無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 足立区|ドレン取替と部分補修・トップコート防水工事!

足立区|ドレン取替と部分補修・トップコート防水工事!

【施工前】
ウレタン塗膜防水

【施工後】
トップコート

【お問い合わせのきっかけ】


担当:谷


築10年ちょっとだが、ウレタン塗膜防水を検討している、防水の状態をみて施工してほしいとお問い合わせを頂きました。
築10年ちょっとだが、ウレタン塗膜防水を検討している、防水の状態をみて施工してほしいとお問い合わせを頂きました。


担当:谷


【工事内容】
防水工事
【工事詳細】
お施主様
Y様
【工事内容】
防水工事
【工事詳細】
お施主様
Y様
防水工事

【点検の様子】

防水 バルコニー

陸屋根コンクリート造の住宅です。2階部分のバルコニーはもちろんですが、屋根も防水施工が必要な住宅です。一見綺麗に見えますが、防水はウレタン塗膜防水で約10年、アスファルト防水で約17年の寿命です。まだ大丈夫か…と思っているうちに気付けば雨漏りというのも少なくありません。どのような防水施工をしているのか、どのくらいの耐用年数なのか把握するのも大変重要な事です。

バルコニー,防水 屋根,防水

コンクリート下地の場合、防水施工は一般住宅に使用されるFRP防水とは仕様が変わってきます。ウレタン塗膜防水(防水塗料を塗る工法)、アスファルト防水(アスファルトシートを貼り継ぎ目を液状アスファルトで埋める方法)、シート防水(ゴムもしくは塩ビのシートを下地に張り付ける工法)のいずれかになると思います。どれにもメリット・デメリットがあり施工方法によって費用も違いますので確認の必要はありますね。

陸屋根 部分補修

こちらはウレタン塗膜防水のようですが、劣化か一部剥がれが見られるようで、部分的な補修をしているようですね。塗膜が剥がれてしまった場合テープ等で簡易措置をする方もいらっしゃいますが、あまりお勧めは致しません。テープを貼ることによって周りの防水層も傷んでしまう、見栄えが悪い他、その部分に集中的に水分が溜まる可能性があります。溜まった水分によって更に劣化が進行していきますので早めに防水補修をした方が良いですね!

防水テープ メッシュシート

防水層は常日頃から紫外線に晒され、雨水があたるところです。そのため、外壁の塗装と同じようにいかに定期的に補修を行うかがとても大切です。また、防水施工をしている所の直下は建物の内部です。メンテナンスを怠ることで雨漏りの発生要因になってしまいますので十分に注意しましょう。こちらは下地のメッシュシートが防水層が摩耗したことによりうっすらと見えてしまっています。

ドレン 排水口

こちらは屋上陸屋根に1つ設置されている排水口です。屋根の面積約45㎡に対して、排水口が小さい為に排水が追いつかない可能性があります。100㎡に2つ設置する排水口ですので数としても違和感はありませんが、それにしては排水の口径が小さいです。

水の滞留時間が長くなることによって、防水層の劣化、雨漏りのリスクを高める原因になります。施工の際にどれだけの集水機能があることを把握し、雨樋に接続するだけの排水口を設置する必要があります。今の時点で25φ、新たに取り替える場合に45φの約2倍のサイズにします。

【施工の様子】

防水層 ベニヤ,洗浄

立上りには苔が付着しているのと塗膜の小さな気泡が出来ています。但し、大きな問題はなく雨漏りも起こしていません。防水層の状態に対してウレタン塗膜防水をやり直す必要はないでしょう。必要な部分だけ補修を行い、トップコートで表面保護をしていきます!

防水工事は塗装工事と同じく、まず表面を綺麗にする必要があります。高圧洗浄をしていきますが足元の安定性と費用の軽減の為に足場の仮設をしていません。そこで役に立つのがベニヤ。

高圧洗浄 高圧洗浄

↑このように使います。高圧洗浄の際にどうしても飛散してしまう泥や水しぶきをベニヤで受け止め作業を進めます。手間は大変かかりますが、このおかげで周りの住宅にご迷惑をかけずに作業を行うことが出来ます。

