無題ドキュメント

HOME > ブログ > 武蔵村山市中原で築30年のスレート屋根にはカバー工法をご提案.....

武蔵村山市中原で築30年のスレート屋根にはカバー工法をご提案いたします

更新日:2020年9月5日

一見すると問題ないスレート屋根ですが、詳しく見ていきます

一見すると問題のないスレート屋根

 築30年となり、屋根全体のメンテナンスを考えているので点検をして欲しいとのお声をいただき、現地調査に伺いました。一見すると大きな損傷などはないスレートの屋根ですが、詳しく調査していきます。まずは築年数からの判断ですが、この屋根材にはアスベストが含まれています。建築材へのアスベスト含有が問題視され、含有割合が1%以下に規制されたのが2004年のこと、2006年には0.1%以下にまで規制されました。逆を言えば、それまでに製造された多くの屋根材にはほぼアスベストが含まれているということになります。アスベストと聞くと健康被害のイメージが先行しがちですが、非常に安価で建材をとても頑丈に作ることができる素材として当時は非常に重宝されていました。その証拠に、今回の屋根も築30年が経過してもなおひび割れも無くその姿を保っています。

軒先側には苔が発生しています

スレートの端に生えた苔 軒先に連なる苔

 屋根をよく見ると、スレートの重なり部分に苔が生えている事がわかります。雨樋に一番近い軒先部分では特に顕著で、端から端まで苔がびっしりと生えていました。これは、スレート屋根に施された塗装が劣化したことが原因です。スレートは屋根材として使われていますが、もともと防水性能を持ち合わせていない素材です。スレートに塗装をすることではじめて防水性能をもたせることができます。塗装の耐用年数はおおよそ10年前後と言われており、今回の屋根も9年ほど前に1度塗装のメンテナンスをしたそうですが、やはり10年前後で塗装が劣化したと考えられます。塗装が劣化したスレートは水を吸うようになり、湿った状態が続くことでこのように苔や藻、カビなどが発生してしまうのです。

雨染みもあり、スレートが水を吸っていることがわかります

スレートに生えた苔 スレートの軒先側に雨染み

 遠目から見ると小さな苔やカビは確認しづらいですが、スレートの際を見ると白い線がスレートに沿って真っ直ぐ伸びていることが遠目からでもわかります。雨水は上から下に流れるため、スレートが水を吸うようになった結果、この際のところで雨染みになってしまっているのです。ご自宅の屋根の自己点検でも確認してみてください。

 アスベスト含有の屋根材はとても強く、今回の屋根材も目立った外傷は見られませんでしたが、スレート屋根の下で雨水の侵入を防いでいる防水紙の寿命も20~30年と言われています。表面上問題がなくても、屋根の下は簡単には確認できずメンテナンスもできないため寿命を目安に全体的なメンテナンスを行うことが長持ちの秘訣です。アスベスト含有の屋根材は処分費が高額であるため、今回は既存の屋根の上に新しい屋根を葺くカバー工法でのメンテナンスをオススメいたしました。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウィルスへの対策として訪問の際はマスクの着用や手指の消毒を徹底して行っております。ご安心してお問い合わせいただければ幸いです。

このページに関連するコンテンツをご紹介

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方でも「スレート」と聞けばどんな屋根材かイメージできるという方も多いかもしれません。それほど一般的で大変よく見かける屋根…続きを読む
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介

地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介

 スレート屋根への屋根リフォームとして行われる屋根カバー工法。これまでの屋根の上に新しい屋根を被せる工法で、その新しい屋根には金属屋根材が用いられることがほとんどです。 実は金属屋根材以外でも屋根カバー工法は可能ということをご存知ですか。それでも金属屋根材が使われるのには合理的な理由があるのです。 目次【非表示表示】 ・スレート屋根の屋根カバー工法で金属屋根は遠慮したいという方へ …続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。  また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。 目次【非表示表示】 ・屋根の勾配とデザイン  -屋根の勾配が緩やかだと雨漏りの危険性が高まる  …続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

墨田区墨田にて令和元年房総半島台風の影響で片流れ屋根のスレートが飛散、スーパーガルテクトを使用した屋根カバー工事を実施

【施工内容】

屋根カバー工法

江戸川区東小岩にて令和元年房総半島台風の影響で被害を受けたスレート屋根をスーパーガルテクトで屋根カバー工事

【施工内容】

屋根カバー工法

東大和市新堀で雹(ひょう)の被害を受けたスレート屋根をスーパーガルテクトで屋根カバー工事

【施工内容】

屋根カバー工法

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る