無題ドキュメント

HOME > ブログ > 八王子市館町でコケが生えた素焼き瓦を点検、メンテナンス方法を.....

八王子市館町でコケが生えた素焼き瓦を点検、メンテナンス方法をご案内しました

更新日:2020年2月26日

八王子市館町で屋根のメンテナンスを検討中の建物です。瓦葺き屋根で断面がアルファベットのSの文字になっていっるS瓦が葺かれています。スペイン瓦ともいう素焼きの瓦で、日本瓦の様に表面に釉薬が塗っていない為に、光沢が無く自然の色合いと風合いが特徴の瓦です。

洋風な建物にマッチしますが、表面がザラザラしていますので経年によって汚れやコケが付着してしまいます。コケの付着によって色が変わってしまった素焼き瓦はどの様なメンテナンスをおこなえば良いのでしょうか。

経年によってコケが付着しています

素焼き瓦は経年でコケが付着しています 表面がざらざらしているので苔が付着します

日本瓦と良くいわれる釉薬瓦(ゆうやくかわら)は、瓦を焼くときに釉薬を塗る事で表面に艶が出て仕上がりの色の統一感も出す事が出来ます。今回調査した屋根の素焼き瓦は、焼くときに釉薬を塗らないので自然の風合いを持って仕上がります。洋風な建物にはとても良くあう瓦です。

屋根から見た瓦屋根はコケで真っ黒です

しかし、表面がザラザラとした状態の為に経年によって汚れやコケが付着してしまいます。

調査で伺った屋根も元々の色合いが無くなって、コケと汚れでグレーの様になっていました。ドローンを飛ばして屋根全体を上から確認すると、汚れの状態が良く分かります。

汚れが目立った屋根のメンテナンスとして思いつくのが屋根塗装工事だと思います。化粧スレートなどは高圧洗浄で汚れを落としてから塗装工事で表面を保護する事で、工事後に汚れが付きにくくする事が出来ます。

では、素焼き瓦はどうかというと、塗装工事は出来ますがあまりお勧めしません。素焼き瓦でもしっかりと密着して塗膜が剥がれない様に出来ますが、お勧めしない一番の理由は素焼き瓦の風合いが全く無くなってしまう事です。

自然の風合いの素焼き瓦

新しい状態では自然の風合いが出ています 表面に釉薬が塗られていないのでコケや汚れが付着します

こちらの画像は別の建物の素焼き瓦が葺いてある屋根です。表面が焼いたときのままになっていて自然の色合いが出ています。濃いところもあれば薄い色の所もあり自然な感じが洋風な建物にマッチしています。

塗装工事をおこなう事で、この風合いがなくなり同じ色の屋根に変わってしまいます。この様な場合は、汚れを落とす高圧洗浄だけをお勧めします。高圧洗浄で瓦についたコケや汚れを落として元の風合いを戻してあげます。コケなどは根が深く取り切れない事もありますが、結構元に近い状態に戻す事が出来ると思います。

一旦塗装してしまうと今後も定期的に塗装工事をおこなう必要が出来てますので、今回調査した八王子市館町の素焼き瓦葺き屋根のメンテナンスは、高圧洗浄でのコケと汚れを落とす工事をご提案しました。

屋根塗装348,000円~(消費税・諸経費別) 雪害漫画コンテンツ
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      墨田区押上にて棟板金交換工事と日本ペイントのサーモアイ4Fを使用した屋根塗装工事を実施

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装

      葛飾区水元にて台風で飛来した屋根材で破損したコロニアル屋根を部分葺き替えして既存屋根に近い色で塗装しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、スレート屋根葺き替え工事、棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      三鷹市下連雀にて折板屋根を遮熱塗料のサーモアイクールホワイトで塗装しました

      【施工内容】

      屋根塗装、遮熱塗料

      その他の施工事例一覧→

      八王子市と近隣地区の施工事例のご紹介

      日野市豊田で落雪被害を防止するため、防災瓦へ後付け雪止めを追加設置しました

      【施工内容】

      町田市金井にて台風で棟板金が飛散した屋根をスーパーガルテクトで葺き替え工事

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      多摩市桜ケ丘で表面が劣化したニチハのパミールをスーパーガルテクトで屋根カバー工事

      【施工内容】

      屋根カバー工事、屋根カバー工法

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る

      質問してね!

      私は街の屋根やさんの人工知能、AIコンシェルジュ!
      何を知りたい?

      質問してね!