無題ドキュメント

HOME > ブログ > 江戸川区|天井に雨染み発見!雨漏り調査に伺いました

江戸川区|天井に雨染み発見!雨漏り調査に伺いました

更新日:2017年7月12日

本日のブログは江戸川区にお住いのお客様より、天井に雨染みを見つけたので見に来てほしいとのお問い合わせをいただき、早速お伺いしてまいりしました。
数あるサイトの中からお問い合わせをいただきまして誠にありがとうございます。
空梅雨とはいえ、昨今は突然の豪雨に見舞われるということもございますので、早速、屋根の状態を確認しにいきました。
 

瓦屋根 雨漏り 雨漏り 雨染み
 

天井の雨染みが確認できましたので、雨漏りの原因となっている箇所に目星をつけ屋根の上からも確認します。
瓦がズレていると簡単に雨水が浸入してしまいますので慎重に状態を確認していきます。

漆喰も、雨風の影響を受け経年劣化していきます。
漆喰の剥がれが原因で、隙間から雨水が入り込み雨漏りへと繋がっていきます。
漆喰の定期的なメンテナンスも大事なのですね。
 

雨漏り点検 防水紙確認 防水紙 めくれ
 

実際に瓦をどかして下地の状態を確認してみますと、防水紙のめくれが確認できました。
瓦や漆喰だけではなく、その下にある防水紙も同時に経年劣化をしていきます。
瓦と瓦の間に生じた隙間に雨水が入り込み、本来であれば防水紙によって食い止めてくれる雨水も、防水紙の破れやめくれなどが原因で簡単に雨漏りに直結してしまいます。
 

天井裏 雨染み 雨漏り カビ
 

屋根裏にも入り雨漏りの進行具合を確認いたします。
しっかり雨染みがあるのを確認できました。木部も水分を吸い込みカビが発生しておりました。
今回は、既存の瓦を取り外し、防水紙を新たに設置をしてから再度瓦を戻す「部分葺き直し工事」をご提案させていただきます。
 

このように、雨漏りを発見した時は早めに点検依頼をするようにしましょう。
雨が止んだらしばらくは大丈夫だろうという解釈は間違いです。
気づいたときに専門業者に屋根の状態を見てもらい、必要な補修工事をすることが結果的に費用も安く済むわけです。
部分修理で済むにもかかわらず屋根全体の修理を勧める悪徳な業者も実際に存在しますので注意しましょう。
天井や壁に雨染みがあり気になっている場合など、どうぞお気軽に街の屋根やさんまでお問い合わせくださいませ。屋根の上にのぼり、屋根裏に入り、隅々までご点検をさせていただきます。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

西東京市中町で強風で飛ばされた駐輪場の屋根をポリカーボネートに張替え工事

【施工内容】

江戸川区東小岩で強風被害によりベランダ屋根が損壊、ポリカーボネート製波板の交換工事を施工

【施工内容】

江戸川区鹿骨で令和元年東日本台風のご被害で波板屋根が損壊、火災保険で修繕致しました

【施工内容】

その他の施工事例一覧→

江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

葛飾区東四つ木で下屋根下の雨漏りのご相談から下屋根のカバー工事を施工致しました

【施工内容】

屋根カバー工法

葛飾区東新小岩で雨漏りの発生に伴い笠木の交換工事を行いました

【施工内容】

雨漏り修理

江戸川区西瑞江で軒天落下防止対策で破風板板金カバー工事を施工、併せて塗装仕上げを行いました

【施工内容】

その他の工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る