無題ドキュメント

HOME > ブログ > 足立区の化粧スレート棟板金浮き調査内部貫板の浮きが原因

足立区の化粧スレート棟板金浮き調査内部貫板の浮きが原因

更新日:2016年1月25日

本日は、足立区に化粧スレート棟板金の調査にお伺いいたしました。屋根と棟板金の隙間が出ている事にお客様 が気づき調査のお問い合わせをいただきました。それでは調査に入ります。屋根と棟板金の間に大きく隙間が確認出来ます。原因として棟板金を固定する為に棟 板金内部に貫板が有ります。貫板は屋根に固定されています。経年劣化によって固定の釘が浮いてしまい隙間が出来てしまっています。この状態ですと強風が棟 板金に吹込み煽られ棟板金が飛散し雨漏りや二次被害の危険性が有りますので早期交換工事が必要です。

fe497ee8 4d2ee710 b7d6c620 5de1b292

お客様に状況をご報告いたしました。棟板金の浮きを直すには交換が必要になります。浮いているなら上から固定すればとお客様から意見が御座い ましたが上から固定する事は雨漏りの誘発に繋がりますの上からの固定は出来ない旨をお伝えしご理解いただきました。最近屋根の塗装をされたとの事ですが屋 根材同士の隙間が塗料によって埋められてしまっていました。化粧スレートは屋根材の隙間から雨水の排水をしますが塗料で埋められてしまった場合排水が出来 ず内部に逆流する毛細管現象を起こし雨漏りの原因に繋がりますんで、隙間を作る縁切り作業と意図的に隙間を設けるタスペーサーの設置工事が必要です。早期 お見積りを作成しお客様とお話しを進めていきたいと思います。

2aaf6f60 7c3d2d66

屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-989-936お問い合わせ下さい。調査・お見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けるこ…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

八王子市犬目町で浮いてしまった棟板金を該当箇所のみ交換工事を行いました

【施工内容】

屋根補修工事、棟板金交換

荒川区東尾久で強風で飛ばされた棟板金の交換に合わせてパラペット笠木の交換も行いました

【施工内容】

棟板金交換、ガルバリウム鋼板

世田谷区弦巻で台風被害に遭った棟板金を火災保険で交換工事しました

【施工内容】

屋根補修工事、棟板金交換、ガルバリウム鋼板

その他の施工事例一覧→

足立区と近隣地区の施工事例のご紹介

葛飾区新小岩にてスーパーガルテクトを使用した屋根カバー工事を実施、色はSシェイドブラックになります

【施工内容】

屋根カバー工法

足立区谷中で庇屋根の立ちハゼ葺きの部分葺き替え工事を行いました

【施工内容】

金属屋根工事

葛飾区東四つ木で下屋根下の雨漏りのご相談から下屋根のカバー工事を施工致しました

【施工内容】

屋根カバー工法

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る