無題ドキュメント

HOME > ブログ > 江戸川区|FRPルーフバルコニーのプカプカを修理する方法

江戸川区|FRPルーフバルコニーのプカプカを修理する方法

更新日:2018年5月25日

ベランダやルーフバルコニーの床は防水処理がされています。種類もウレタン塗膜防水、アスファルト防水など種類がありますが、一般住宅ではFRP防水が主流ではないでしょうか。

江戸川区のお客様のルーフバルコニーもFRP防水になっております。築10年になるという事で屋根外壁塗装工事を行うことになったのですが、ルーフバルコニーの一部が何やら「プカプカ」としてしまっている

との事でした。屋根外壁塗装工事と合わせて修理を行っていくことにいたします。

一見すると、何もないように見えるルーフバルコニーですが、丁度ドアを開けてすぐのところが、「プカプカ」する部分です。下地と密着が悪くて浮いてきてしまったのでしょう。浮くだけなら防水性が損なわれる事はありませんが、出入り口の近くですので、いつ割れが入ってしまうかはわかりません。割れてしまうと、そこから雨水が浸入し雨漏りに繋がってしまいます。

江戸川区FRP修理002 江戸川区FRP修理003

高圧洗浄後、浮いてプカプカしている部分を切除いたします。今回は約30センチ角で補修を行う予定でした。予定というのは浮いている部分がその程度だったためですが、実際に切開をするとその周囲も少し浮いてきてしまいます。浮きを残したままの補修では意味が無いため、浮きが起きない部分まで切開、切除を行いました。結果、予定の倍の面積の切除を行うことになってしまいました。

 江戸川区FRP修理006

浮いた部分をどのように戻すのかは、まずはプライマーの塗布を行い、切開した部分にFRPの元になっているガラスシートをほぼ同じ大きさにカットして切開した部分と同じ高さに下地を作成いたします。実質、2枚分のガラスシートを切開した部分に埋め込み、固めて更に全体にガラスシートを一層敷き詰めて施工を行いました。

完成した様子は、切開した場所が全く分からない位の仕上がりとなりました。このような部分補修も状況によっては行うことが出来ますが、広範囲にわたっての「プカプカ」の場合は、一度コンパネなどで下地を押さえてあげた方が良い場合もあります。現場現場で状況は異なりますので、ベランダ床の「プカプカ」でお悩みのお客様は一度ご相談を頂けましたら最適な方法での補修・工事をご提案させていただきます。もちろん、調査・見積りは無料です。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

西東京市中町で強風で飛ばされた駐輪場の屋根をポリカーボネートに張替え工事

【施工内容】

江戸川区東小岩で強風被害によりベランダ屋根が損壊、ポリカーボネート製波板の交換工事を施工

【施工内容】

江戸川区鹿骨で令和元年東日本台風のご被害で波板屋根が損壊、火災保険で修繕致しました

【施工内容】

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る