無題ドキュメント

HOME > ブログ > 港区南麻布で雨樋落下!曲がりや止まりのない箇所も散見されます.....

港区南麻布で雨樋落下!曲がりや止まりのない箇所も散見されます

更新日:2020年4月21日

港区南麻布の2階建て住宅にて外れた雨樋修繕のため現場調査に伺いました。雨の日に大きな音とともに雨樋が落下したとのお話です。

落下した雨樋

雨樋の破損

軒先にある雨樋なので軒樋と言います。継ぎ目の箇所から外れ、吊り金具ごと外れて落ちてしまっています。雨樋は普段から雨や雪などの重さを受け、想像以上に負荷がかかっているものです。徐々にダメージが溜まりこうして外れてしまうことも珍しいことではありません。曲がった部品、破損した部品などは新しいものと取り替えます。ご契約後、材料を手配し後日工事となります。

雨樋が落ちた先は金属屋根

雨樋が落ちた先は金属製の屋根でした。少々跡がついていますが、幸いにも、大きくへこんだり表面の塗装が剥がれたりしてしまうようなことは無かったようです。

止まりが外れた雨樋 雨樋の部品が外れている

外れた雨樋

お家を全体を点検させていただくと、なんと今回の箇所以外にも雨樋の破損がいくつも見られました。同じように継ぎ目から無くなっているもの、軒樋の一番先につける「止まり」や曲がった角につける「曲がり」という部品が無いものが複数箇所。気になるのは、雨樋自体がとても古く傷んでいるわけではなく、どれも部品の継ぎ目から破損していることです。雨樋設置の際、こうした箇所には専用の接着剤を塗ってはめ込みますが、もしかしたらはじめの施工時にそれが甘かったのかもしれません。こうしたちょっとした雨樋の破損、ついつい放置しがちですが、排水が思わぬところに流れ、家そのものに被害を与えることもあります。また、雨樋が破損する場合、ほとんどは突然ではなく、だんだん歪んでくる、少しずつ隙間が空いて緩んでくるなど、兆候があります。大雨の後などにお家を点検し、大きな被害になる前にご相談ください。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

日野市豊田で落雪被害を防止するため、防災瓦へ後付け雪止めを追加設置しました

【施工内容】

中野区本町で強風で割れたバルコニーの屋根をポリカーボネートの波板で張り替えます

【施工内容】

西東京市ひばりが丘で強風で飛散した屋根の笠木をガルバリウム鋼板製へ交換します

【施工内容】

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る

質問してね!

私は街の屋根やさんの人工知能、AIコンシェルジュ!
何を知りたい?

9:03

質問してね!