点検・調査・お問い合わせ
無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 台東区|築23年、バルコニーのウレタン防水工事(通気緩衝工法)

台東区|築23年、バルコニーのウレタン防水工事(通気緩衝工法)

【施工前】
ウレタン塗膜防水

【施工後】
ウレタン塗膜防水完了

【お問い合わせのきっかけ】
築23年、台東区の現場です。今までバルコニーのメンテナンスはしたことが無く、ひび割れ等が気になる為、点検・補修のお見積もりをご希望されていました。 防水工事は状態によって施工内容が大きく変わります。 しっかりと点検をした上で補修の方向性を決めていきましょう。

【工事内容】
防水工事
【工事詳細】
使用材料
DSカラー
築年数
築23年
お施主様
U様

【点検の様子】

バルコニー,点検 苔,立上り

バルコニーの様子です。築23年、特に何もしてこなかったという事で、ひび割れが目立っていました。排水溝は苔が発生し、緑に変色していました。苔が発生する原因としてウレタン塗膜が劣化ですでになくなり、下地が水分を含んだ為です。更に陽当たりが悪く、湿気もこもりやすい為、苔が発生する絶好の場所になります。

ドレン苔 下地,ひび割れ

苔の発生があることによって水捌けが悪くなり、更に水気が抜けにくくなります。更に植物の種などがあると防水層から雑草が発生する可能性があります。防水を傷める悪循環が生まれますので、なるべく早急に補修する必要があります。

今の段階で雨漏りを起こしているわけではありませんが、ひび割れは雨水が入り込む恐れがありますので、下地補修をした上で塗膜防水をする必要があります。

バルコニー トップコート,ひび割れ

3階のテラスです。こちらは一度補修をされたようで下地のひび割れ等は見られませんでした。確認したひび割れは表面トップコートの劣化です。トップコートは防水層を表面保護するためのものですので、ヒビが入ったからと言って雨漏りには直結しません。但し、トップコートのヒビかと思いきや、防水層の破断というケースもあります。その場合、時間を置けば置くほどに雨水が入り込む恐れがありますので、心配な場合は一度無料点検をお勧め致します。

ドレン,劣化

ゴミの詰まりはない物の、少しずつ蓄積されてしまいます。定期的な清掃を心がけ、ゴミが詰まり雨水が滞留することのないように対処していきます。今回バルコニーとテラス2箇所を確認しましたが、どちらも状態が大きく違います。バルコニーはウレタン防水が必要ですが、テラスは既に防水補修をし、トップコートのひび割れが気になる程度です。

補修内容がそれぞれ違いますので状態に合わせて補修内容を変更して作業していきます。

【施工の様子】

バルコニー,高圧洗浄 清掃

まずはテラスです。高圧洗浄で表面に付着したゴミを落とし綺麗にしていきます。常日頃から綺麗にしている所でも、埃等のゴミが溜まりやすくなってしまいます。しっかりと表面を綺麗にしない限りは、施工をしても密着性が悪くなってしまいます。

更に洗浄後はしっかりと乾燥させなければなりません。下地が水分を含んでいる場合、塗装をすると内部の水蒸気によって膨れや剥がれが起こる恐れがあります。

 

プライマー プライマー

テラスはトップコートの再施工をしていきます。まずは密着性を高めるためにプライマーを塗布していきます。本来であれば防水施工からやり直すのが好ましいのですが、状態がそれ程ひどくはない為、表面保護の形でトップコートを施工します。

バルコニー,トップコート バルコニートップコート

テラスのトップコート完了です。元々ひび割れがあったところに関しては少し跡が残ってしまいます。また下地のひび割れが悪化するほどに、表面のトップコートにも影響しますので定期的に点検は行っていきましょう。

高圧洗浄 洗浄

続いてはバルコニーの施工です。同様に高圧洗浄で表面を綺麗にしていきますが、防水が劣化していて雨漏りを起こす場合は充分に注意です。場合によっては洗浄をする前に漏水が起きないように処理をする必要が出てくる場合もあります。

樹脂モルタル 乾燥

乾燥後に、樹脂モルタルを全体的に塗布し、下地の不陸を無くします。防水で大事なのは確実な勾配です。勾配が無く水たまりができる状態ですと、部分的に傷みやすく雨漏りが起きやすい状態になってしまいます。その為、必ず排水に水が流れていくように施工をしなければなりません。特に防水は下地の勾配に合わせて施工していきますので、下地の段階で調整を行わなければなりません。

