無題ドキュメント

HOME > ブログ > 東大和市仲原で雹の被害に遭われたバルコニーの波板を調査いたし.....

東大和市仲原で雹の被害に遭われたバルコニーの波板を調査いたしました

更新日:2021年3月18日

2018年の5月に降った雹の被害

風で穴が開いた波板

 数年前の雹の被害に遭ったバルコニーの屋根を修理したいので見積りをお願いしたいとお問合せをいただき、東大和市のお客様のお住まいに調査に伺ってきました。早速バルコニーを見ると、複数の小さな穴と、大きな穴が空いてしまっている状態でした。これでは突然の雨に見舞われた際に、洗濯物を守ることができません。穴が開いてもしばらくは我慢して利用されていたようですが、ここ最近になって劣化が進んでバタバタと音を立てるようになってきてご近所にも迷惑がかかってしまうことを懸念し、今回のお問合せに至ったとのことでした。

雹災害は火災保険の対象となる場合が多くなっています

風で穴が大きく開いた波板 フック固定式

 必ずというわけではございませんが、雹災害は火災保険の対象となることが多くなっています。火災保険と聞くと火災による被害に対する保険と思われがちですが、火災で使われる方は本当に一握りです。火災保険は風災や雪害などの自然災害による被害復旧にも対応しているケースが多く、今回の雹災もその一つです。被害を受けた日から3年以内の申請であれば申請可能としている保険会社が多いため、昔の被害だからとあきらめずに、まずはご加入の保険会社へお問合せしてみることをおススメいたします。

点検・見積りは無料で対応しております

雹の被害を受けた波板 雹で穴が開いた波板

 このように割れてしまった波板は部分補修をしてもすぐに別の場所が割れてしまう可能性が高いため、基本的には全面張替の工事をおすすめさせていただきます。既存の波板は塩化ビニール製のものが使われていましたが、最近ではより耐久年数の長いポリカーボネート製のものを使って交換工事をすることが多くなっています。弊社では現地にお伺いしての点検・見積りまでは無料で対応させていただいておりますので、お住まいで気になることがあればお気軽にお問合せくださいませ。

 街の屋根やさんでは、感染拡大の続く新型コロナウィルスへの感染対策としてマスクの着用や手指の消毒などを徹底的に実施しております。お問い合わせの際はご安心いただければ幸いです。

このページに関連するコンテンツをご紹介

東京の雹災害、火災保険で修理します

東京の雹災害、火災保険で修理します

雹によって屋根や外壁が壊れてしまった! 傷がついてしまった!! 凹んでしまった!!! 大事なお家の一大事、火災保険で直せます2017年7月25日更新2017年7月18日、東京23区内から首都圏周辺にかけて雹が降りました。降雹があった地域のお家は被害がないように見えても、ダメージを受けている可能性があ…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

江戸川区東小岩で強風被害によりベランダ屋根が損壊、ポリカーボネート製波板の交換工事を施工

【施工内容】

江戸川区鹿骨で令和元年東日本台風のご被害で波板屋根が損壊、火災保険で修繕致しました

【施工内容】

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る