無題ドキュメント

HOME > 文京区の雹災害、火災保険で修理します|街の屋根やさん東京

文京区の雹災害、火災保険で修理します

東京の雹災害、火災保険で修理します

 
2017年7月18日、不安定な大気の状態が続いていた東京23区内から首都圏周辺では凄まじい雷雨と雹が降るという悪天候になりました。雲が濃くなってきて、急に冷たい風が吹いたと思ったら、すぐに雷雨になり、そして雹が降ってくるという急変ぶりで、この天候がもたらした被害は大変なものになっています。被害の直接の原因となったのは大粒の雹で、その大きさは約5cm。ゴルフボール大の大きさで、各地の建物に大きな被害を発生させました。文京区も例外ではなく、降雹の影響でさまざまな建物や家屋への被害が出ています。現在、街の屋根やさんでは文京区にお住まいの方々から建物の雹被害について数多くのご相談やお問い合わせをいただいております。

 

「大きな音がしだしたと思ったら、道路も庭も大きな雹で覆い尽くされていた。家はちょっと痕が付いた程度だけど、今後の影響がでないか不安」
「白い雹だらけの庭に出てみると雨樋がもげていた。梅雨明け前(7月18日当時)だというのに困る」
「やけにベランダに雨が吹き込んでくると思ったら、ベランダの屋根が穴だらけになっていた。雹でやられたらしい」
「雹が降っている間、金属製の雨戸や戸袋に当たり、凄い音が響いていた。大丈夫なのだろうか」
「雹が降り始めたと思ったら、あっという間に網戸が裂けて、その後は窓ガラスに直接、雹が当たるようになり、割れそうですごく恐かった」
「屋根や外壁だけじゃなく、塀や門にも染みや点ができてしまった」
「こんな大きい雹を見たのは生まれて初めて。ベランダ屋根に穴が開いて、空が見えるようになっていた」
「どうにかカーポートと車を守ろうとダンボールなどを用意したが、間に合わなかった」
「急に寒くなってきて何事だろうと思っていたら、雹が降ってきた。壁に傷がついた他、鉢植えも全滅」
 

以上が文京区のお客様から受けたご相談やお問い合わせの一例です。文京区全域でさまざまな雹災害が起こっていることが伺えます。実際に調査に訪れた建物は全て何らかの被災をしていました。外壁に雹の痕がついてしまった、雹がぶつかったせいで雨樋が外れてしまった、ベランダの屋根を穴だらけにされてしまったなど大きな被害が出ています。また、雹が雨戸や戸袋、窓ガラスに当たる度に大きな音や衝撃がして不安で仕方なかったという方も大勢いました。お家だけじゃなく、塀や門に雹の痕がついてしまったという方もおられました。
 
さまざまな雹
雹の威力は凄まじいもので、今回降った5cm程度の大きさのものでは時速100 km以上で落下してくると言われています。打ち所が悪ければ人命に関わりますし、お家や建物に当たれば甚大な被害となります。報道によりますと7月18日の雹で怪我をした方が何名もおり、山の手線内のいくつかの駅が被害に遭い、電車の遅延も発生しました。
 
街の屋根やさんではこういった自然災害の有無に関わらず、いつでも無料で建物の点検を承っております。屋根、外壁、雨樋、戸袋、シャッター、網戸、カーポート、ベランダやバルコニーの屋根など、お家全てを隈なく点検いたします。文京区にお住まいで「雹の被害を受けた」という方、「被害を受けているかどうか心配」という方、ぜひ無料点検をご利用ください。

 

7月18日 文京区で降った雹の様子

 

文京区で建物に雹災害を受けてしまった方へ
火災保険で雹被害は直せます!

皆様のお住まいは火災保険にご加入でしょうか。自然災害によって受けたお家の被害は火災保険で直せるのです。雹による被災も、もちろん、その対象です。雹被害の補修費用は火災保険によって賄えます。火災保険が自然災害による被災にも使えることは意外と知られていません。こういったことを知っていれば、今回のような時もさほど悩まずに済みますよね。
文京区で突然の降雹による被害にあってしまった方、まずは街の屋根やさんにご連絡ください。街の屋根やさんでは火災保険への申請のお手続きもお手伝いしております。

火災保険を申請はお家の全ての箇所、屋根・外壁・雨樋・棟板金・雨戸・戸袋・シャッター・シャッターボックス・カーポート・フェンス・網戸・波板などをしっかりと調査してからでないといけません。なぜなら被害箇所に漏れが出てしまう危険性があるからです。保険会社は被害箇所をわざわざ探して、見つけ出してくれるようなことはしません。気付かないまま申請してしまうと、後から不具合が出るなど困ったことが起こります。雹災害の点検と調査は災害調査のプロである街の屋根やさんにお任せください。無料点検、無料見積りの他、保険会社(鑑定会社)との立会いもはもちろん全て代行します。

文京区などの雹災害の様子

地域差もあると思うのですが、雹災害に遭うことは決して珍しいことではありません。文京区のお客様からお話を聞いたところ、「あられ程度の雹は見たことあるけど、数cmのものは見たことなかった」という方がほとんどでした。数多くの雹災害を見てきた。私達、街の屋根やさんも雹という気象現象をほとんど体験したことがありません。しかし、この雹、日本全体で見ますとマイナーな気象現象ではないことが分かります。2017年7月18日に雹が降ったのは文京区やその周辺でしたが、場所と日付を変えれば珍しい気象ではないのです。今回の文京区ように雹はかなり狭い地域で降ることが多く、降り続く時間も短いため、体験や目撃することも多くないのです。狭い地域で降ろうが、降る時間が短かかろうが、数cmの大きさの雹になれば、お家や建物などに大きな被害をもたらします。気象による災害は避けることができません。備えあれば憂い無しということで、火災保険へは加入しておくべきでしょう。
 

