無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 川崎市麻生区で大型工場の屋根のベンチレーター(換気装置)を撤.....

川崎市麻生区で大型工場の屋根のベンチレーター(換気装置)を撤去し、雨漏り解消!

【施工前】
換気装置撤去前

【施工後】
換気装置撤去、換気口カバー工法後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


金属を加工し、様々なものを造っているという川崎市麻生区の株式会社S様。このところ、工場のベンチレーター(換気装置)の老朽化からか、雨漏りが酷くなってきたそうです。その雨漏りしている建物は現在、完成品の保管場所として使っているのですが、雨漏り対策として商品に必ずブルーシートを掛けなければならず、従業員からも「いちいち手間がかかる」と不満が出ているそうです。その従業員たちの不満、屋根工事で解決できるなら私達の出番です。
金属を加工し、様々なものを造っているという川崎市麻生区の株式会社S様。このところ、工場のベンチレーター(換気装置)の老朽化からか、雨漏りが酷くなってきたそうです。その雨漏りしている建物は現在、完成品の保管場所として使っているのですが、雨漏り対策として商品に必ずブルーシートを掛けなければならず、従業員からも「いちいち手間がかかる」と不満が出ているそうです。その従業員たちの不満、屋根工事で解決できるなら私達の出番です。


担当:富田


【工事内容】
その他の工事 換気口カバー工事
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板
施工期間
1日
お施主様
株式会社S様
【工事内容】
その他の工事 換気口カバー工事
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板
施工期間
1日
お施主様
株式会社S様

【点検の様子】

工場の屋根のベンチレーター

4つもベンチレーター(換気装置)を備えている工場の屋根です。それにしても今日はいい天気でこんな日に高い屋根の上に仕事をできるなんて、最高ですね。4つもベンチレーターがあるということはよほどの熱源がある工場なのでしょうか。

 

屋根の換気装置 明けてみると中が見える

大人の半身以上もある巨大な換気装置です。こちらはメンテナンスのため、簡単に分解ができるようなので、開けてみました。こちらはファンがない自然対流で熱気や湿気を放出するタイプのようです。下に停車されている車が見えます。こんなところから下の車を見るなんて、なかなか体験できません。熱源はない建物のようです。

 

錆の拡がるベンチレーター 雨漏りの原因となっている錆でできた穴

こちらはダメージが大きいベンチレーターです。笠の部分が錆で朽ち掛けており、原型を留めていません。その根本には錆で穴が開いており、ここからは雨水で入り放題です。確実に雨漏りの原因となっている部分です。

 

躯体を支える足の部分の腐食 換気装置は成人の身長の半分程度の大きさ

ベンチレーターの円筒部分を支えている足の部分が腐食しています。ボロボロになって穴が開いています。こちらの換気装置は先程のものよりも高さは低いものの、成人の身長の半分程度の大きさがあります。

 

【工事前の事前工事】

換気装置への配電盤 事故を防ぐため撤去

屋根の上にある換気装置への配電盤です。これでベンチレーターを開閉させて、熱気や湿気を排出しています。今回はこの配電盤で開閉させている3つのベンチレーターを全て撤去しますので、不要になります。撤去中の事故を防ぐためにも撤去します。

 

完全にスイッチが入らない状態 テスターで通電していないことも確認

電線を切り、スイッチも撤去しました。漏電を防ぐために完全に絶縁もしています。これで完全に動作しない状態になりました。テスターで通電していないことも確認しいます。

 

【ベンチレーター撤去工事】

クレーン参上 アームを伸ばして準備万端

大規模な工場で高さもあります。また、屋根の上から大きいなものも降ろすので、クレーンを持ってきました。本日は風もなく、安全に作業ができそうです。アームを伸ばして高さを合わせて、準備万端となりました。

 

換気装置撤去開始 固定しているビスをはずす

まずはカマボコ型の笠がついたベンチレーターを撤去します。筒の下の台が接合部分ですので、ここから外します。シールを切って、固定しているビスを外します。この台の部分には錆がほぼ廻っておらず、安心しました。

 

外れた換気装置、傾いている 屋根から室内が見える

外すことを前提に作っておらず、シールを行ってから設置後、全く動かすことがなかったので固着していました。ちょっと苦労しましたが、無事にはずすことができました。換気装置の中に棟の下地が見えるところが何とも不思議な感じがします。

 

室内からダイレクトに空が見える 撤去したベンチレーターをトラックへ

室内からダイレクトに空が見えるようになりました。工場だけに高い天井です。外したベンチレーターは不安定な屋根の上に置いておいても危険ですので、すぐに地上へ下ろし、トラックへと積み込みます。

 

【ベンチレーター取り外し後の換気口カバー工事】

ベンチレータ撤去でできた穴 木で防ぐ

ベンチレータを撤去した後は大きな穴が開いています。こちらは換気口カバー工事で塞ぎます。まずは内側の角に防水テープを貼り、防水性を高めます。そして、開口部の四辺に樹脂の板を張り巡らし、密封性も高めます。開口部の外側に防水テープを巻き、その上に合板を重ねて蓋をします。

 

防水紙で覆う ガルバリウム鋼板でできた蓋を被せる

合板を防水紙で覆います。その上からガルバリウム鋼板でできた蓋を被せて固定します。これが換気口カバー工事です。これで雨水が浸入してきて、雨漏りすることはありません。

 

違う種類ベンチレーター 上の部分を撤去

違う種類のベンチレーターです。こちらは上の部分が取り外せますので、取り外した後に換気口カバー工事をします。

 

木材と防水紙で蓋 ガルバリウムでカバー

こちらも合板を被せて、その上から防水紙を敷いて、ガルバリウム鋼板でできた蓋を被せて固定します。シールが打たれているところは打ち増しをして、浸水のリスクをできるだけ低下させます。

 

【ベンチレーター取り外し後の換気口カバー工事、竣工】

カバー工法完了

換気口カバー工法が完了しました。これで雨漏りすることもないでしょう。従業員の方々の「商品にいちいちブルーシートをかけて雨から保護する」という手間もなくなりました。快適になった工場内で快適にお仕事ができると思います。

 

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

足立区南花畑で令和元年東日本台風のご被害により波板屋根が損壊、火災保険を使用しての修繕工事となります

【施工内容】

その他の工事

調布市下石原にて火災保険を利用して割れたセメント瓦の差し替えと屋根塗装メンテナンスを実施

【施工内容】

屋根塗装、その他の工事

調布市飛田給で、雹災害に遭ったバルコニーの波板を火災保険で交換工事しました

【施工内容】

その他の工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

台風12号接近中!台風への備えはできていますか?

台風12号接近中!台風への備えはできていますか?

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る