無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 狛江市のセメント瓦棟取り直し工事

狛江市のセメント瓦棟取り直し工事

【施工前】
狛江市 工事前

【施工後】
狛江市 工事前

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


狛江市のお客様より屋根の調査をしてほしいとの事でお問い合わせをいただき調査にお伺いいたしました。屋根は瓦で築20年経過し1度も点検やメンテナンスをしてない為、心配になりご相談のお問い合わせいただきました。棟瓦全体の漆喰に割れや欠損が出ており、棟瓦を固定する釘が浮いてしまっている状態です。棟瓦にズレは出ていませんでしたが、漆喰の劣化や釘浮きの影響から棟瓦が崩れてしまった場合、雨漏りが発生する恐れや瓦が落下し二次災害が起きる危険性がありますので棟瓦の工事が必要な状況です。工事として、漆喰の劣化・釘浮きの状況から棟瓦を新しく作り直す棟取り直しをご提案し工事のご依頼をいただきました。
狛江市のお客様より屋根の調査をしてほしいとの事でお問い合わせをいただき調査にお伺いいたしました。屋根は瓦で築20年経過し1度も点検やメンテナンスをしてない為、心配になりご相談のお問い合わせいただきました。棟瓦全体の漆喰に割れや欠損が出ており、棟瓦を固定する釘が浮いてしまっている状態です。棟瓦にズレは出ていませんでしたが、漆喰の劣化や釘浮きの影響から棟瓦が崩れてしまった場合、雨漏りが発生する恐れや瓦が落下し二次災害が起きる危険性がありますので棟瓦の工事が必要な状況です。工事として、漆喰の劣化・釘浮きの状況から棟瓦を新しく作り直す棟取り直しをご提案し工事のご依頼をいただきました。


担当:富田


【工事内容】
棟瓦取り直し 
【工事詳細】
使用材料
なんばん漆喰、貫板、ステンレスビス
施工期間
2日
【工事内容】
棟瓦取り直し 
【工事詳細】
使用材料
なんばん漆喰、貫板、ステンレスビス
施工期間
2日
足場アイコン棟瓦取り直し

【工事前の状況】

漆喰が剥がれてしまい、漆喰の内部の土が見えてしまっています。雨の吹き込みによって土が雨水を吸収し、土によって内部に雨水が浸水し雨漏りの原因に繋がってしまいます。棟瓦を固定している釘が浮いてしまっています。

c1eb0bde ddb6b97e

0c95d8fa 6af8fdc0

【工事の状況】

棟瓦を解体し漆喰・土を撤去し掃除を行います。新しく漆喰を設置していきます。高さを揃え形を成形しましたら棟瓦固定用の新規貫板を設置し、棟瓦を戻してい きます。今回の工事で棟瓦の固定には釘でなく、ステンレス製のゴムパッキン付きのビスを使用致しました。ステンレス製ですので錆ずらく、ビスですので釘の ように浮きません。そしてゴムパッキン付きですのでビスを伝い雨水が浸水しすることはありません。

66d6bf02 089bdbfb

37e62dca a6b73c25

abce94af bd49e630

すべての工程が終わりましたら、確認・再度掃除を行い工事完了です。これでも心配はありません。

17343e3d ae149e98

お客様に工事後の棟瓦をご確認いただきました。これで屋根の心配が無くなり安心できますとご満足いただけました。屋根工事・漆喰工事のご相談は、街の屋根やさん0120-989-936にお問い合わせ下さい。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。お待ちしております。

このページに関連するコンテンツをご紹介

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法

セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法

 屋根材というと現在でも瓦というイメージが強いのか、どんな屋根材でも瓦と呼ばれがちです。スレート(カラーベスト・コロニアル)はスレート瓦と呼ばれますし、成型金属屋根材も金属瓦と呼ばれます。小さなピースを幾重にも並べて屋根を形成する屋根材の場合、そのような傾向が高いようです(トタンはトタン瓦と呼ばれな…続きを読む
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      江戸川区篠崎町で鬼瓦の損壊で棟の部分取り直し工事を施工、鬼瓦も漆喰で補強し強風対策を行いました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、棟瓦取り直し 、漆喰取り直し

      羽村市神明台で瓦葺きパラペットの棟瓦を乾式ハイロールで取り直し工事しました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、棟瓦取り直し 

      世田谷区宇奈根にて令和元年東日本台風で剥がれ始めた漆喰の劣化を含め棟瓦取り直し工事で改善

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事、瓦屋根補修工事、棟瓦取り直し 

      その他の施工事例一覧→

      狛江市と近隣地区の施工事例のご紹介

      世田谷区深沢で雨水でボロボロになった階段をタキステップで仕上げます

      【施工内容】

      その他の工事

      調布市国領町で倉庫の大型雨樋を高所作業車を使用して交換工事をおこないました

      【施工内容】

      雨樋交換

      狛江市中和泉で腐食して雨漏りしているバルコニーの笠木をガルバリウム鋼板へ交換しました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

      台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る