無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 足立区南花畑で令和元年東日本台風のご被害により波板屋根が損壊.....

足立区南花畑で令和元年東日本台風のご被害により波板屋根が損壊、火災保険を使用しての修繕工事となります

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:藤崎


 足立区南花畑で昨年発生した令和元年東日本台風の影響で、サイクルポートの波板屋根が損壊してしまったので修繕工事を考えているとのご相談が始まりでした。
 早速現地調査を行い状況確認するとポリカーボネート製波板が割れてしまい、支柱枠からも外れ強風の度にバタンバタンとしてしまうとの事で明らかに交換が必要な状態でした。当初お客様は自費で修繕工事を考えざるを得ないと思っていたとのお話でしたが、ご被害の状況が明らかだったので火災保険の申請をされて修繕工事が出来る事をお伝えし保険会社にお問い合わせ頂きました。
 その後保険会社より状況次第ですが、保険の承認が得られる可能性が有りますとの回答が有ったとの事で、弊社の方も保険申請用の資料をご用意させて頂き、火災保険を申請、無事承認を経てポリカ交換修繕工事を行う事となりました。今回はその工事の流れをご紹介致します。
 足立区南花畑で昨年発生した令和元年東日本台風の影響で、サイクルポートの波板屋根が損壊してしまったので修繕工事を考えているとのご相談が始まりでした。
 早速現地調査を行い状況確認するとポリカーボネート製波板が割れてしまい、支柱枠からも外れ強風の度にバタンバタンとしてしまうとの事で明らかに交換が必要な状態でした。当初お客様は自費で修繕工事を考えざるを得ないと思っていたとのお話でしたが、ご被害の状況が明らかだったので火災保険の申請をされて修繕工事が出来る事をお伝えし保険会社にお問い合わせ頂きました。
 その後保険会社より状況次第ですが、保険の承認が得られる可能性が有りますとの回答が有ったとの事で、弊社の方も保険申請用の資料をご用意させて頂き、火災保険を申請、無事承認を経てポリカ交換修繕工事を行う事となりました。今回はその工事の流れをご紹介致します。


担当:藤崎


【工事内容】
その他の工事 ポリカ波板交換工事
【工事詳細】
使用材料
ポリカーボネート
施工期間
1日
築年数
40年
平米数
6.0㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
K様邸
【工事内容】
その他の工事 ポリカ波板交換工事
【工事詳細】
使用材料
ポリカーボネート
施工期間
1日
築年数
40年
平米数
6.0㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
K様邸
火災保険アイコン台風アイコン

現地調査の様子

波板が強風で損壊

 サイクルポートの波板の損壊です。門の出入り口から見て奥側の波板が外れてしまい、強風の度にバタンバタンと暴れてしまうので、お客様の方でガムテープで仮養生を行っておりました。昨年発生した令和元年東日本台風ではこのようなポリカ製波板屋根のご被害が多発致しました。これらの損壊については大概のケースで火災保険を使用して修繕しております。現地調査時、お客様の方にもその事をお伝えさせて頂きました。

外れ掛かっている波板をテープで仮養生

外れ掛かった波板 外れた波板をテープで仮養生

 端側の波板がほぼ全体に亘り、支柱から離脱している状況です。取付フックも外れ先程申しました通りガムテープ養生と結束線を用いて繋ぎとめている状況でした。外れている波板は2枚でしたが、全体的に見てもめくれが始まっている状況となりますので、全体の波板交換をして頂く事をお勧めさせて頂きました。

台風被害による損壊は保険が適用できます

波板に割れも発生

 全体の波板交換となるもう一つの理由として、この端側の波板は折り重なりの一番下になります。要はこの波板を交換するにあたり、隣接する波板を外さなければなりません。そうなると自ずと逆端まで全ての波板を一旦外し施工していく必要が生まれます。年数を経過している波板の場合、外す際に破損する可能性が高い事から再利用は困難となります。今回の場合、そう言った理由も含めサイクルポート波板の全交換施工として火災保険申請を行い、無事承認を経て施工を進める事となりました。

施工の開始

波板の撤去開始 波板を撤去し新規ポリカを取り付け

 施工の始まりです。先ずは既存のポリカ波板を撤去致します。損壊部から全ての波板を完全撤去し、支柱枠のみの状態となりました。

雨樋の清掃も行いました

波板を外して雨樋内を清掃 波板交換時は雨樋清掃が出来ます

 支柱の枠だけになったところで、この状態だから出来る事が有ります。枠内の排水設備となる軒先側の雨樋部分の清掃です。やはり年数の経過をしていたので、汚泥が詰まり排水の役割が機能していませんでした。しっかりと汚泥を撤去してホースで水を流しきちんと清掃させて頂きました。

波板外しと樋清掃を終え取り付け工程へ

波板外しの完了

 これで波板撤去と雨樋清掃も終わり、いよいよ本体の取り付けへ移ります。写真の右側支柱の雨樋がクリアになった事がお判り頂けると思います。

ポリカーボネート製の波板

ポリカーボネート製波板

 使用する材料はこちらの波板です。正式名称をポリカーボネートと呼ばれ、現在このような波板式のカーポートやベランダテラス屋根には多く使用されます。耐久性としては10年位有りますので、今後台風が来ても先ず飛ばされると言った事はないでしょう。

サイズに合わせてカットします

波板をサイズに合わせてカット 支柱のサイズに合わせてカット

 今回のお住まいは、規格通りの支柱では無いと共に、更に見た目では判りませんが、若干斜めになっているので現場で調整していく必要が有ります。細かい採寸を取りながら1枚1枚カットして参りました。

