無題ドキュメント

HOME > ブログ > 八王子市大和田町で、板金が飛散して貫板が露出した棟を直します.....

八王子市大和田町で、板金が飛散して貫板が露出した棟を直します

更新日:2018年12月28日

屋根の不具合は自然災害によるケースが多く、特に風害による非具合や被害は毎年のように起こります。街の屋根やさんでも日頃からたくさんのお悩みやご相談が寄せられます。八王子市大和田町能見台にお住いのY様も台風24号の影響で屋根に不具合が起こったそうです。さっそく調査にお伺いしました。

 

 

【自然災害による棟板金の飛散は特に多いです】

棟板金飛散

八王子市大和田町Y様のお宅は3階建ての建物でしたが、バルコニーが大きく脚立を軒先に架けたうえでも人が上がれるくらいのスペースがありましたので調査を進めることが出来ました。屋根に上がるとすぐに分かるくらいの状態でした。棟に被せられた棟板金が捲れたおり、棟板金を固定するために打ち付けられている貫板が露出している状態でした。八王子市大和田町Y様のお宅は、火災保険にご加入とのことで、今回の台風24号での損害は保険金で直すことが出来ました。

 

【貫板も含めて棟を直します】

板金撤去 貫板撤去

棟板金交換工事は、残っている既存の板金や貫板を全て撤去します。普段から常に外部に晒せれておりますので、板金や貫板を撤去すると吹き溜まったゴミやホコリなどか屋根材の表面に残っておりますので、1度清掃してから新しい材料を取付けていきます。

 

棟板金交換

板金にもいろいろと種類がありますが、耐候性や耐食性に優れたガルバリウム鋼板を使用して直します。新しい貫板を化粧スレートの表面に先に打ち付けます。貫板は左右両側に平行になるように打ち付けます。貫板の取付けが終わると、厚さ0.35mmのガルバリウム鋼板製の棟板金を被せて、側面から内部の貫板に届くようビスを使用して固定します。これで棟が直りました。棟板金は台風や強風で飛ばされやすい部材です。飛ばされた棟板金は、周囲に落下してお隣様や通行人に当たる可能性があります。またそのときには飛ばされていなくても台風や強風を繰り返し受けることで、固定が弱まってしまっていることもよくあります。台風や強風が吹いた際はまず街の屋根やさんに屋根調査を依頼してみて下さい。

 

 

 

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

荒川区東尾久で強風で飛ばされた棟板金の交換に合わせてパラペット笠木の交換も行いました

【施工内容】

棟板金交換、ガルバリウム鋼板

世田谷区弦巻で台風被害に遭った棟板金を火災保険で交換工事しました

【施工内容】

屋根補修工事、棟板金交換、ガルバリウム鋼板

葛飾区堀切で台風被害で破損したコロニアル屋根の棟板金を修理交換しました

【施工内容】

棟板金交換、ガルバリウム鋼板

その他の施工事例一覧→

八王子市と近隣地区の施工事例のご紹介

日野市新井で雨漏りしている平屋の建物はスーパーガルテクトへの葺き替え工事で直します

【施工内容】

屋根葺き替え

町田市西成瀬で強風の被害を受けた瓦屋根をアスファルトシングルへ葺き替え工事

【施工内容】

屋根葺き替え

町田市大蔵町でコロニアルNEOの屋根をエコグラーニでカバー工事しました

【施工内容】

スレート屋根工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る