欠けを引き起こす恐れがあります。

そこであえて目地を設けて、隙間に柔軟性の高いシーリングを打設し防水保護をします。

パーフェクトトップ 軒天塗装

形が出来た所で塗装に入ります。軒天にはケンエースを使用し、表面の保護を行います。軒天は外壁の形状から湿気がこもりやすい場所です。その為、通気性の高い塗料で剥がれにくく施工する必要があります。

軒天専用の塗料をメーカー毎に販売しているのは、軒天の場所や特徴に応じて研究されているのです。

パーフェクトサーフ 中塗り,上塗り

外壁はラスカットにそのまま塗装を行います。下塗りからパーフェクトトップで2回塗りをし仕上げていきます。

今回の工事で屋根に簡易的な雨漏り補修を行っていますが、雨漏りを確実に止める事に集中した施工ではありません。あくまで外壁が倒壊しないように補修を行いました。

お客様の今後の方向性や、ご希望に合わせて補修内容は大きく変わります。

このように考えている、とお客様のご希望をお聞かせください。ご希望を踏まえた上で、可能な補修工事をご提案させて頂きます。

 

 

 

 

江戸川区で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。江戸川区にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する江戸川区特設ページはこちら 雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)散水検査30,000円~(消費税・諸経費別) 雪害漫画コンテンツ台風漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      狛江市中和泉で腐食して雨漏りしているバルコニーの笠木をガルバリウム鋼板へ交換しました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      足立区南花畑で令和元年東日本台風のご被害により波板屋根が損壊、火災保険を使用しての修繕工事となります

      【施工内容】

      その他の工事

      立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地から直しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      江戸川区船堀で雨漏りの発生から天窓を撤去、部分葺き替えと屋根塗装工事を施工致しました

      【施工内容】

      スレート屋根葺き替え工事、屋根塗装、天窓工事

      江戸川区鹿骨でFRP防水ベランダをウレタン塗膜防水通気緩衝工法で再防水工事しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      墨田区亀沢で瓦棒屋根のカバー工事、嵌合式のアールロックを使用して施工致しました

      【施工内容】

      金属屋根カバー工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る