無題ドキュメント

HOME > ブログ > 江戸川区で排水が上手くいかないアパートの半丸形雨樋調査を行い.....

江戸川区で排水が上手くいかないアパートの半丸形雨樋調査を行いました

更新日:2018年8月19日

江戸川区のアパートオーナー様からのご依頼です。屋根の軒側に付いている半丸形の雨樋が排水不良を起こしている、とのご相談でした。

アパートなどの集合住宅の場合、入居者様はいろいろな方がいらっしゃいます。生活時間帯も様々です。その為、たかが雨樋といえども排水不良による雨水の溢れは騒音問題になりクレームになりかねないのです。

アパートオーナー様としては頭の痛いところでしょう。調査を行って原因と対策を考えていきたいと思います。

江戸川区アパート雨樋不良大001

隣もアパートが建っている立地での雨樋からの水漏れは、該当建物の入居者様だけでなく隣接アパートの入居者様にもご迷惑をかけかねません。悪いことに雨樋から漏れた水が落ちる場所はタイルが貼っておりますので音も気になるでしょう。

 

問題の雨樋は、ナショナル(現パナソニック)のハイ丸100という半丸形の雨樋です。半丸形の形状では最もスタンダードな雨樋で、雨樋の中に薄い鋼板がインサートされています。塩ビだけの物に比べると強度が大幅に上がった、と言う画期的な商品だそうです。1982年からの発売です。この樋も「ナショナル」表記ですのでかなりの年数は経過していると思われます。

ほぼ切妻形状になっている屋根の為、雨樋の両サイドに集水器をつけてある作りになっておりますが、不自然に奥側の雨樋内側が黒く変色しています。これは雨水が上手くながれていないためたまった水に埃が溜まったものと考えられます。

 

雨樋の内側だけでなく、外側にも汚れが目立つのは、この部分から水があふれ出していた可能性が高いです。お隣のアパートの樋と比べても汚れ具合の違いが分かりますね。

一見すると折れたり、歪んだりはしていないようですが、雪などによって雨樋の勾配がおかしくなってしまっているのかもしれません。ただ、立地条件的にこれ以上調査が難しいため、火災保険での修理を申請していきたいと思います。

このページに関連するコンテンツをご紹介

雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください

雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください

@media only screen and (max-width: 767px) {.ykn-check5p {width: 5%;}} 戸建てやマンション、ビルなどどんな建物にも必ず取り付けられている雨樋(あまどい)。ほとんどの方が雨樋という名前やどの部分が雨樋なのかご存じですよね。 ただ「雨樋…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

西東京市中町で強風で飛ばされた駐輪場の屋根をポリカーボネートに張替え工事

【施工内容】

江戸川区東小岩で強風被害によりベランダ屋根が損壊、ポリカーボネート製波板の交換工事を施工

【施工内容】

江戸川区鹿骨で令和元年東日本台風のご被害で波板屋根が損壊、火災保険で修繕致しました

【施工内容】

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る