ドレン,改修 防水

排水ドレンの補修に入ります。部分補修をしていきますので補修部位が広がらないように細心の注意を払ってドレンの周りを切っていきます。

ドレン改修 ドレン改修

切ったドレンと、更に拡張させた排水です。ドレンの取替は防水施工を行うたびに項目に入れた方が良いでしょう。ドレンの劣化とつまりはそのまま防水層の劣化に直結してしまいます。ルーフドレンは鉄製鋳物で出来ているものが多く、錆びてしまうものです。防水材・ドレン・雨樋が繋がっている部分ですので1つが劣化することにより、その間で漏水を起こしてしまいます。

改修ドレン ドレン改修

改修用ドレンは既存のドレンをカバーし、雨漏りを防ぐといったものです。鉛の為に加工もしやすく耐久性もばっちりですのでこの改修用ドレンの取付作業に入ります。この鉛、3㎜程度の薄さですが、防水層にとって3㎜は大きいものです。取り付ける際に不陸調整を怠ると水の流れが滞ってしまい傷む原因になります。また口径を大きく修正しましたが、既存の穴よりも小さなドレンを取り付けることになります。たとえば100φの口径には75φ、75φの口径には50φと言った感じです。点検時の排水口にそのまま設置していた場合、更に穴は小さく排水機能が低下しますので事前の下地処理が必要になります。

ドレン,シーリング ドレン

改修用ドレンの裏側にシーリングを塗り、取付時に隙間のないようにしていきます。ドレンを差し込んだら更に密着させるために叩いていきます。鉛の加工性はここで役立つんですね。

先ほども言いましたが、防水層は1/100の緩やかな勾配です。ドレンを取り付けた場合のことを考えて不陸調整を行わないと防水層に水たまりが出来てしまいます。下地処理を入念に行う事で防水層が長期的に守られます。

シーリング,メッシュシート ドレン,補修

ドレンには当然ですが、全ての雨水が集中して流れ込みます。しっかりと防水処理を行わなければどんなに良い防水施工をしたとしても漏水が起きてしまいます。ドレンの周りに補強布の設置、シーリングで被せて均一にならします。

硬化後にトップコートを立ち上がりから行っていきます。

防水 防水,トップコート

立上りとの取り合いもムラのないように平場もトップコートを行っていきます。トップコートをするかしないかで考えると防水の耐用年数は全く違ってきます。改修時のトップコートはウレタン系樹脂の場合が多く、新築時のポリエステル系よりも伸縮性に優れています。ポリエステル系よりも硬くはないので摩耗性・薬品性には劣りますが、割れが起こることが少なくなり、寿命は5~10年となります。

漏水が起こるような原因を作らなければ防水層を補修する必要はありませんので10年後は5年ごとにというように定期的な点検を行っていきましょう。

 

 

 

【工事完了後】

ウレタン塗膜防水

もともと25φの小さなドレンが取り付けられていました。排水が追い付かず水たまりが出来ている状態でしたので、ドレン周辺の拡張、45φのドレンに取替工事を行いました。不陸調整をしっかりと行い防水処理を施してからトップコートで全体保護を行いました。

このページに関連するコンテンツをご紹介

ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

 ベランダやバルコニーで必要なメンテナンスと言えば、「防水工事」だけてなく「ポリカの屋根」のお手入れです。夏の暑さが気になる方には遮熱の防水工事もありますし、窓ガラスの断熱化でも対処できます。窓ガラスの断熱化で紫外線をカットするものを使えば夏の夜に寄ってくる虫も少なくなります。ベランダやバルコニー屋…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      葛飾区水元で増築した部屋の陸屋根雨漏りをウレタン塗膜防水工事で改修しました

      【施工内容】

      防水工事

      江戸川区鹿骨でFRP防水ベランダをウレタン塗膜防水通気緩衝工法で再防水工事しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      江戸川区鹿骨でベランダの下の部屋が雨漏りしているお客様のベランダ防水工事をウレタン塗膜防水通気緩衝工法で行いました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      その他の施工事例一覧→

      足立区と近隣地区の施工事例のご紹介

      足立区鹿浜で雨漏りをしているポリカ波板工場庇屋根をガルバリウム波板に屋根葺き替え工事しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨漏り修理、ガルバリウム鋼板

      葛飾区細田で令和元年東日本台風で破損したダイカポリマの角形雨樋をエスロンの角形雨樋X70に交換しました

      【施工内容】

      雨樋交換

      足立区南花畑で令和元年東日本台風のご被害により波板屋根が損壊、火災保険を使用しての修繕工事となります

      【施工内容】

      その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

      台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る