無題ドキュメント

HOME > ブログ > 江戸川区のお客様の雨漏りの原因はどこにあるのでしょうか?

江戸川区のお客様の雨漏りの原因はどこにあるのでしょうか?

更新日:2017年12月11日

江戸川区のお客様は、台風の後からの雨漏りにお悩みでいらっしゃいました。何社かお問い合わせをされるうちに、弊社にたどり着き、御連絡をくださいました。

お客様の家はツーバイフォーの三階建て住宅です。

玄関のドアの上側から雨が滴ってくるとの事で、何社かに見てもらったらしいのですが、ピンとくる回答が無かったようです。

玄関は三階まで吹き抜けになっています。このお宅の玄関ドアの上側から雨漏りがするとの事です。

 

玄関ドアの周囲を確認すると、壁のクロスには雨漏りでできた、特有の黒ずみが浮かび上がり、またクロスの継ぎ目にも隙間が出来てしまっています。位置的にも雨漏りはドア枠からではないことが良くわかりますね。

 

一体この雨漏りはどこからきているのでしょうか?玄関ドアの外側にはテラス屋根が付いています。外壁は数年前に塗装を行ったばかりらしく、外壁の水切りにも特段埋められてしまったような形跡は見当たりませんでした。

 

先程、室内側から確認した、雨漏りにより変色している部分の高さを見ると、どうやらこのテラス屋根にも原因がある様に思えます。そこで良く調査をすると、何やら歩くとフワフワとする箇所があります。そこをよく見ると大きな亀裂があるのを確認いたしました。この部分は他社さんは指摘されていなかったそうです。

この場所の防水は、FRP防水をされています。FRPはボートなどにも使われているガラス繊維の複層で構成され、とても丈夫な物です。歩いて柔らかいのは、おそらく水が防水層の下に入り込んで、下地のベニヤをふやかしたものでしょう。

家の構造がツーバイフォーですので、軒天側を開口してもはっきりとは確認できないでしょう。今回の雨漏りの可能性としては非常に高い場所であると考えられます。

 

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

西東京市中町で強風で飛ばされた駐輪場の屋根をポリカーボネートに張替え工事

【施工内容】

江戸川区東小岩で強風被害によりベランダ屋根が損壊、ポリカーボネート製波板の交換工事を施工

【施工内容】

江戸川区鹿骨で令和元年東日本台風のご被害で波板屋根が損壊、火災保険で修繕致しました

【施工内容】

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る