無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 足立区にて火災保険を利用し塩ビ製波板をフロスト加工のポリカ波.....

足立区にて火災保険を利用し塩ビ製波板をフロスト加工のポリカ波板へ張替

【施工前】
波板の外れ

【施工後】
波板交換工事

【お問い合わせのきっかけ】


ITS事業部:根本


東京都足立区にお住まいのお客様よりベランダ波板の補修でご相談を頂きました。強風によって飛んでしまったという事ですが、今回は火災保険にご加入されていましたので、火災保険を申請して頂き補修することをご提案させて頂きました。火災保険にはいくつか決められていることがありますので条件等をあわせてご紹介致します。
東京都足立区にお住まいのお客様よりベランダ波板の補修でご相談を頂きました。強風によって飛んでしまったという事ですが、今回は火災保険にご加入されていましたので、火災保険を申請して頂き補修することをご提案させて頂きました。火災保険にはいくつか決められていることがありますので条件等をあわせてご紹介致します。


ITS事業部:根本


【工事内容】
その他の工事 波板張替
【工事詳細】
お施主様
M様邸
【工事内容】
その他の工事 波板張替
【工事詳細】
お施主様
M様邸
火災保険アイコン

【ガラスネット製波板の飛散】

波板の外れ 外れた波板

今回飛散してしまったのはお住まいの2階部分にあたるベランダの屋根でした。取り付けられていたのは塩化ビニル製の波板ですが、安価ですが経年劣化によって5年程度で硬くなり割れやすくなる傾向があります。今回は日焼けや汚れの付着があるものの大きな劣化が見当りませんが、恐らくフックボルトが抜けてしまったことで外れて落下してしまったのでしょう。

火災保険を利用するにあたって

今回のように自然災害による破損には火災保険・共済を利用することが出来ます。しかし地震による破損は地震保険の対象になりますので、あくまで台風・積雪・雹・火災といった地震以外の破損に関する補修のみに適用されます。申請は被災後3年以内、申請箇所に制限はありませんので、波板のみの破損はもちろん屋根の不具合等を同時に申請することが可能です。補修するために足場や高所作業車が必要な場合はこちらも申請することが出来ます。お住まいによっては『免責金額』を設定されている事もあるかと思いますが、それは設定金額以下で補修が可能な場合は全て自己負担となりますので、自己負担が可能だと判断できる金額で設定するようにしましょう。

火災保険は原状回復が原則です。補修の機会に全て火災保険で素材の変更を行う事は出来ませんが、差額分での素材の変更はもちろん可能です。火災保険は元通りに戻す為の補修ですが、あえて使用しないことも可能ですし状態を更に良くするための工事に充当することも可能です。

波板のたわみ 瓦屋根点検

破損した箇所は部分的ですが、今回は全て補修し破損しにくい状態に仕上げていこうと思います。素材も塩ビ製よりも耐久性に優れたガラスネットやポリカーボネート製へ変更も検討致しました。

街の屋根やさんは無料点検時に破損箇所だけでなく、住宅全体の状態を確認させて頂いております。特に屋根はお客様自身で確認が難しい為、この機会に不具合を感じれば補修のご提案をさせて頂きます。屋根はいぶし瓦ですので色が疎らになっていても全く問題ありません。ズレや浮きもなく強風の影響はみられませんでした。

【フロスト加工ポリカへの張替工事】

波板の撤去 波板下地の確認

早速波板の張替工事を実施していきます。まずは既存の波板を剥がしていきます。2階の補修は足場が必要なケースが多いのですが、今回は屋根からも作業が出来ますので足場の仮設は行いませんでした。屋根下地は錆びず耐久性に優れたアルミですので、特に補修等も必要ありません。鉄製の場合は錆びますので錆止め補修、木材の場合は雨水によって腐食してしまいますので、塗装メンテナンスや取替で下地を補修していきましょう。

波板張替 フックボルト

今回使用したのはフロスト加工されたポリカーボネート製波板です。中空板とも呼ばれますが、本来透明色のポリカを乳白色の半透明に仕上げる加工がされています。すりガラスのような目隠し効果がありながら透明度がありますし、なによりも耐久性は塩ビ製よりもはるかに高く、10年以上使用することも出来ます。下地を足場にしながら重ね取り付けていきます。固定方法は下地に適したボルトやビスを使用していきます。

【工事を終えて】

波板張替工事完了

火災保険を利用して補修することで自己負担を抑えて補修することが出来ました。素材は変更しましたが差額はわずかですので、是非耐久性に優れたポリカーボネート製への変更をお勧めしております。良くお客様から「ほんの少しの補修なんだけど…」という不安を耳にします。街の屋根やさんは工事の大小にかかわらず、まずは無料点検を行い必要な補修をご提案させて頂きますので、まずはお気軽にご連絡ください。

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事

【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか? 特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規模の大きさなどがメディアで取り上げられることで屋根工事やお住まいの補修に火災保険が使えるということが以前にもまして認知されるようにな…続きを読む
火災保険漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区南花畑で令和元年東日本台風のご被害により波板屋根が損壊、火災保険を使用しての修繕工事となります

      【施工内容】

      その他の工事

      調布市下石原にて火災保険を利用して割れたセメント瓦の差し替えと屋根塗装メンテナンスを実施

      【施工内容】

      屋根塗装、その他の工事

      調布市飛田給で、雹災害に遭ったバルコニーの波板を火災保険で交換工事しました

      【施工内容】

      その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      足立区と近隣地区の施工事例のご紹介

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      墨田区亀沢で瓦棒屋根のカバー工事、嵌合式のアールロックを使用して施工致しました

      【施工内容】

      金属屋根カバー工事

      足立区東伊興で令和元年東日本台風の被害を受けたセメント洋瓦屋根のケラバ部分を板金工事で復旧しました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る