無題ドキュメント

HOME > ブログ > 府中市で不要となったサイクルポート(自転車置き場)の撤去作業.....

府中市で不要となったサイクルポート(自転車置き場)の撤去作業を行いました

更新日:2018年10月29日

使わなくなったサイクルポートは台風などの二次災害に備えて撤去しておきましょう

本日ご紹介いたしますのは府中市で行ったサイクルポートの撤去です。サイクルポートとは自転車置き場やちょっとした物置に使われるもので、カーポートの小さいものとほぼ同じような作りになっています。支柱は金属で、屋根にはアクリルが使われておりましたがこの度不要となってため撤去することになりました。
使わなくなった設備をそのまま放置することで、台風などの災害時に壊れて飛散し住居を傷めてしまうこのもあります。ですので、できる限り不要な設備は撤去するようにしましょう。

 

使われていた支柱やアクリル板を撤去します

府中市 サイクルポートの撤去 府中市 サイクルポートの解体

左写真がこれから撤去するサイクルポートです。すでに屋根は撤去されていますが、支柱が残っているのでデッドスペースを有効に使うことができません。
まずはボルトで固定されている箇所を外してばらしていきます(右写真)。

 

コンクリートで固定された支柱はカッターで切り外します

府中市 サイクルポートの骨組みを撤去  府中市 サイクルポートの廃材

サイクルポートを撤去する上で、基礎分部に埋め込まれた支柱も綺麗に取り除く必要があります。コンクリートで埋められているので、引き抜くことはできません。ですのでカッターで床面に合わせてカットします(右写真)。
解体したものはトラックに積み込み処分します(左写真)。解体すると以外と部材が多いことに驚きますね。

 

支柱の撤去後の穴はコンクリートで綺麗に埋めておきます

府中市 サイクルポートの骨組み部の穴をコンクリートで埋める

支柱を撤去したところは大きな穴になっているので、コンクリートを埋めて塞ぎ、工事は完了です。
これで今までデッドスペースになっていたところがなくなり広く使うことができるようになりました。
街の屋根やさんでは住居以外にも今回のようなサイクルポートやカーポート、倉庫といった建物の工事も承っております。また、現地調査からお見積りまで無料ですので、撤去せずに放置された建物があるときはお気軽にご連絡ください。
無料点検についてはこちらをご参照ください。ここまでやります無料点検

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

西東京市中町で強風で飛ばされた駐輪場の屋根をポリカーボネートに張替え工事

【施工内容】

江戸川区東小岩で強風被害によりベランダ屋根が損壊、ポリカーボネート製波板の交換工事を施工

【施工内容】

江戸川区鹿骨で令和元年東日本台風のご被害で波板屋根が損壊、火災保険で修繕致しました

【施工内容】

その他の施工事例一覧→

府中市と近隣地区の施工事例のご紹介

調布市佐須町で雨漏りしているスレート屋根をスーパーガルテクトでカバー工事しました

【施工内容】

金属屋根工事

国分寺市東元町で雨漏り修理のため瓦屋根の葺き直し工事と壁の板金張替え工事

【施工内容】

瓦屋根工事

調布市下石原で葺き直し工事で瓦葺きのアパートの雨漏りを止めました

【施工内容】

屋根葺き直し

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る