切れてしまった網戸
雹に降られた影響で切れてしまった網戸。雹に降られた場合の網戸の破れ方は縦に裂けたり、縦横さまざまな方向に裂けたりといろいろあるが、こちらは水平に切れ目が入ってしまった。これでは虫の浸入を簡単に許してしまうだろう。画像からは確認できないが、網戸の枠にも傷がついてしまっている。

ベランダの笠木に残った凹み
バルコニーの笠木(手摺りの上端に被せる部分)にも雹による凹みができていた。笠木が変形してしまうと、継ぎ目の部分の隙間が大きくなる可能性もある。その部分から雨水などがその下へ浸入してしまえば、腐食は免れない。表面の変形よりも気をつけなくてはいけない部分である。

ベランダの笠木に残った凹み2
同じ部分の笠木でも、雹により当たりやすい先端(外部にある方)の方が凹みは多かった。心なしか継ぎ目の部分が広がっているようにも見える。雨水などがこの継ぎ目の部分からその下へ浸入していかないか、かなり心配だ。念のため、シーリングをやり直しておいた方がよいだろう。

切れてしまった網戸2
降雹によって網戸が破れていく様子を詳しく観察したことはないのだが、どうやら短時間で破れてしまうようだ。こちらの網戸は数箇所に穴が開いてしまっている。夏ということもあり、部屋の換気に欠かせない部分。他の部分と較べるとちょっとした損傷かもしれないが、生活に大きな支障が出る部分でもある。

ちらばったスレート
老朽化していたスレート(カラーベスト・コロニアル)屋根が雹によって大ダメージを受けていた。雹が落下してきた衝撃で、至るところが割れてしまったというか、砕かれてしまっている。雨漏りに繋がる壊れ方をしているので、早急に対処しないといけないレベル。アスベストが入っている可能性もある。

倒壊したアンテナ
スレート(カラーベスト・コロニアル)が割られ、砕かれてしまっただけでなく、アンテナも倒壊してしまった。電波の状況にもよりますが、しっかりと受信できず、テレビの映りも悪くなってしまっていると思われる。ここまでダメージを受けていると屋根葺き替えか屋根カバー工法が必要な状態。

外壁についた雹痕
窯業系サイディングの表面についてしまったグレーの雹痕。何かが跳ねてついてしまった染みのようにも、汚れのようにも見える。この画像ではそれほど深刻な被害のようには見えないが、実は結構な重症である。雹が降って、外壁がこのような状態になったら、放置しない方がいい。

外壁についた雹痕のアップ
窯業系サイディングの外壁の雹の痕は単なる汚れや染みではないということが分かる画像。塗膜が削られ、剥がされて、ささくれだっているところがあることを画像からはっきりと確認できる。下地が露出している部分もあるので、外壁塗装などで早く保護した方が賢明だろう。

ポリカ屋根の被害
ベランダの屋根の樹脂製の波板が雹に砕かれ、ほぼなくなってしまった状態。ベランダの床には波板の破片と雹によって壊されてしまったいくつかの洗濯ばさみが散乱していた。波板を固定しているアルミのフレーム、物干し竿にも雹によってつけられた傷があった。

ポリカ屋根の被害2
ベランダの中央部の屋根は部分的に残っていたが、穴だらけ。ちょっとした雨の日でも洗濯物が干せると重宝していたそうだが、これでは無理だろう。ベランダの屋根がないと日光が直接あたるから暑いし、日焼けも気になる。女性にとっての大敵の紫外線をたくさん浴びることになってしまう。

文京区の雹災害の新着ブログ一覧

文京区本駒込で雹災害による波板の点検調査、火災保険の適用期限は3年以内です

 文京区本駒込のお客様で波板の老朽化に伴い交換をしたいとのご相談を受け現地調査に...続きを読む

その他の現場ブログ一覧→

雹によってお家がダメージを受けた可能性がある方は
お気軽に電話やメールでご相談ください


※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。
※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

お問い合わせフォーム

お名前
必須
例:街の屋根 一郎

苗字

名前

ふりがな
必須
例:まちのやね いちろう

苗字

名前

ご住所
必須
 

郵便番号(7桁)※郵便番号を入力すると自動で住所が表示されます
-
番地・ビル・マンション名

E-mail
(半角英数)
必須
電話番号
(半角英数)
必須
例:03-XXXX-XXXX
ご希望の
連絡時間帯
【任意】
例:午前中、18時以降
ご希望の工事
(一つ以上項目を選択して下さい。)
【任意】
複数選択可


お問い合わせ
内容
必須
複数選択可

お問い合わせ
詳細
【任意】

入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して
入力内容確認画面へお進みください。

 

 

個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

関連するお客様の声一覧

防水工事をご検討中の葛飾区鎌倉T様のアンケート

【施工内容】

防水工事

【一言メッセージ】

ていねいに対応して頂けましたので、安心しました。

台東区橋場の3階建てU様邸にて雨漏り発生、現地調査に伺いました

【施工内容】

雨漏り修理

【一言メッセージ】

信頼できると感じました。

松戸市小金清志町のY様邸は、屋根が破損し雨漏りが発生してしまいました

【施工内容】

屋根補修工事

【一言メッセージ】

良心的で良かった。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

イオン銀行住宅ローン

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る