無題ドキュメント

HOME > ブログ > 町田市常磐町でスレートが落下した原因は劣化によるヒビ割れでし.....

町田市常磐町でスレートが落下した原因は劣化によるヒビ割れでした

更新日:2019年3月10日

町田市常磐町で屋根の調査をおこないました。スレートの欠片が屋根から落ちてきたそうで、確かに小さな欠片が落ちていました。スレート葺きの屋根のどこが破損して落ちてきたのか、場所と範囲によっては雨漏りの原因になりかねませんので、屋根に上ってどこが破損しているのかを調査していきます。

【どこから落下したスレートなのかを特定します】

落ちて割れてしまいました

屋根から落ちてきたスレートがまとめてありました。小さなかけらが4つ程お庭に落ちていたそうですが、今のところそれ以外の被害は出ていません。築20年で4~5年ほど前に屋根と外壁の塗装工事をおこなったとの事ですが、その時にどの様な状態であったのかも確認する必要があります。

高台なので良い景色です スレート葺きの屋根は塗装してあります

高台の立地なので屋根の上からの景色は最高です。天気が良ければ二階の窓からでも富士山が見えそうです。さて、屋根の状態はというと、4~5年前に塗装工事がおこなったにしては、塗膜の劣化が大分早い様です。

【割れている所を特定します】

反りが出ているスレート屋根 今回落ちてきたのはここです

スレートの表面は塗装工事をおこなった跡がありますが、大分劣化していて気を付けないと滑ってしまう状態にです。全体的に反りが出ているので、調査している段階で割れてしまいそうです。落ちていてお聞きしたお庭の真上の屋根面には、スレートが割れた跡があります。

脱落した部分です

割れて脱落したので昨年の台風の時ということですので、割れた脱落した部分はそれ程酷くなっていませんでした。確かに塗装工事をした境界線がはっきりと残っていますが、原因はスレートの劣化によって反りが出た事だと考えられます。

【塗装工事の時に補修した跡と塗装後に劣化した部分があります】

塗装の時にヒビ割れの補修をおこなっています コーキングでの補修跡

スレートの表面に線がありますが、これは塗装工事前にヒビ割れにコーキングを打った跡です。コーキングの後に塗装工事で塗膜によって保護されていますので、この部分ヒビ割れが広がっていません。しかし、塗装工事後に割れが出た部分はスレートが反ってしまった事が原因になっていました。しかし、塗装工事によって表面の撥水性が回復しているはずですので、反り自体は塗装工事前に出ていたのは間違いなさそうです。町田市常磐町で調査したスレート屋根は、スレート自体の劣化の進行が進んでいますので、築20年を経過している事も考えて、屋根カバー工事が最適なメンテナンス方法です。現在破損したりヒビ割れが出ている部分だけを直すのか全体的に直すのかは、今後の建物の住まい方による部分ですので、ご要望を伺いながら一番良い方法でのご提案をさせていただきます。

屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

多摩市桜ケ丘で表面が劣化したニチハのパミールをスーパーガルテクトで屋根カバー工事

【施工内容】

屋根カバー工事

墨田区東向島で台風でも安心できる長期メンテナンスフリーの屋根を目指してスーパーガルテクトフッ素を使用した屋根カバー工事を一部火災保険を使用して行いました

【施工内容】

屋根補修工事、屋根カバー工事、ガルバリウム鋼板

文京区本駒込で屋根の定期点検に伺ったお客様からのご相談、屋上FRPベランダ床にトップコートを施工

【施工内容】

屋根補修工事、防水工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

台風10号への備え、できていますか

台風10号への備え、できていますか

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東東京
〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
ページトップへ戻る