無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 墨田区八広で強風の影響により庇板金が捲れてしまい雨漏りが発生.....

墨田区八広で強風の影響により庇板金が捲れてしまい雨漏りが発生、庇板金の葺き替え工事で雨漏りを解消

【施工前】
強風により捲れた庇板金

【施工後】
庇板金葺き替え工事完了

【お問い合わせのきっかけ】


担当:岡野


墨田区八広で行った庇板金葺き替え工事の様子をご紹介します。強風の影響により庇の板金が剥がれてしまい、穴が開いてしまったという事でお問い合わせをいただきました。雨が降ると雨漏りが発生してしまうという事でお困りの様子でした。調査を行うと庇板金が捲れ上がっている状態で、経年の劣化により庇全体が錆ていました。軒樋には庇板金を固定していた釘が落ちており、こちらも錆ている状態です。下地も腐食していたことから、庇を固定する力が低下した事が原因で強風により捲れたと考えられますので下地の強度を上げる為にも既存の野地板の上から新規の野地板を増し張りし、庇板金の葺き替え工事をご提案したところ工事のご依頼をいただきました。防水紙も新しくなりましたので雨漏りの不安も解消され、安心して生活していただけるようになりました。
墨田区八広で行った庇板金葺き替え工事の様子をご紹介します。強風の影響により庇の板金が剥がれてしまい、穴が開いてしまったという事でお問い合わせをいただきました。雨が降ると雨漏りが発生してしまうという事でお困りの様子でした。調査を行うと庇板金が捲れ上がっている状態で、経年の劣化により庇全体が錆ていました。軒樋には庇板金を固定していた釘が落ちており、こちらも錆ている状態です。下地も腐食していたことから、庇を固定する力が低下した事が原因で強風により捲れたと考えられますので下地の強度を上げる為にも既存の野地板の上から新規の野地板を増し張りし、庇板金の葺き替え工事をご提案したところ工事のご依頼をいただきました。防水紙も新しくなりましたので雨漏りの不安も解消され、安心して生活していただけるようになりました。


担当:岡野


【工事内容】
屋根補修工事 庇工事
【工事詳細】
施工期間
1日間
平米数
7㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
Y様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
【工事内容】
屋根補修工事 庇工事
【工事詳細】
施工期間
1日間
平米数
7㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
Y様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
足場アイコン庇工事

庇の点検の様子

お問い合わせのきっかけとなった庇板金の捲れ
庇板金の点検の様子です。お問い合わせのきっかけとなった庇が捲れている部分をご案内していただき、梯子を使い庇を点検すると庇の1/3が捲れている状態でした。経年の劣化により庇全体が錆ており耐久性が低下している状態です。建築資材の殆どは塗装で保護されており、防水性や耐久性を保持していますが紫外線や風雨等の影響で塗装が剥がれてしまいます。塗装が剥がれてしまうと防水性が低下してしまいますので錆が発生してしまうのです。

 

庇板金が錆ています 捲れた庇板金を固定していた釘が軒樋に落ちています

庇を固定していた釘が軒樋に落ちていました。落ちていた釘も錆ています。庇板金が捲れた部分は下地の野地板が腐食しています。庇板金が腐食した事が原因で庇板金を固定する力が弱くなり強風の影響により捲れてしまった事が考えられます。

 

野地板を増し張りして補強します

野地板を増し張りし下地を補強します 既存の野地板が腐食しているので増し張りを行い下地を補強します

野地板増し張りの様子です。既存の庇、外壁材を解体、撤去したら新規の野地板を増し張りしていきます。既存の野地板は腐食しているので耐久性が低下しています。新規に野地板を増し張りする事で下地を補強し、耐久性を高くします。下地のメンテナンスは行う機会は少ないので気が付いたら腐食していたというケースも少なくありませんので、このような機会にしっかりと行います。野地板を新しくする事で下地の耐久性が高くなり、強風の影響による捲れや剥がれ等の被害が発生し難くなります。

防水紙を敷設します

庇板金交換工事で新規の防水紙を敷設 庇板金交換工事で新規の防水紙を敷設

防水紙敷設の様子です。野地板の増し張りが終了したら、野地板の上に防水紙を敷設していきます。庇は屋根と同様に二重構造になっており、屋根材や板金などの仕上げ材は一次防水となり、防水紙は二次防水となります。仮に屋根材が割れたり、板金に穴が開いたりしても防水紙が建物内部への雨水の浸入を防いでくれる重要な役割を果たしており、雨漏りの発生を抑えているのです。

敷設する方向は軒先から上部へと敷設していきます。雨水は上から下へと流れて行きますので下から上へと重ねて敷設する事で雨水の浸入を防ぎます。庇と外壁の取合いの立上り部分も防水紙を立ち上げる事で、吹き込んだ雨水の浸入を防ぐ事ができます。

庇の板金を設置して仕上げます

庇板金を新規に交換 捲れた庇板金の庇板金交換工事完了

防水紙の敷設作業終了後、新規の板金を専用の工具で加工しながら設置していきます。外壁との取合い部分も板金を立ち上げて、その上に外壁材を張ったら庇板金葺き替え工事が完了です。

強風の影響により捲れてしまった野地板が腐食していましたが、増し張りして補強した事により耐久性が高くなりました。板金も新規に葺き替えましたので雨漏りの不安も解消されました。

雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      葛飾区青戸で軒先がなくなってしまったトタン製霧除け屋根の葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      庇工事、ガルバリウム鋼板

      大田区下丸子で台風の被害を受けた波板と雨樋を火災保険で直します

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨樋交換

      調布市佐須町で割れてしまったドーム型トップライトの交換工事

      【施工内容】

      屋根補修工事、天窓工事

      その他の施工事例一覧→

      墨田区と近隣地区の施工事例のご紹介

      葛飾区金町にて遮熱塗料(高日射反射率塗料)が対象の助成金で外壁塗装工事、合わせて屋根カバー工事も実施しました

      【施工内容】

      屋根カバー工法、外壁塗装、遮熱塗料

      葛飾区東新小岩で令和元年東日本台風のご被害により棟板金が飛散、火災保険を使用して修繕工事を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換

      墨田区東墨田にて令和元年房総半島台風で被災した工場のポリカ波板屋根の貼り替え工事を行いました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨樋交換、庇工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る

      質問してね!

      私は街の屋根やさんの人工知能、AIコンシェルジュ!
      何を知りたい?

      9:03

      質問してね!