波板の取り付け

ドリルで穴を空けます 専用フックで取り付け

 枠に合わせて波板を差し込み支柱に沿ってドリルで穴を空け取付フックを締めて行きます。これを丁寧に一つ一つ行って行く事で強度の強い波板屋根の構築へと繋がって参ります。

波板交換半分終了

重なりも問題なし 波板交換残り半分

 3枚取付が完了しました。残り半分となります。波板の場合このように隣接する屋根材と重ねて設置していきます。規格としては2山程重ねて取り付けて行くのが基本です。こうする事で屋根下への水の侵入を防ぐ事に繋がります。波板屋根とは非常に理に適った屋根となる訳です。

終わり仕舞いを取り付けて終了です

ラスト1枚をカットして取り付け 最後のフックを締めて交換完成です

 最後に終わり仕舞いを取り付ければ完成です。今回は1階のサイクルポートでしたので、全て脚立を使用しての作業で出来ましたが、これがベランダテラスとなる場合、この終わり仕舞いの部分は足場を設置しなければ取り付けられないケースが殆どです。要は波板を交換する場合、この終わり仕舞いの部分の取り付けが枠の外からでないと取り付けられないと言う事になります。無事最後の1枚の取り付けも終え、施工完了となりました。

ポリカ波板交換の完了

波板交換の完成です

 これが新しい波板屋根になります。取付フックも規定通りの幅で漏れなく設置し取り付けも全く問題はありません。雨樋の方も清掃してありますので、お客様からも台風前に施工を終えられてこれで一安心です。とのお言葉を頂戴致しました。

ブロンズ色の波板に

サイクルポートのポリカ交換

 この新しく取り付けたポリカの色はブロンズ色と呼ばれます。直射日光を適度に抑えてくれて、且つそれでいて暗くなることはありません。一般的にも多くの方に好まれ使用されているケースをよく見かけると思います。お客様にもブロンズ色についても気に入って頂きました。

強度もバッチリに完成です

波板交換で強度もバッチリ

 私たち街の屋根やさんでは、このような台風やその他の自然災害で損壊してしまった屋根等、火災保険を使用しての交換工事等をご提案させて頂き、それに伴う申請書類や被災写真の準備等もきちんとご用意させて頂き、少しでも修繕施工のお力に成れる様取り組んでおります。そして施工に関わるスタッフは、新型コロナウィルス対策も採りながら運営致しております。今回のお客様の様に、昨年の台風のご被害でも火災保険の申請は可能です。皆様の方でそう言ったご被害で修繕工事をご検討されている方がいらっしゃいましたらお気軽にお声掛け下さい。

工事を行なったK様のご感想をご紹介いたします

K様のアンケート

【工事前】

工事前アンケート

Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
波板が破損した為
Q2.業者や工事会社をどのように探されましたか?
ネットで調べました
Q3.当社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
すぐに連絡しました
Q4.何が決め手となり当社にお問合せをされましたか?
早く対応して頂けそうだったので
Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
わかりやすい説明で良い対応をして頂きました

K様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和2年6月1日更新 現在、台風に関するお問い合わせは落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りお伺いすることができます。街の屋根やさんでは工事後、長く安心して暮らしていただくため、品質の高い適切な施工を行っています。お気軽にお問い合わせください。現在の東東京支店と品川支店、多摩川支店…続きを読む
【最新版】火災保険が適用される屋根工事

【最新版】火災保険が適用される屋根工事

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか?  特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規…続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む
台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはずです。 【動画で確認…続きを読む
ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

 ベランダやバルコニーで必要なメンテナンスと言えば、「防水工事」だけてなく「ポリカの屋根」のお手入れです。夏の暑さが気になる方には遮熱の防水工事もありますし、窓ガラスの断熱化でも対処できます。窓ガラスの断熱化で紫外線をカットするものを使えば夏の夜に寄ってくる虫も少なくなります。 【動画で確認「ベコ…続きを読む
プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

 屋根リフォームの主な目的は、雨漏りの防止や安全対策です。頻繁におこなう必要はありませんが、定期的に屋根の状況をチェックして、必要があれば補修や清掃、塗り直しをおこなうことで、屋根そのものの寿命を延ばすことができます。春の大風や夏場の暑い日差しに台風、冬の積雪などで屋根は徐々に痛んできています。「う…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

  お住いの台風対策はお済みですか?   台風対策に向け、お住まいのココがチェックポイント!   ※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください! 問題があった方は要注意!台風被害にあう可能性があります…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      立川市砂川町で固定が弱まってきた棟板金をビス補強いたしました

      【施工内容】

      その他の工事

      杉並区上萩にて穴の開いてしまった塩ビ波板を火災保険を使用してポリカーボネート波板に交換いたしました

      【施工内容】

      その他の工事

      葛飾区東新小岩で雨漏りの発生に伴い笠木の交換工事を行いました

      【施工内容】

      雨漏り修理、ガルバリウム鋼板、その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      足立区と近隣地区の施工事例のご紹介

      足立区谷中で庇屋根の立ちハゼ葺きの部分葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      金属屋根工事、屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板

      葛飾区東四つ木で下屋根下の雨漏りのご相談から下屋根のカバー工事を施工致しました

      【施工内容】

      屋根カバー工法、雨樋交換、雨漏り修理

      荒川区東尾久で強風で飛ばされた棟板金の交換に合わせてパラペット笠木の交換も行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
      新型コロナウィルス対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る