無題ドキュメント

HOME > ブログ > 大田区南馬込で棟板金が風にあおられ剥がれ、火災保険を利用して.....

大田区南馬込で棟板金が風にあおられ剥がれ、火災保険を利用して交換

更新日:2020年4月16日

大田区南馬込のお宅より、屋根の部品が取れそうなので見てほしいというご相談があり伺いました。棟板金(屋根の頂上にある板金部材)が強風にあおられたのか、半分取れかかっています。

剥がれかけた棟板金

棟板金が半分剥がれている

棟板金とは屋根の山部分を覆って守っている部材です。ご覧のように、これが無いと屋根材同士の隙間が丸見えになってしまい、そこから雨が浸入する恐れがあります。棟板金の不具合による雨漏りというのも、実は多いのです。棟板金は釘で留められていますが、経年により緩んで、抜けてしまうこともあります。雨風にさらされ、気温差で板金が伸縮したり、釘が錆びたりというのは避けられない問題です。定期的に点検してお手入れができていれば良いのですが、気づかないまま放置し、そこに強風が吹いて棟板金が剥がれてしまうのも珍しいことではありません。

貫板ごとはがれた棟板金 棟板金が剥がれた跡

棟板金の下には貫板という木製の芯木があり、そこに留められていますが、なんとその貫板ごと外れて浮いていました。そもそもの施工時に貫板の設置が甘かった可能性もあります。棟板金の釘が緩くなり浮いて隙間ができたところに、突風が吹いて貫板ごと攫って行ってしまったのでしょう。

剥がれた棟板金を応急処置 緩んだ釘

このままでは雨漏りも心配ですし、さらに被害が拡がる危険性もあるため、可能な限り貫板と板金を元の位置に戻し固定しました。後日改めて新しい部品と交換いたします。また、その他にも釘が抜けかけている部分や既にない部分もあったので補修致しました。今回は火災保険で修繕費用が補填できると思います。火災保険は実は強風や強雨による被害でも申請できる場合が多いので、自然災害によるお家の被害があった際にはぜひ確認してみてください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事

【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか? 特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は…続きを読む
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃ…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る