無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 葛飾区|FRP防水から通気緩衝工法ウレタン塗膜防水へ改修

葛飾区|FRP防水から通気緩衝工法ウレタン塗膜防水へ改修

【施工前】
ウレタン防水,塗膜

【施工後】
ウレタン塗膜防水,通気緩衝工法

【お問い合わせのきっかけ】


担当:神子


築14年、バルコニーのご相談です。FRP防水をメンテナンスしようと工務店に依頼。何か塗料での補修を行ったようですが、何やら塗膜に大きな気泡が…ぽこぽこと膨らみを発見し弊社にご相談を頂きました。
防水の膨れの原因調査と補修工事を行っていきます。
築14年、バルコニーのご相談です。FRP防水をメンテナンスしようと工務店に依頼。何か塗料での補修を行ったようですが、何やら塗膜に大きな気泡が…ぽこぽこと膨らみを発見し弊社にご相談を頂きました。
防水の膨れの原因調査と補修工事を行っていきます。


担当:神子


【工事内容】
防水工事
【工事詳細】
お施主様
H様邸
【工事内容】
防水工事
【工事詳細】
お施主様
H様邸
防水工事

【点検の様子】

FRP防水とは言ってもまずどのような防水施工かはご存知でしょうか?船舶や身近な自動車にも使用されているFRPですが、強化繊維プラスチックを指します。ガラス繊維で補強されているプラスチックで、耐熱性・耐候性・耐食性に優れた防水層になります。

新築時にはガラスマットを2枚重ね張りをして防水塗料を塗って仕上げています。この防水の耐久性はおよそ10年、新築から考えると屋根や外壁等の塗装工事を検討している時には同時に調査・補修が必要となります。

 

FRP防水,築14年 防水,膨れ

 

常にバルコニーを綺麗に使用している住宅ですね。写真ではわかりにくいのですがポコポコと表面が浮いてしまっている状態です。破れは見られません。一度メンテナンスの為に工務店に補修依頼をしたそうですが、トップコート?か何かの塗料を塗布して終わったそうです。しかし、そのあとに膨れが目立つようになり、雨漏りを心配して弊社にご相談いただきました。

押すと気泡がずれていくように防水層の下に溜まっています。これは既存下地に水分が含まれていた状態でトップコートで保護を行った為に水蒸気が充満しているのではないかと思います。防水層は耐久性も高く厚膜な為、簡単に破れたりはしません。しかし、水蒸気も逃がせないため、膨れが起きやすいといった特徴があります。施工の際には下地の乾燥具合、また下地からの水蒸気を逃がす対策を取らなければなりません。

トップコート施工の際には下地が乾いていなかったんでしょう。後々現れてしまうのも厄介ですよね。

 

立上り 立上り,防水

 

下地からやり直すのが最善だとは思いますが、費用は大きく嵩んでしまいます。立上りにはまだまだ余裕のある造りになっています。FRP防水も膨れた塗膜もそのままに下地を再作成し、ウレタン塗膜防水に切り替えていきたいと思います。しかし、ウレタン塗膜防水も施工方法を間違えるとまた塗膜が膨れてしまいます。通気緩衝工法で水蒸気を逃がす防水施工を行っていきます。

 

【施工の様子】

エアコン取り外し 下地清掃

まずはエアコン等邪魔なものを取り外していきます。広範囲であれば移動させながらの補修が可能ですが、一般住宅のバルコニーですとそうはいきません。取り外しを終え下地の清掃を行っていきます。

ベニヤ増し張り ベニヤ増し張り

下地の乾燥後にベニヤ合板9㎜は張り合わせて下地の作成をしていきます。2枚も重ねるの?2枚重ね張りは防水の下地を作成する際の仕様書にも必ず書いてあります。合板をなぜ2枚貼りにするのか?これはFRPのガラスマット2枚貼りの補強用とは違い、木材の動きを抑えるために継ぎをずらして重ねています。こうすることで下地の動きを抑えて防水へのダメージを最小限に抑えます。

排水 排水

ベニヤ増し張り ベニヤ増し張り

下地作成にも根太組みが最善ですが、立ち上がりの幅を考え直接貼りです。下地が木材で大丈夫ですか?と心配になる方もいらっしゃいますが、そもそもFRP防水の下地も木材です。その木材を保護しているのが防水塗膜であって、しっかりと施工すればなんの問題もありません。逆に言ってしまうと、防水が劣化し、下地に雨水が入り込むような場合、即時対応しなければ腐食は進行し続けてしまいます。

