無題ドキュメント

HOME > ブログ > 江戸川区のお隣、市川市河原で三年前に塗装工事を行ったお客様か.....

江戸川区のお隣、市川市河原で三年前に塗装工事を行ったお客様から棟板金修理のご相談を頂きました

更新日:2019年8月10日

三年前に屋根外壁塗装を実施させていただいた、江戸川区のお隣、千葉県市川市のお客様から「昨年の台風のあと、隣の人から棟板金が落ちているのを教えてもらった。火災保険で直せるのか?」というご相談を頂きました。前回の塗装工事の際も、雨どいの不具合があり、それを火災保険で修理したことを覚えていていただいて今回もご連絡をくださったそうです。昨年の台風被害からだいぶ日数が経つのですが、覚えていていただいてご連絡も頂けるのは大変ありがたいです。お客様の屋根は、非常に勾配がきつく上ることが出来ないため被害範囲の想定が難しいところです。

飛散した棟板金の現物

飛散した棟板金

飛ばされてしまった棟板金も最初はお客様の物ではないと思っていたそうです。色などをよく見るとどうやらお客様の棟板金だと気が付いたそうです。

地上から棟板金を確認すると

建物全景 棟板金確認望遠

密集地で屋根が良く見渡せないので気が付かなかったのも無理はありません。カメラを望遠にしてみてみると親棟の板金がなくなり、貫板だけになっているのがわかります。よく見ると棟板金が飛ばされてしまったところに隣接する隅棟の一部も浮いているように見えます。

屋根から棟板金を確認します

棟板金確認左 棟板金確認右側

屋根に梯子を掛けて確認できる部分を左右から見てみました。やはり隅棟の重ね部分は影響を受けているようなので火災保険では親棟と隅棟の半分程度を申請してゆくことになります。もちろん、足場と屋根足場も必要になります。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

墨田区東向島で台風でも安心できる長期メンテナンスフリーの屋根を目指してスーパーガルテクトフッ素を使用した屋根カバー工事を一部火災保険を使用して行いました

【施工内容】

屋根補修工事、屋根カバー工事、ガルバリウム鋼板

文京区本駒込で屋根の定期点検に伺ったお客様からのご相談、屋上FRPベランダ床にトップコートを施工

【施工内容】

屋根補修工事、防水工事

多摩市和田で雨漏りしている工場の大波スレートを部分補修で低価格で直します

【施工内容】

屋根補修工事、雨漏り修理

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

台風10号への備え、できていますか

台風10号への備え、できていますか

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東東京
〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
ページトップへ戻る