プライマー プライマー

樹脂モルタルが乾燥後はプライマーを塗布していきます。テラスはこの後、トップコートでしたが、今回はウレタン塗膜防水を通気緩衝工法で行います。

ウレタン防水には絶縁工法と密着工法と大きく2つに分かれます。密着工法は工期が比較的早く、コストパフォーマンスに優れています。しかし、下地にしっかりと密着をさせる為、下地の影響をそのまま受けてしまいます。水蒸気によって膨れたり、防水層にヒビが入るなどはこれが原因になります。

対して絶縁工法は下地から防水を浮かせる工法になります。下地から浮かせることによって下地の影響を受けにくい防水にすることが出来ます。

通気緩衝シート 補強布

平場に通気緩衝シートを敷いていきます。これには無数の穴が開いていて、下地に水分が含まれていても水蒸気の逃げ道を確保することが出来ます。立上りにはメッシュシートを張り補強していきます。

このシートを用いることによって下地と防水を絶縁しています。が、だからと言って浮いたり剥がれたりといった事もありませんのでご安心ください。

ドレン取替 改修用ドレン,メッシュシート

排水ドレンには改修用ドレンを取付、内部での雨漏りが起きないように施工していきます。ドレンはしっかりと叩いて下地に合わせますが、その後にメッシュシートで補強とシーリングで隙間からの雨水侵入を防ぎます。

ドレンは一番雨水が流れる場所になります。その為、雨水が別の場所から流れないように、腐食が起きる前に交換する必要性をしっかりと確認し、作業を進めていきましょう。

脱気盤取付 DSカラー

通気緩衝シートとセットで取り付けるのは脱気盤(筒)です。防水施工をした際に、通気緩衝シートのみを施工していては全く意味がありません。水蒸気の出口として脱気盤を取付けていきます。盤状のものと筒状のものがありますが、歩行場所の場合は邪魔にならない脱気盤を使用します。25~50㎡の間隔で1ヶ所ずつ取り付けますので、通常の住宅のバルコニーでは1箇所で充分でしょう。

屋上のような滅多に歩行しない広い面積の場合は脱気筒(50㎡/1ヶ所)を取り付けていくのが経済的ですね。

今回ウレタン塗膜防水にダイフレックスのDSカラーを使用します。

ウレタン防水 ウレタン防水

通気緩衝シートの上にウレタン塗膜防水を伸ばしていきます。この際に立上り、平場の順に、しっかりと重ねながら施工していき、十分に乾燥させ2層塗っていきます。

トップコート

最後に防水層の表面保護の為にトップコートを塗布します。トップコートの寿命はおよそ5年程度と言われています。歩行もするため、ひび割れ等が発生しますが実際の防水には影響ありません。しかし、防水層を守るために定期的なメンテナンスをしていくのが理想的です。

防水の工事をご検討されている方、バルコニーの劣化具合が気になる方は、お気軽に街の屋根やさんへご相談ください。点検・お見積り・ご相談ご質問は無料にて承っております。

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
    1. 街の屋根やさん大田店

      1. 電話 0120-989-936
        1. 〒145-0071
          東京都大田区田園調布1-5-5 1F
      1. お問い合わせはこちらから

        あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

         街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

        このページと共通する工事内容の新着施工事例

        葛飾区|FRP防水層の保護にトップコートを剥がし再施工!

        【施工内容】

        防水工事

        江戸川区|散水試験で雨漏り箇所特定!ウレタン防水工事(絶縁工法)

        【施工内容】

        雨漏り修理、防水工事

        荒川区|ウレタン防水工事(通気緩衝工法)と天窓シーリングで雨漏り解消

        【施工内容】

        防水工事

        その他の施工事例一覧→

        台東区と近隣地区の施工事例のご紹介

        荒川区で雹災と経年劣化で傷んだ鋼板屋根をタフルーフでカバー工事いたしました

        【施工内容】

        金属屋根工事

        千代田区|アパートの屋根カバー工事と雨樋交換

        【施工内容】

        江戸川区|FRP防水ルーフバルコニーの浮きを部分的に切除して補修を実施

        【施工内容】

        その他の施工事例一覧→

        屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

        お問い合わせ・資料請求
        • 屋根リフォームの流れ
        • 徹底したお住まい調査
        • 不安ゼロ宣言
        • 屋根のお役立ち情報
        • 当社のご案内
        • 屋根の資料請求

        点検・調査・お見積もりなど無料で承ります。

        株式会社シェアテック
        街の屋根やさん東東京
        〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階
        TEL :0120-989-936 
        E-mail : info@sharetech.co.jp
        街の屋根やさん東京大田
        〒145-0071 東京都大田区田園調布1-5-5 1F
        TEL :0120-989-936 
        E-mail : info@sharetech.co.jp
        ページトップへ戻る