無題ドキュメント

HOME > ブログ > 大田区の既存の瓦を再使用する葺き直し工事のご提案

大田区の既存の瓦を再使用する葺き直し工事のご提案

更新日:2015年12月22日

本日は、大田区に雨漏りの調査にお伺い致しました。天井に大きく雨染みが出来たとの事でお問い合わせをいただき調査にお伺いいたしました。そ れでは調査に入ります。雨染みの位置関係を測定し屋根調査です。測定した位置の瓦をお客様のご了承をいただき取外し下地の調査です。経年劣化により防水紙 の固定に使用しているタッカー廻りが切れてしまっています。雨漏りは防水紙の経年劣化が原因です。2階からの雨水を排水する竪樋の破損もあり破損の影響に より分部的に雨水の排水が集中してしまう為雨樋の破損も原因の一つです。

9d9202b3 093e6d10 3b09e528 6db19f31

お客様に状況をご報告いたしました。工事として、既存の瓦を取外し防水紙を新しくはり瓦を戻す、葺き直し工事と破損部の雨樋修理をご提案いた しました。既存の瓦を使用し葺き直しを行うことで工事コスト抑えることが出来ます。お見積りを作成しお客様とお話しを進めていきたいと思います。

244d53d3 c48a4945

雨漏り調査・雨漏り修理のご相談は、街の屋根やさん0120-989-936お問い合わせ下さい。調査・お見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

このページに関連するコンテンツをご紹介

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット

これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット

これまでの瓦を再利用して屋根を葺き替えるから地球に優しい 一旦、屋根材(瓦・天然スレート)を取り外し、防水紙や野地板を交換・補修してから、これまでの屋根材を再利用して屋根を葺き直す工事です。既存の屋根材を新しい屋根材に交換する屋根葺き替えと似ていますが、これまでの屋根材を再利用するところが大きく違い…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

大田区と近隣地区の施工事例のご紹介

大田区大森北でトップライトからの雨漏りをイージーフラッシュで防水しました

【施工内容】

陸屋根工事 

世田谷区弦巻で台風被害に遭った棟板金を火災保険で交換工事しました

【施工内容】

屋根補修工事

目黒区柿の木坂で強風で破損した竪樋を火災保険の風災を適用して元通りに直します

【施工内容】

雨樋交換

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る