合板増し張り 下地作成完了

これで下地の完成です。排水にも立上りにも合板を貼り付け平滑になりました。ベニヤの継ぎ目にはシートと塗膜施工されますので問題はありません。ここまでが下地作成の木工事となります。続いては防水工事に入ります。

プライマー プライマー,平場

まずは下地との密着性を上げるためプライマー塗装です。下地は新規で作成している為、高圧洗浄も必要ありません。防水の基本は立上り、平場の順で行っていきます。これは防水塗膜もトップコートも順番を守って施工していきます。

通気緩衝シート 通気緩衝シート

通気緩衝シートの貼り付けです。通気緩衝シートは平場のみです。これがウレタン防水工事の上で下地の水分を逃がすための施工です。穴が開いたシートを間に入れることで塗膜と下地の密着は半分になります。この空間によって水蒸気が発生しても塗膜自体には膨れを起こさず綺麗な防水層が出来上がります。

補強布 脱気盤

立上りにはウレタン塗膜の補強としてメッシュシートを張ります。通気緩衝シートには重ね合わせ取り合いのみが劣化を起こさないように作業していきます。そして通気緩衝シートで逃がした水蒸気を外に逃がすために脱気盤を取り付けます。大体25~100㎡に1個設置の割合ですが、一般住宅であれば1つで充分でしょう。歩行箇所には邪魔にならないように脱気盤、屋上等には更に効率の良い脱気筒を取り付けます。

防水層の膨れはそもそも下地に少しでも水分があれば生じてしまう現象です。気温が高ければ膨らみ、低ければ凹みという事を繰り返しているのではないでしょうか?その現象を防ぐためには施工上に気を付ける、あとは脱気装置の取付ぐらいです。

ウレタン塗膜防水 ウレタン塗膜防水

下地の処理は終わりましたので、ウレタン塗膜防水に入ります。まずは立ち上がりから1層目、平場に1層目を塗布していきます。粘りがある塗料ですが、下塗りの段階から厚膜の為、この時点で平滑に施工していかなければなりません。

2層目,防水 立上り防水

乾燥次第、2層目に入ります。FRPは乾燥時間が短いので何層塗装したとしても1日あればあらかた乾くのに対し、ウレタン防水はやはり厚膜の為時間が必要です。ここでも同じように平滑に1/100の勾配を妨げないように施工をする必要があります。

ウレタン防水,2層目 トップコート

平場の防水施工が完了しました。ウレタン塗膜防水は2層+トップコートです。ウレタン防水自体は紫外線に大変弱く、そのまま露出させているとひび割れの原因にもなりかねません。トップコートでの表面保護により綺麗に、且つ高耐久に仕上げていきます。

トップコート トップコート

ちなみに施工後5年後からヒビ等が気になり始めるとは思いますが、トップコートの劣化です。防水層には影響はありませんがやはり防水塗膜の傷みの原因になりますので早め早めの措置が大事です。ウレタン防水が乾いたらエアコンを再設置し直して工事は完了となります。

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋上、ベランダ・バルコニー、どこでもFRP防水が最強である5つの理由

屋上、ベランダ・バルコニー、どこでもFRP防水が最強である5つの理由

 一般的な戸建て住宅で雨漏りの原因として意外と多い部分がベランダやバルコニーです。街の屋根やさんで雨漏りの原因を調べていると、ベランダやバルコニーが水の浸入口となっているケースはかなり多いのです。ベランダやバルコニー、陸屋根はほぼ勾配がなく、しかも四方を壁に囲まれていることがほとんどで、構造的にも排…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      江戸川区平井で勾配の取れていないベランダに勾配を作成しウレタン塗膜防水工事にいたしました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      葛飾区水元で増築した部屋の陸屋根雨漏りをウレタン塗膜防水工事で改修しました

      【施工内容】

      防水工事

      江戸川区鹿骨でFRP防水ベランダをウレタン塗膜防水通気緩衝工法で再防水工事しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      その他の施工事例一覧→

      葛飾区と近隣地区の施工事例のご紹介

      江戸川区中央で雨漏りの発生から屋根の棟及び瓦の部分葺き直し工事で解消致しました

      【施工内容】

      屋根葺き直し、棟瓦取り直し 

      足立区鹿浜で雨漏りをしているポリカ波板工場庇屋根をガルバリウム波板に屋根葺き替え工事しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨漏り修理、ガルバリウム鋼板

      葛飾区細田で令和元年東日本台風で破損したダイカポリマの角形雨樋をエスロンの角形雨樋X70に交換しました

      【施工内容】

      雨樋交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る