無題ドキュメント

HOME > ブログ > 狛江市岩戸南で浮いてしまった屋上のシート防水を直します

狛江市岩戸南で浮いてしまった屋上のシート防水を直します

更新日:2020年2月8日

狛江市岩戸南で劣化した屋上防水の調査をおこないました。屋根ではない平らな面の屋上には防水工事が施工されています。防水層の下の湿気を逃がす通気緩衝工法になっていますが、シート防水があちこちで剥がれてしまい雨水が入ってしまった所もあります。角の所は触るとタプンタプンになっていて、結構な量の雨水が入り込んでいる様です。元々あった屋上防水の上にシート防水が施工されていて、二重の防水構造になっていますので今のところ雨漏りしていないそうですが、下の劣化状況が確認出来ませんので、雨漏りする前に早く直す必要があります。

通気緩衝工法のシート防水

通気緩衝工法のシート防水 あちこちでシートが浮いています

屋上はシート状の防水材が敷かれています。縦に線が見えると思いますがこれはシート防水のジョイントです。シート防水が劣化するとジョイント部分から捲れてしまう事がありますが、今のところその様な劣化はしていません。

排水溝の劣化は大量の雨漏りに繋がります

排水溝の劣化は雨漏りに繋がります 雨水が集まる排水溝の回り

床面に問題はありませんが立上り部分には雨水が入っていました。雨水によって膨らんだ部分は笠木から雨水が入ったと考えられますので、笠木の下の防水をしっかりとおこなう必要があります。

排水溝は雨水を集める部分ですので、ここが劣化していると大量の雨漏りに繋がってしまうので、気を付ける必要があります。排水溝には専用の金物(鋳物)が使われていますが、経年によってサビて壊れてしまう事もあります。排水溝回りは、排水管と金物、防水材の取り合い部分が劣化しやすく、少しでも隙間が空いてしまえば雨水が入り込んでしまうので、雨漏りに直結します。

排水溝の回りの劣化は大量の雨漏りに繋がります

壊れた目皿を外すと排水管と金物の取り合いにコーキングが打ってありました。以前に雨漏りした際に隙間を埋める為に打ったそうです。屋上全体のシート防水は、床面に関しては劣化はしていますがそれ程の傷みではありません。雨水が入った立上りと排水口回りの劣化が大分進んでいますので、今後の事を考えて全体の防水工事をご提案しました。

このページに関連するコンテンツをご紹介

シート防水が施工された屋上(陸屋根)のメンテナンス方法

シート防水が施工された屋上(陸屋根)のメンテナンス方法

 ゴムシート防水で10年~15年程度、塩ビシート防水であれば10年~20年程度の耐用年数が期待でき屋上防水で採用されることも多いシート防水。皆様のご自宅や所有されているマンション・建物の屋上(陸屋根)は前回の防水工事から何年経過されていますか? 普段あまり立ち入らない屋上だからこそ意外と注意が向かず「実は新築から一度もメンテナンスをしてない」「そういえば前回の防水工事から10年以上が経過してしまっている」「屋上…続きを読む
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      江戸川区鹿骨でFRP防水ベランダをウレタン塗膜防水通気緩衝工法で再防水工事しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      江戸川区鹿骨でベランダの下の部屋が雨漏りしているお客様のベランダ防水工事をウレタン塗膜防水通気緩衝工法で行いました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      世田谷区深沢で物置を撤去して雨漏りする前に屋上防水工事を実施しました

      【施工内容】

      防水工事

      その他の施工事例一覧→

      狛江市と近隣地区の施工事例のご紹介

      狛江市中和泉で腐食して雨漏りしているバルコニーの笠木をガルバリウム鋼板へ交換しました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      世田谷区宇奈根にて令和元年東日本台風で剥がれ始めた漆喰の劣化を含め棟瓦取り直し工事で改善

      【施工内容】

      屋根補修工事

      調布市下石原にて火災保険を利用して割れたセメント瓦の差し替えと屋根塗装メンテナンスを実施

      【施工内容】

      屋根塗装

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る