無題ドキュメント

HOME > ブログ > 東京都北区で漆喰が劣化した棟の取り直し工事

東京都北区で漆喰が劣化した棟の取り直し工事

更新日:2018年7月26日

10年以上経っている場合は漆喰に異常がある可能性があります

本日ご紹介いたしますのは伊勢原市で行った棟取り直し工事の様子です。棟とは屋根の面と面が交わる部分で、そこに使われている瓦に漆喰が詰められているのですが、漆喰は10年以上経ってくると劣化して割れたり剥がれたりします。そのような箇所を放置しておくと水分が入り込んで雨漏りなどを引き起こすことになります。

 

漆喰の割れや剥がれ、変色はメンテナンスのサイン

東京都北区 棟取り直し工事前 東京都北区 漆喰が剥がれている

こちらは点検時の様子です。一見してだいぶ年数が経ってきていることが分かりますが、遠目では問題があるかは分かりにくいです。
地上からでは特に問題に気が付かないと思いますので、屋根の状態は定期的に専門業者に実際に屋根に上って確認してもらうことをお勧めします。
問題の漆喰です(右写真)。ご覧のように漆喰がひび割れています。他の箇所では漆喰が完全に剥がれて中に詰めている土も露出しているので、早めに工事を行う必要があります。

 

棟を解体して作り直す棟取り直し工事

東京都北区 棟取り直し工事 棟を解体 東京都北区 棟取り直し工事 棟解体

棟取り直し工事では一旦棟自体を解体して、使われていた瓦などを再度積み直します。
ですので、瓦は割れたりしないように丁寧に扱い、さらに屋根の上ですので落ちたりしないように安定した所に整理しておきます。(左写真)
漆喰を詰めてその上から半円型の瓦である冠瓦を乗せていきます(右写真)。漆喰には屋根専用の南蛮漆喰「シルガード」というものを使用しています。

東京都北区 棟取り直し工事完了

棟の瓦は銅線を使ってしっかり固定し、漆喰が乾けば工事は完了です。(漆喰工事についてこちら
お住まいにとって、特に屋根のトラブルは著しく建物の寿命を縮める可能性があります。その上見えにくい箇所ということもありますので、長年屋根の状態を確認していない方は弊社の無料点検を是非ご利用ください。

大切なお住まいで長く生活できるためにも、定期的な点検を心がけましょう。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

調布市深大寺元町で崩れ始める前に瓦屋根の棟取り直し工事

【施工内容】

棟瓦取り直し 

豊島区長崎でしっくい面戸が剥がれた5段積み瓦棟を耐震対策にもなる7寸丸に積み替えました

【施工内容】

棟瓦取り直し 

杉並区堀ノ内で歪んでしまった棟瓦をシルガードで取り直し工事いたしました

【施工内容】

棟瓦取り直し 

その他の施工事例一覧→

北区と近隣地区の施工事例のご紹介

足立区谷中で庇屋根の立ちハゼ葺きの部分葺き替え工事を行いました

【施工内容】

金属屋根工事

荒川区東尾久で強風で飛ばされた棟板金の交換に合わせてパラペット笠木の交換も行いました

【施工内容】

棟板金交換

文京区千石で雨漏りが酷くなった築50年のセメントプレス瓦屋根をアスファルトシングルで葺き替え工事しました

【施工内容】

屋根葺き替え

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る