無題ドキュメント

HOME > ブログ > 品川区荏原でのし瓦が外れた棟を乾式工法で取り直し

品川区荏原でのし瓦が外れた棟を乾式工法で取り直し

更新日:2020年5月14日

品川区荏原のお客様より屋根瓦の一部が外れているとご連絡をいただきました。
以前から漆喰が剥がれて落ちていたことは気になっていたそうですが、
今回、瓦が外れているのをきっかけに漆喰詰めなおしなど、屋根の修繕を検討したいとのことです。

瓦が外れた箇所

のし瓦がなくなった箇所

瓦が外れてしまっているのは「棟」という屋根の頂点に積まれている「のし瓦」でした。
棟は葺き土とのし瓦が積まれ、銅線で括られています。
この銅線や粘土や泥の接着力だけで屋根に設置されていますのでしっかり固定されているとは言い難く、特に不具合があると強い地震の揺れや強風で崩れてしまうこともあります。
経年劣化によって葺き土が痩せたり、流出することによって棟瓦の固定力はさらに弱まってしまいます。
漆喰が詰められていることで棟内部に雨水が浸入することや葺き土の流出を防ぐ役目があるのですが、お客様も気にされていたように剥がれ落ちている箇所も多くあります。

漆喰が剥がれ落ちています 銅線が切れています

のし瓦を括っていた銅線も切れています。このままにしておくと別の場所でも瓦の落下などが発生してしまうかもしれません。

棟全体を見てみると

棟を上から見てみましょう。
真っすぐではなく少し蛇行していますね。

漆喰が剥がれ落ちています のし瓦がガタガタになっています

横から見てものし瓦がガタガタになってしまっています。
このような棟の歪みやズレが発生すると室内への雨漏り原因につながるだけでなく、災害時に屋根が崩れやすい状態にもなっております。
漆喰の詰め直しだけでは根本的な解決にはなりません。
屋根の状態や修繕の方法をお客様にご説明しご相談いただいた結果、「乾式工法での棟の取り直し」工事を行うことになりました。
一度棟を解体して再度作り直しますが、今までのような葺き土は使用しません。
金具と芯木で土台を作り、乾式面戸シートでカバーします。
そのため棟が屋根にしっかり固定されるとともに屋根が軽量化されますので災害に強い屋根にアップグレードされます。

街の屋根やさんでは新型コロナウイルス対策を徹底し、訪問・工事等を行っております。
屋根のことでお困り・リフォームをお考えでしたらまずはご相談ください。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

日野市豊田で落雪被害を防止するため、防災瓦へ後付け雪止めを追加設置しました

【施工内容】

中野区本町で強風で割れたバルコニーの屋根をポリカーボネートの波板で張り替えます

【施工内容】

西東京市ひばりが丘で強風で飛散した屋根の笠木をガルバリウム鋼板製へ交換します

【施工内容】

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る

質問してね!

私は街の屋根やさんの人工知能、AIコンシェルジュ!
何を知りたい?

9:03

質問してね!