無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 中野区野方で釘浮きが出ている棟板金を交換、さらに縁切りして雨.....

中野区野方で釘浮きが出ている棟板金を交換、さらに縁切りして雨漏り防止

【施工前】
棟板金交換前のスレート屋根

【施工後】
棟板金交換後のスレート屋根

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


2階のお部屋から1階の屋根を見て、棟板金の釘が浮いているように見えたということでお問い合わせくださった中野区野方のお客様です。点検を行ったところ、1階と2階の屋根それぞれの棟板金に釘が浮いているところが見られました。また2年前に屋根塗装を行ったということですが、スレート屋根が縁切りされていなかったので、縁切りも実施しました。
2階のお部屋から1階の屋根を見て、棟板金の釘が浮いているように見えたということでお問い合わせくださった中野区野方のお客様です。点検を行ったところ、1階と2階の屋根それぞれの棟板金に釘が浮いているところが見られました。また2年前に屋根塗装を行ったということですが、スレート屋根が縁切りされていなかったので、縁切りも実施しました。


担当:渡辺


【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
樹脂製貫板タフモック,タスペーサー
施工期間
4日間
築年数
築15年
平米数
110.5㎡
お施主様
S様邸
【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
樹脂製貫板タフモック,タスペーサー
施工期間
4日間
築年数
築15年
平米数
110.5㎡
お施主様
S様邸
棟板金交換

【点検の様子】

棟板金の釘の浮き ハンマーで釘を打ち込む

お客様が心配していたように棟板金を固定している釘が浮いていたり、抜け掛かっているところが何箇所も見られました。お客様に許可を得た上でハンマーで釘を打ち込みますが、どうも手応えを感じられません。釘が刺さる部分の貫板も傷んでいるようです。

 

収め方が雑 棟板金と屋根材の間に隙間

棟板金の接合部の収め方というか取り付け方が雑という印象を受けます。隙間はシーリングされているので問題はないのですが、もう少し段差をなくしてほしいものです。その他に気になる部分としてスレート(カラーベスト・コロニアル)材の重なり部分に塗料が入り込み、隙間がない状態になっています。通気性のために適切な隙間が必要ですので、こちらも直さなくてはなりません。

 

【施工の様子~棟板金交換】

棟板金を撤去 貫板も撤去

お施主様にお聞きしますと、屋根塗装を約2年前に行ったということです。今回は棟板金を交換し、スレート(カラーベスト・コロニアル)材の重なり部分に隙間を作る縁切り工事を行います。まずは棟板金を撤去します。そして、その下の貫板も撤去します。貫板は雨水を含んだり、劣化してかなり変色しています。

 

樹脂製貫板タフモック 樹脂製貫板タフモックを設置

棟板金の釘が浮いてきたり、強風で飛散してしまう原因はその下の貫板にあります。貫板が雨水を吸収することで劣化し、釘を固定していた力も弱まることで抜けてきるのです。なので、雨水を吸収することなく、濡れても腐食しない樹脂製貫板を使用します。

 

棟板金の設置 棟板金の交換完了

屋根の棟に取り付けられた樹脂製貫板に棟板金を取り付けます。棟板金の継ぎ目には雨水が侵入して来ないようにシーリンクで処理をします。これで棟板金交換工事は完了です。

 

【施工の様子~タスペーサーによる縁切り】

塗膜で塞がれた隙間 塗膜で塞がれた隙間

想像しにくいとは思うのですが、実は屋根材の下に雨水が入ってしまうことがあります。そのためにほとんどの屋根には防水紙が設けられており、そこで室内側への雨水の浸入を防いでいるのです。屋根材の下に雨水やその水蒸気を逃がすためには隙間が必要です。こちらの屋根は乾燥した塗料その隙間が塞がれていたので、切り込みを入れて隙間を作ります。適切な隙間を確保し続けるため、ポリカーボネイト製のタスペーサーを挿入します。タスペーサーはバネ構造を持っているので、外れることはありません。

【竣工、棟板金交換と縁切り】

棟板金交換と縁切り、竣工

棟板金交換と縁切り工事が竣工しました。お施主様が屋根塗装をしたのは2年前ということですから、未だにスレート屋根に縁切りを行わない業者もいるということが分かります。スレート屋根に塗装する場合は「棟板金は補修してくりますか」、「縁切りは行いますか」と必ず業者に聞いてみましょう。明確な答えが返ってこない場合は契約しない方が無難です。

このページに関連するコンテンツをご紹介

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けるこ…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      三鷹市新川で樹脂製木材「タフモック」を使用した棟板金交換工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、スレート屋根工事、棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      町田市本町田で強風で飛ばされた棟板金は火災保険の風災を適用して交換工事しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      中野区と近隣地区の施工事例のご紹介

      杉並区阿佐谷南で傷んだ半月型の雨樋を水が溢れにくい角型のものに交換しました

      【施工内容】

      雨樋交換

      杉並区高井戸西で廃盤のかわらU専用の棟をガルバリウム製のものへ交換

      【施工内容】

      棟板金交換

      杉並区西荻北で雹害を受けたコロニアルネオのスレート屋根をスーパーガルテクトで屋根カバー工事

      【施工内容】

      屋根カバー工法、スレート屋根カバー工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る