点検・調査・お問い合わせ
無題ドキュメント

HOME > ブログ > 葛飾区で霧除け庇からの雨漏りにお困りのお客様の庇修理を実施

葛飾区で霧除け庇からの雨漏りにお困りのお客様の庇修理を実施

更新日:2017年12月19日

葛飾区のお客様は常時では無いが特有の風向きで雨漏りをしてくる窓廻りにお困りでした。

いつもではないため、どうしようか迷われていたそうです。

窓廻りの雨漏りに限らず、雨漏りは放置することで、周囲をより傷めてしまいます。

はやめはやめの修理にこしたことは有りません。

葛飾区霧除け雨漏り大001

霧除け庇の継ぎ目付近からの浸水の可能性が考えられます。以前からの症状らしく、補修の形跡がありました。庇の勾配もほぼゼロのようなので、雨が溜まってしまうことが考えられます。

下地処理コーキングカット 壁際の劣化

今回の工事は、この庇部分に新たなガルバ鋼板を被せて雨が入らない様にする「カバー工事」です。既存の出っ張りである、シール補修跡などを切除し清掃して下地処理を行います。

壁際の部分は水気が抜けずらくなっていたようで、塗膜、モルタル壁ももろくなっているようでした。

唐草はめ込み 防水シート敷設

新しい庇用の鋼板を被せるために、軒先に唐草という板金を設置していきます。事前に採寸をおこなって、工場で加工してきたものです。その上に防水フェルトを壁際に少し立ち上げる形で敷設します。

 

こちらも事前に採寸して加工した新しい庇の天板を取り付けていきました。今回は真ん中に継ぎ目のない一枚もので施工を行います。こうすることで継ぎ目からの浸水はまず発生いたしません。勾配の少ない屋根で継ぎ目があることが危険なことは、このようなことからもわかりますね。作成した庇天板は約3メートルのものです。

 

最後に、壁際の立上り部分と庇と壁の継ぎ目の部分など、漏水の可能性のある箇所にコーキング処理をおこなって作業終了です。

早目の処置が工事を簡易に済ませる秘訣でもありますので、同じような状況でお悩みのお客様はお気軽に「街の屋根やさん」へご相談ください。

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
    1. 街の屋根やさん大田店

      1. 電話 0120-989-936
        1. 〒145-0071
          東京都大田区田園調布1-5-5 1F
      1. お問い合わせはこちらから

        あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

         街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

        このページと共通する工事内容の新着施工事例

        江戸川区にて台風で破損した棟板金を保険を利用して修理しました

        【施工内容】

        墨田区でウレタン塗膜防水をメンテナンス、遮熱トップコートのエクセルトップ使用

        【施工内容】

        文京区で雹災に有った化粧スレート屋根のカバー工事を行いました

        【施工内容】

        その他の施工事例一覧→

        屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

        お問い合わせ・資料請求
        • 屋根リフォームの流れ
        • 徹底したお住まい調査
        • 不安ゼロ宣

言
        • 屋根のお役立ち情報
        • 当社のご案内
        • 屋根の資料請求

        点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

        株式会社シェアテック
        街の屋根やさん東東京
        〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階
        TEL :0120-989-936 
        E-mail : info@sharetech.co.jp
        街の屋根やさん東京大田
        〒145-0071 東京都大田区田園調布1-5-5 1F
        TEL :0120-989-936 
        E-mail : info@sharetech.co.jp
        ページトップへ戻る